アフィリエイトの収入はどのくらい?稼ぐには何が大切なの?

4 min
副業

いくら稼げるの?アフィリエイトの収入実態調査!


アフィリエイトでは結局どのくらい稼げるのでしょうか。
その内容を詳しく見ていきましょう。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、自分のブログなどインターネット上でその商品について広告を貼り、そこから広告収入を得る仕組みのことです。
そのブログに貼られた広告から収入が発生するまでの条件は様々ですが、大まかには以下の2つに分けられます。

  • 成果報酬型
  • クリック報酬型

成果報酬型とは、広告をクリックし、利用者が何らかの行動(資料の請求や新規入会など)を達成すると、報酬が発生する仕組みです。
これに対してクリック報酬型とは、広告をクリックするだけで報酬が発生します。
クリック報酬型の方が報酬をもらえるまでのハードルが低い分、報酬が低い傾向にあり、逆に成果報酬型の場合には報酬が高くなります。

平均収入

では気になる平均収入はどのくらいなのでしょうか。
まずこの表をご覧ください

出典:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2018年
この表からわかるのは月当たりの収入が1万円を下回る人が全体の46%を占めているということ。
この点から見ると、アフィリエイトが誰でも稼げるというものではないことがわかります。
ただし、月10万円を超えている人が全体の30%も占めていることも特徴です。
さらに月100万円を超えている人が全体の10%程度いることも特徴。
アフィリエイトで稼いでいる人とそうではない人にかなり差があることがわかります。

初心者の収入相場は?どのくらいで稼げるようになる?

「アフィリエイトで稼いでいる人がいるのはわかったけれど、アフィリエイト初心者はどのくらい稼いでいるの?」
ということも気になりますね。
アフィリエイトをはじめて1年目の人の年収は月1万円以上というのが多いようです。
ただし3〜4年程度続けていると半分近くの人が月10万円以上稼げるようになっているようです。
 

稼いでいる人が使っている媒体(メディア)は?


アフィリエイトと聞くと、ブログで広告収入を得る方法が一般的ですが、それだけではありません。
ここではアフィリエイトで使われるメディアについて詳しく紹介します。

サイト(ブログ)

アフィリエイトでもっとも一般的なのが、ブログやホームページを使ったアフィリエイトです。
そのホームページで文章や画像などの情報を提供するのが一般的なやり方です。
大まかに無料ブログを使うやり方と有料ブログを使うやり方があります。
稼ぐのであれば有料ブログを使うのがおすすめです。
有料ブログでは自分の独自ドメインを持つことができるため、SEO施作の効果が高く、Googleアドセンスなどのサービスも利用できます。
無料ブログは無料で解説できますが、様々なリスクがあります。
そのブログサービスの提供元がサービス終了する
また管理規約に引っかかりホームページが削除される
という可能性があります。
またSEO施作の効果が薄いため、無料ホームページで稼ぐのはハードルが高いと言えるでしょう。

SNS(インスタ・Twitter・Facebook)

SNSでアフィリエイトを行う方法もあります。
SNS上で直接商品を紹介する方法が以前は主流でしたが、炎上するリスクがあるのもネックです。
一度炎上してしまうと、なかなか浮上が難しくなるため、あまりおすすめできる方法ではありません。
SNSを活用する場合にはブログに誘導する方法が一般的です。
この場合には長い目で見て、メリットが多いです。
その情報に価値があると、見てくれた人が思ってくれれば、応援してもらいやすくなり、購入までしてもらうハードルも徐々に下がってきますよ。

YouTube

YouTubeを使って、アフィリエイトをする方法もありま。す
再生回数の10〜20分の1の収入が入ってくるのが一般的です。
1ヶ月で100万再生されて10万円とハードルは決して簡単ではありません。
参入するハードルは高いものの、「アフィリエイトがしたいけれど文章を書くのは苦手」
という人に特におすすめできる方法です。
 

メルマガ

メルマガを使ったアフィリエイトもあります。
これは何らかの方法で集めたメールアドレスに対して、アフィリエイト商品を紹介する方法です。
自分で何らかの情報商材を販売する場合にも使われます。
ただし、メールアドレスを登録してもらう方法が必要なため、初心者にはハードルが高いと言えます。

アフィリエイト広告の種類


アフィリエイトで貼ることができる広告にも種類があります。

物販アフィリエイト

物販アフィリエイトとは特定の商品を自分のブログなどのメディアで紹介する方法です。
アフィリエイトのもっとも基本的な形です。
紹介できる商品も幅広く、何より自分の好きを発揮しやすいのでやりやすいという人も多いのではないでしょうか。
ただし人に何かを購入してもらうというのはハードルが高いため、稼ぐためには文章の書き方にもコツがあるため、きちんと稼ぐには一工夫が必要です。

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは、今流行っているものや情報を記事にするアフィリエイトです。
うまくトレンドに乗ることができれば、一気に検索上位にサイトを載せることも不可能ではありません。
検索上位に載せることができれば、一気にアクセスを増やせるため、特にクリック報酬型のアフィリエイトと相性がよい方法です。
ただしその流行が終わるとアクセスが一気に落ちること、クリック型報酬の形が主になるため、収入を伸ばしにくいことがデメリットです。

PPCアフィリエイト

「できるだけ早く成果を出したい!」
「でもトレンドアフィリエイトはちょっと難しい」
という人におすすめなのがPPCアフィリエイトです。
PPCアフィリエイトとは広告料を払って自分のサイトを検索上位に乗せてもらう方法のことです。
この場合1クリックあたりでGoogleに広告料を支払うことになりますが、確実にアクセスを増やせることがメリット。
ただしそのホームページの中身がしっかりしていないと成果までたどり着くのが難しいため、初心者にはハードルがやや高いです。

情報商材アフィリエイト

情報商材アフィリエイトとは、その名前の通り情報商材を販売するアフィリエイトのことです。
1件あたりの報酬の単価が高く、一攫千金を狙えると流行になったこともあります。
ただし個人情報を公開する必要があるため、ややリスクがあります。

自己アフィリエイト

自己アフィリエイトとは自分広告主のサービスに登録して、アフィリエイト報酬を稼ぐ方法です。
ただし自分でやる必要があるため、効率もよいわけではありませんし一つのサービスにつき一度しかできないため、稼げる金額もそれほど多くありません。

収入アップ!アフィリエイトで稼ぐコツ


アフィリエイトで稼ぐための方法は様々ありますが、そのために一番大切なことは継続していくことです。
アフィリエイトで月に1万円も稼げていない人が全体の46%を占めていますが、その要因のほとんどが継続してホームページや情報を更新し続けられていないから。
更新しても最初はなかなか結果がついてこないため、そこで挫折してしまう人が少なくありません。
アフィリエイトには様々な方法がありますが、どんな方法を選ぶのであれまずは1年間1万円以下の収入でも継続するという心構えが必須だと言えるでしょう。

注意点


アフィリエイトには残念ながら悪質な広告を紹介するものもあります。
「報酬が支払われない」
「報酬が発生したはずなのにごまかされる」
なんてことがあります。
そんなASPに騙されないためにはまず運営元を確認してみましょう。
悪質な業者であれば運営歴が短い、運営者の評判が悪い、などの情報を見つけることができます。
とはいえ、まずはA8ネットなど多くの人が利用するものを利用した方が間違いありません。

稼げると人気のおすすめアフィリエイト


初心者でもはじめやすいおすすめのアフィリエイトは以下のものがあります。

  • A8ネット
  • アクセストレード
  • Amazonアソシエイト

A8ネットは利用者がもっとも多く、広告のジャンルや登録数も多いASPです。
そのため、初心者でアフィリエイトをはじめたい人がまずまっさきに登録しておくべきサイトだと言えるでしょう。
アクセストレードは金融系の商品に強いASPです。
こうした商品を扱いたい人にとってまずは登録しておくべきASPだと言えるでしょう。
Amazonアソシエイトはアマゾンの商品を紹介できるアフィリエイトです。
Amazonで購入できる全ての商品を扱えるため、自分の好きなものを紹介しやすく初心者でもはじめやすいアフィリエイトです。
Amazonアソシエイト:https://affiliate.amazon.co.jp/

アフィリエイトで稼ぎたいなら、継続することが大切


今回はアフィリエイトでどのくらい稼げるのか、その実態を詳しく紹介しました。
アフィリエイトで月に10万円以上稼げている人も全体の30%と少なくはありませんが、46%もの人が月に10,000円を下回り稼ぐことが簡単ではないことが伺えます。
そのために何より大切なのは継続して更新し続けること。
アフィリエイトをはじめてみたい人は、この記事を参考に自分に合って更新し続けられる方法ではじめてみてください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です