【2021年最新版】光回線とポケットWi-Fiの違いとは?どっちがオススメ?特徴、メリット・デメリットを徹底比較!

7 min
【2021年最新版】光回線とポケットWi-Fiの違いとは?どっちがオススメ?特徴、メリット・デメリットを徹底比較!

光回線とポケットWi-Fiは、Wi-Fiが使えるようになるという点では同じですが、固定回線なのか、モバイル回線なのかという点に大きな違いがあります。

光回線とポケットWi-Fiの大きな違いをあげるとすれば、下記の3つです。

光回線とポケットWi-Fiの大きな違い
  1. 持ち運び可能かどうか
  2. 利用にあたり工事が必要かどうか
  3. データ通信に上限や制限があるかどうか

結論からいうと、利用開始までの手間や月額料金ではポケットWi-Fiの方がメリットが多いですが、ネット利用の快適さでいうと圧倒的に光回線がおすすめです!

どちらも一度契約してしまうと解約にあたっては違約金が発生することがあるので、後悔しないためにも光回線とポケットWi-Fiの契約前に内容・特徴を知っておきましょう。

光回線とポケットWi-Fiの特徴

光回線とポケットWi-Fiの特徴

まず大まかな光回線とポケットWi-Fiの特徴について、表にして紹介します。

項目光回線ポケットWi-Fi
月額料金4,500円〜6,000円3,500円〜6,000円
最大通信速度1Gbps〜2Gbps150Mbps〜700Mbps
通信の安定性
データ容量無制限プランによって上限あり
持ち運び×
利用開始までの時間1〜2ヶ月最短即日
工事必要不要

上記の違いをもとに、光回線とポケットWi-Fiのそれぞれの特徴についてもう少し詳しく解説します。

光回線の特徴

光回線の特徴を簡単にまとめると、下記の3つです。

光回線の特徴
  • 通信速度が速い
  • データ容量が無制限で利用できる
  • 工事が必要で開通までに時間がかかる

光回線はポケットWi-Fiに比べて通信速度が速く、オンラインゲームや高画質での動画視聴、ライブ配信などをする場合などに適しています。

1ヶ月間に利用できるデータ容量にも一般的には制限がなく、高速な通信を安定して利用できるため、日常的にネットを利用する方におすすめです。

ただし、自宅に光ファイバーを引く工事が必要となるため、申し込みから開通まで1〜2ヶ月の時間を要する場合があるため、光回線の利用を考えている場合は基本的に早めの申し込みをおすすめします。

ポケットWi-Fiの特徴

続いてポケットWi-Fiの特徴についてです。

ポケットWi-Fiの特徴は大きく分けて下記の3つです。

ポケットWi-Fiの特徴
  • 持ち運び可能で外出先でも使える
  • データ容量に上限や制限がある
  • 工事不要ですぐに使うことができる

ポケットWi-Fiの最大の特徴は持ち運びができる点です。

スマホ大の大きさでスイッチを入れればWi-Fiを使ったインターネット利用ができるため、カフェで仕事をする場合や、アウトドアなどの外出先でWi-Fiを使いたいときに便利です。

また、光回線のように回線工事が不要で、契約後にWi-Fi機器が手元に届けばスイッチを入れることですぐに使えるようになります。

ただし、ポケットWi-Fiの通信速度は光回線ほど速くはなく、月々のデータ容量にも制限があります。

無制限プランの場合でも「3日間で10GB以上の利用で速度制限」などのルールがある場合が多く、オンラインゲームやネット通信を長期間おこなう場合には向いていません。

光回線とポケットWi-Fiの料金の違い

光回線とポケットWifiの料金のち外

光回線とポケットWi-Fiの月額料金は提供会社やプランによって違います。

光回線の一般的なプランである1Gbps~2Gbpsのプランと、ポケットWi-Fiの無制限プランの月額料金の相場を比較すると、下記のようになります。

回線月額料金の相場
光回線(戸建てプラン)4,500円〜6,000円
光回線(マンションプラン)3,500~5,000円
ポケットWi-Fi3,500~6,000円

月額料金は契約するプランによって異なりますが、基本的にポケットWi-Fiの方が低めに設定されています。

月額料金はポケットWi-Fiの方が安い

前述のとおり月額料金でいうと、概ねポケットWi-Fiの方が1,000円ほど安いです。

ただし、それぞれ利用用途によって利便性が異なるため「料金が安い」という理由だけで選ばない方がいいといえるでしょう。

たとえば、自宅で快適にネットを利用したい場合「ちょっと高くても光回線にしておけばよかった!」となることもあります。

特徴でも紹介したとおり、光回線は最大1Gbpsという高速通信かつ無制限に利用できるため、インターネットを頻繁に利用する方であれば1,000円程度高くても光回線をおすすめします。

また、ポケットWi-Fiでも50GB〜100GBといった大容量プランでは約5,000〜6,000円と光回線と変わらないほどの月額料金となる場合もあります。

ポケットWi-Fiは工事費用がない

ポケットWi-Fiは無線による通信のため、工事の必要がなく契約後にすぐに利用できます

一方で光回線は回線を自宅(もしくはマンションやアパート)に引き込む工事が必要になるため、月額料金や事務手数料とは別に工事費用が発生します。

そのため、基本的には初期費用は光回線の方が高めと考えておいた方がいいでしょう。

ただし、「工事費用無料キャンペーン」や「40,000円キャッシュバック」などの豪華キャンペーンを開催し、申し込みのハードルを下げてくれている光回線も多くあります。

料金で悩んでいる場合は、一度光回線の特典やキャンペーンについても調べてみるといいでしょう。

光回線とポケットWi-Fiの通信速度の違い

光回線とポケットWi-Fiの通信速度の違い

続いては光回線とポケットWi-Fiの通信速度の違いについてです。

結論からいうと、通信速度については圧倒的に光回線の方が速いといえます。

光回線の方が速度が速い

光回線とポケットWi-Fiを提供している各社は一般的に公式サイトで「最大通信速度」を記載しています。

最大通信速度をみても、ポケットWi-Fiは150〜700Mbpsほどが一般的ですが、光回線はほとんどの提供会社で1Gbps(1,000Mbps)とされています。

有名な光回線とポケットWiFiの最大通信速度を一例として紹介すると下記のとおりです。

最大通信速度
ドコモ光1Gbps
NURO光2Gbps
So-net光1Gbps
UQ WiMAX(L01)708Mbps
Mugen WiFi150Mbps
Y!mobile75Mbps

インターネットを快適に利用できる通信速度は一般的に20Mbpsといわれているため、ポケットWi-Fiでも問題ないケースが多いですが、あくまでも「最大通信速度」は理想的な環境を想定した場合の通信速度です。

そのため、実際の通信速度は上記の表以下になると考えた方がいいでしょう。

それを加味すると、やはり安定して高速な通信ができるのは光回線といえます!

ちなみに、Youtube視聴の際に推奨される通信速度は下記のとおりです。

動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20 Mbps
HD 1080p5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p1.1 Mbps
SD 360p0.7 Mbps

また、ポケットWi-Fiには速度制限やデータ容量の上限などがあることが多く、速度制限がかかった場合には通信速度が最大1Mbps〜300Kbpsとなります。

速度制限がかかるとYoutubeの標準画質(SD 360p)でも途切れ途切れになることがあるため注意しましょう。

光回線は速度制限がない!

一方で、光回線はポケットWi-Fiのような速度制限がありません

無制限かつ安定した通信速度でインターネットを使用できるため、オンラインゲームや動画配信などをする方におすすめです。

「みんなのネット回線速度」に寄せられている実測値をもとに、ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光、NURO光などの有名光回線の平均通信速度を紹介すると、下記のとおりです。

※2021年2月時点の平均通信速度(直近3ヶ月)

光回線会社
※()内はプロバイダ
下り(受信、ダウンロード)上り(送信、アップロード)
ドコモ光
(GMOとくとくBB)
274.75Mbps202.38Mbps
auひかり
(So-net)
385.19Mbps336.55Mbps
ソフトバンク光
(Yahoo!BB)
269.82Mbps173.2Mbps
NURO光
(So-net)
474.45Mbps412.29Mbps

上記のような通信速度で制限なくインターネットを利用できるため、とても快適なネットライフを楽しむことができます。

光回線はデータ容量の上限がない!

ポケットWi-Fiでは20GBプランや30GBプランなど、月々に利用できるデータ容量が決まっているプランがあります。

データ容量の上限に達すると速度制限がかかります。

ポケットWi-Fiにも無制限プランがありますが、解説したとおり「3日間に〇〇GB以上の利用で速度制限」などのルールがあることがあるため、実質的に無制限とは言えない部分があります。

速度制限がかかると、提供会社にもよりますが一般的に通信速度は1Mbpsほどになります。

1Mbpsでもネットの利用はできますが、高画質での動画視聴やオンラインゲームは快適にできなくなりストレスを感じるでしょう。

そのため、上限を気にせずに利用したいのであれば光回線がおすすめです!

こんな人には光回線がおすすめ!

続いてポケットWi-Fiより光回線を契約した方がいい人についての一例を紹介します。

光回線がおすすめな人は下記のような人です。

光回線はこんな人におすすめ!
  • 自宅で高速のネット通信をしたい人
  • データ使用量無制限でWi-Fiを利用したい人
  • 家族でWi-Fiを利用したい人

①.自宅で高速のネット通信をしたい人

外出先で利用する予定がなく、自宅で高速通信をしたい人は光回線がおすすめです。

ポケットWi-Fiと光回線の大きな違いは「持ち運びができるかどうか」です。

そのため、「持ち運ぶ必要がない」、「外出先では別のWi-Fiを使っている」、「外ではスマホの回線を使っている」というのであれば、自宅は光回線の快適なネット通信を利用することをおすすめします。

②.データ使用量無制限でWi-Fiを利用したい人

解説したとおり、光回線にはデータ容量の上限がなく、無制限に利用することができます。

ポケットWi-Fiは、現時点では数日間の通信容量によって速度制限がかかるのが一般的になっており、それがストレスとなっている人も多くいます。

技術が進歩すると、今後このような制限がなくなることも考えられますが、現時点では光回線の方が安定した快適な通信が可能です。

③.家族みんなでWi-Fiを使いたい人

光回線は自宅に回線を引き込むため、自分だけではなく家族みんなで共有して利用できます

ポケットWi-Fiも家族で共有して利用することが可能ですが、ポケットWi-Fi機器自体が通信スポットとなっているため、誰かがWi-Fi機器持って出かけると、他の人は使えなくなります。

光回線は自宅にいる家族全員が利用できる他、自分のスマホやパソコン、タブレットなど複数のデバイスでも快適なWi-Fiが利用できます。

通信速度も早いため、家族全員で利用したとしてもネットの通信速度が遅くなることもほとんどありません。

こんな人にはポケットWi-Fiがおすすめ!

一方で、下記のような方にはポケットWi-Fiがおすすめです。

こんな人にはポケットWi-Fiがおすすめ!
  • 契約後すぐにネットを使いたい人
  • 外出先でもWi-Fiが使いたい人
  • 引越し予定がある人
  • データ容量の大きい通信を必要としない人

ポケットWi-Fiは工事不要で契約後機器が手元に届けばすぐに使えるため「すぐにWi-Fiを使いたい」という人におすすめです。

また、繰り返しになりますが持ち運べるのはポケットWi-Fiの最大の魅力ですね。

データ容量の上限や速度制限がかってもメールやLINEなどの軽い通信であれば問題なくできることが多いため、「オンラインゲームなどはしない」、「長時間の動画視聴などはあまりしない」といった方にもおすすめです。

おすすめ光回線5選と選び方

最後におすすめの光回線5社と、光回線の選び方に関して紹介します。

結論からいうと、おすすめはauひかり、ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光プラス、NURO光です!

それぞれの基本料金は下記のとおりです。

光回線戸建てプランマンションプラン
ドコモ光5,200円4,000円
auひかり1年目:5,100円
2年目:5,500円
3年目以降:5,400円
4,030円〜
ソフトバンク光5,200円3,800円
So-net光プラス1年目:3,480円
2年目以降:5,580円
1年目:2,480円
2年目以降:4,480円
NURO光4,743円1,900円〜

「戸建てプラン」は、回線を直接引き込んで独占できるため、回線を共有して利用するマンションプランよりも高めの月額料金が設定されています。

それでもポケットWi-Fiと比べて1,000円ほどしか高くないため、快適なインターネット環境を求めるのであれば戸建てプランがおすすめです。

※お住まいによっては戸建てプランに申し込ない場合があります

自分に合った光回線の選び方

月額料金について紹介しましたが、「安いものを選べばいいのか?」というと、そういうわけではありません。

光回線の通信速度はどこの提供会社でも十分の通信速度が出るため、基本的には問題なく利用できます。

また、光回線は基本的に無制限で利用できるため、データ上限なども提供会社による差はありません。

そのため、光回線を選ぶときは「対応エリア」「スマホ割り適用時の月額料金」を基準にして選ぶといいでしょう。

とくに自分が持っているスマホに合わせた光回線を利用するとセット割によってお得に契約できます。

スマホキャリアごとのおすすめ光回線をわかりやすく表にすると下記のとおりです。

利用中のスマホキャリアおすすめ光回線
ドコモドコモ光
auauひかり
※auひかりエリア外で関西在住:eo光
※auひかりエリア外で東海在住:コミュファ光
※auひかりエリア外で全国対応:So-net光プラス
ソフトバンクNURO光
※NURO光対応エリア外:ソフトバンク光
その他格安SIMなどNURO光
So-net光プラス
※対応エリアによって選ぶ

ドコモ、au、ソフトバンクは各社光回線とセットで利用するとスマホ料金が500円〜1,000円×利用台数分割引になるスマホセット割りを提供しています。

各キャリアのスマホセット割りを提供している光回線は上記のとおりです。

なお、格安SIMのほとんどは光回線とのセット割りがないため、基本的に月額料金が安くキャンペーンや特典がお得な『NURO光』、『So-net』がおすすめです!

まとめ

光回線とポケットWi-Fiの違いを再度紹介すると下記のとおりです。

項目光回線ポケットWi-Fi
月額料金4,500円〜6,000円3,500円〜6,000円
最大通信速度1Gbps〜2Gbps150Mbps〜700Mbps
通信の安定性
データ容量無制限プランによって上限あり
持ち運び×
利用開始までの時間1~2ヶ月最短即日
工事必要不要

できるだけ月額料金が安いWi-Fiを選びたいと思う方も多いですが、ネットの利用頻度が多いのであればおすすめは断然光回線です!

最近では街中のカフェでも無料Wi-Fiなどが利用できるため、外出時は公共の無料Wi-Fiを利用し、家では高速の光回線という選択肢もあります。

今回紹介した内容をもとに、自分にあったWi-Fiを選択してください!

関連記事