アフィリエイターとは?その魅力や稼げる金額についてまとめました

4 min
副業

アフィリエイターとは


アフィリエイターとは、アフィリエイトで生計を立てている人のことです。
アフィリエイトとは、ネット上で商品を紹介し、そこから広告料が発生する仕組みのこと。

  • 成果報酬型
  • クリック報酬型

という2種類があり、特に成果報酬型のもので単価が高いものだと1件で10000円以上かかることも珍しくありません。
そうした高単価の案件などで成約すると、大幅が利益が期待できる、また一度検索上位に載せることができれば、安定して収入が発生するため、不労所得が発生する、ということがメリットです。

アフィリエイターの魅力

アフィリエイターの魅力
アフィリエイターの魅力には以下の4つがあります。

  1. 幅広い知識を身につけることができる
  2. 収入の柱を複数持つことができる
  3. 自由さ
  4. 大きく稼げる可能性がある

それぞれの特徴を詳しく説明します。

幅広い知識を身につけることができる

アフィリエイトでは豊富な商品知識を身につけられるのがメリットです。
それには2つの理由があります。
一つは様々な商品を取り扱うため、商品知識が増えるから。
もう一つはその商品を購入してもらうために周辺知識までしっかりと抑えている必要があるからです。
こうした特徴があるため、アフィリエイトのために記事を書けば書くほど、その商品についての情報が増えていきます。
もちろんSEOや記事の書き方についての知識も身につけられますので、おすすめですよ。

収入の柱を複数持つことができる

アフィリエイトは収入の柱を複数持つこともできます。
なぜならアフィリエイトは簡単に言えば、「広告」業のためオフラインでも活用できるからです。

  1. オンラインサロンの運営
  2. 稼いだ金額を元手に株や不動産の取り扱い
  3. アフィリエイトノウハウを生かしたコンサルタント

など様々な展開が可能です。
そうした時間の自由を確保しやすいのもアフィリエイトの魅力でしょう。

自由さ

アフィリエイターの魅力はその自由さです。
パソコンとネット環境があれば仕事ができ、時間も場所も自由です。
ノマド生活で生活するアフィリエイターもいれば、世界を旅行しながら活動するアフィリエイターもおり、その取り組み方はかなりの自由度があります。
また一度SEO施作が成功し、収益を発生させることができれば、継続的に収益を発生させられる場合も。
副業ではじめたアフィリエイトが本業の給料を越えたためにアフィリエイターになって人だっています。
そうなると経済的にも自由度が大幅に高まります。

  • 時間
  • 場所
  • 経済的な自由

これらの自由を得られることがアフィリエイターの魅力でしょう。

大きく稼げる可能性がある

アフィリエイターは大きく稼げる可能性を秘めています。
中には月収100万円、年収1000万円を越えている人も。
さらにアフィリエイトは一度軌道に乗れば何もしなくても利益が発生し続けます。
いわゆる不労所得が発生するため、そうしたサイトの数を増やせば増やすほど利益は爆発的に高まっていきますよ。
 

アフィリエイターってどうやって稼いでいるの?


「アフィリエイターってどのくらい稼いでいるの?」
「アフィリエイトを始めるにはどんな準備が必要?」
そう不安な人も多いかと思います。
ここでは以下の点について解説します。

  • アフィリエイトで稼げる収入
  • アフィリエイターになるために必要な準備

アフィリエイトで稼げる収入はどれくらい?

アフィリエイトで稼げる収入にはかなりの幅があります。

出典:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2018年
このグラフからわかるように、全体で見ると月に一万円も稼いでいない人が全体の半分近くを占めています。
「じゃあアフィリエイトって稼げないの?」
というとそうではなく、一月の収入が10万円を越えている人も全体の30%以上存在し、月収100万円を越えている人が全体の10%存在してます。
アフィリエイトは一人でやる作業が多く、一朝一夕で成果が出ない場合が少なくありません。
多くの人はその家庭で挫折してしまいます。
こうした点がグラフに反映されているのでしょう。
こうした点を踏まえると、アフィリエイトで稼げる可能性はまだまだ十分にあると言えます。

アフィリエイターになるのに必要な準備

「アフィリエイターになるためには何が必要?」
というと以下のものが必要です。

  • 自分のWEBサイトを準備する
  • 紹介する商品を決める
  • 商品を紹介する記事を作る
  • 自分のサイトのアクセス数を増やす

という大まかに4つの流れがあります。
中でも問題になるのが、「自分のサイトのアクセスを増やすこと」でしょう。
このためには多くの場合、SEO対策をし、質の良い記事を書くことで、Googleなどの検索エンジンに上位表示させることが必要になります。

アフィリエイターの種類

 
アフィリエイターと一口で言っても、その方法は様々なものがあります。
具体的には以下のものがあります。

  1. サイトアフィリエイター
  2. メルマガアフィリエイター
  3. SNSアフィリエイター
  4. インターネット広告を使うアフィリエイター
  5. 自己アフィリエイター
  6. トレンドアフィリエイト
  7. 特化型ブログアフィリエイター
  8. YouTubeアフィリエイター

大まかですが実はこれだけたくさんの種類があります。
それぞれのアフィリエイターの特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。

サイトアフィリエイター

サイトアフィリエイターはもっとも一般的なアフィリエイターです。
インターネット上にホームページを作り、そこからのアクセスを増やしていきます。
この場合まずはASPというアフィリエイトで紹介する商品の選定からはじめる必要があります。
 

メルマガアフィリエイター

メルマガアフィリエイターとは、メルマガを使って商品紹介をするアフィリエイターです。
メルマガはハードルこそ上がっているものの、ASPの商品だけではなく自分で情報商材を販売することができるのもメリット。
当然ながら「メルマガに登録してもらう」という工程が必要になるため、以下にしてメルマガ登録者数を増やすかがキーポイントになります。

SNSアフィリエイター

SNSアフィリエイターとは、SNSを使ったアフィリエイトで活動する人のこと。
アフィリエイトが今ほど注目を集める前までは主流だった方法です。
ただし、現在では多くの企業がアフィリエイトに参入しているため、個人のSNSだけで利益を発生させることは難しくなってきました。
ただし、SNSとサイトアフィリエイト、SNSとメルマガなど複数の要素を組み合わせて利益を出している場合も多く見受けられます。
 

インターネット広告を使うアフィリエイター

インターネット広告を使うのもアフィリエイターもいます。
PPCアフィリエイトやリスティング広告とも言われています。
簡単に言えば、お金を支払うことでSEO対策を施すことなく検索上位に載せる方法のことです。
広告費を最初に払う必要がありますが、アクセスを比較的簡単に集められます。
1クリックあたりで料金が発生するため、発生した料金分のアクセスを見込めます。
検索数の多いキーワードほど料金が高くなる傾向にあるため、検索数がある程度あり、購入に繋がりやすいキーワードを設定することができれば効果的に売り上げを上げることができます。
ただし、ホームページがしっかりと作り込まれていなければアクセスを集めても成約まで至らない可能性があることには注意しましょう。
 

自己アフィリエイター

自己アフィリエイターとは自分で特定の商品を購入することで、利益を発生させるアフィリエイターのことです。
ASPで紹介する商品の中には自己アフィリエイトを認めているものもあるため、そう言った商品を利用することで利益を発生する、またはお得に商品を利用できるのがメリット。
サイトのアクセスを集めることなく、はじめられますが自己アフィリエイトできる商品には限りがあるため、稼げる金額には自ずと限界があります。

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは、そのときどきのトレンド情報を取り上げることでアクセスを稼ぐアフィリエイトの方法です。
トレンドにうまく乗ることができれば短い期間にアクセスを集められるのがメリットです。
 

特化型ブログアフィリエイター

特化型ブログとは、いわゆる「まとめサイト」のことだと考えればよいでしょう。
情報をわかりやすくまとめることでアクセスを集めるブログです。
情報をまとめることでアクセスこそ集めやすいものの、以下にして成約につなげるか、ということが課題になりやすいのがデメリット。

YouTubeアフィリエイター

YouTubeもアフィリエイトで利益を出せる媒介です。
再生回数に対して10〜20分の1の収入が入ってきます。
「文章を書くのは苦手だけど動画は得意」
という人にこそおすすめかもしれません。

アフィリエイトは時間さえかければ稼げる可能性は十分にある


今回はアフィリエイターがどのくらい稼げるのか、その方法論などを具体的に解説しました。
この記事でアフィリエイトがどう言ったものなのか大まかな概要が掴めたのではないでしょうか。
アフィリエイトをまだはじめていない人はまず自分のサイトを構築することからはじめてみてはいかがでしょうか。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です