初心者に人気の在宅ワーク|データ入力のメリット・デメリット

6 min
副業

数ある在宅ワークの中でも、初心者の方に人気の種類がデータ入力です。
今回はそんなデータ入力のメリット・デメリットから、おすすめのクラウドソーシングまでご紹介します。

これから在宅ワークを始めてみたいという方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

在宅ワーク初心者におすすめのデータ入力とは

在宅ワーク初心者におすすめのデータ入力とは-h2
出典元:123RF

データ入力とは依頼者から指示された方法や内容のデータを収集し、指定されたとおりに入力する仕事のことです。

入力する内容や検索や入力に使用するツールは依頼される仕事により異なりますが、基本的なPC操作ができていれば問題ないものがほとんどです。

そのため「本格的なPCスキルはなくいけれど、在宅で手軽にできる仕事を探している」という方にはうってつけの仕事といえるでしょう。

データ入力のメリット

データ入力のメリット-h2
出典元:123RF

まずはじめに、データ入力のメリットからご紹介します。
ご紹介するメリットが自分の希望する仕事像に合うのかどうか、確認してみましょう。

特別な技術が要らない

前述のとおり、一般的なデータ入力であれば特別な技術は要りません。
PCのWordExcelの基本操作ができれば、仕事を初めてもそれほど困ることはないでしょう。

隙間時間にできる

データ入力の多くは、長期契約ではなく短期契約で行います。
たいていは依頼を受けて、指示された納期までにデータを入力して納品するという形になります。
納期までの間は自分の好きなタイミングで仕事ができるので、隙間時間でデータ入力の仕事をしている主婦の方や副業の方も少なくありません。

PC操作に慣れる

スマホでデータ入力を行う場合もありますが、クラウドソーシングサイト(詳細は後述)ではPCを使ったものの案件が多い傾向にあります。

そのため、腰を据えて在宅ワークを使用という方は意識せずともPC操作に慣れていけるはずです。
PC操作に慣れていけば、そのうちデータの入力速度も速くなっていくのでより高い収入を目指すことができますよ。

データ入力のデメリット

データ入力のデメリット-h2
出典元:123RF

続いて、データ入力を在宅ワークに選ぶ場合のデメリットも見ていきましょう。

メリットだけではなく、デメリットも含めて自分に合うのかどうかを考えることが大切です。

単価が安い

特別な知識や技術が要らないため取っつきやすい仕事ではありますが、一方で一案件の単価が安いというデメリットもあります。
データ入力のほとんどは固定報酬となっており、1件あたり10円~20円ほどで依頼を出していることが多いようです。

初心者の方にはおすすめのデータ入力ですが、PCに慣れてきて、なおかつ収入アップを目指したいという方は他の仕事を探してみても良いでしょう。

集中力が必要

データ入力をする際にはミスをしないように集中して行わなければなりません。
なぜならデータ入力において一番大切なことは、入力ミスをしないことだからです。

入力したデータは依頼者(企業)の方針を考える際の参考や、データを保管しておき今後使用する可能性があるものです。
もしも入力ミスがあった場合、業績の悪化や依頼者の仕事に支障をきたしてしまうなどの悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

案件が増えれば増えるほどさらに集中力が必要となりますから、じっと座っての作業が苦手な方には向かないかもしれません。

肩こりなどの職業病

PCあるいはスマホでの作業となると、下を向いている時間が長くなります。
下をずっと向き続けていると首や肩がこってしまい、慢性化すると酷い肩こりに悩まされてしまうこともあります。

また、座位姿勢が続くと腰の痛みを感じる場合もあります。
これは座っている状態が腰に一番負担のかかる姿勢であるため。
こうした肩こり腰痛はデスクワークの職業病ともいえるでしょう。

もしもこれからデータ入力の仕事を始めようと考えているのであれば、仕事の合間にストレッチなどを取り入れて肩こり・腰痛を予防することが大切です。

データ入力の在宅ワークが向いている人

データ入力の在宅ワークが向いている人-h2
出典元:123RF

ここまでのメリット・デメリットを踏まえて、データ入力の在宅ワークが向いている人の特徴を考えてみましょう。

コツコツとした作業が好きな人

同じ作業をしていても苦にならない、コツコツと地道に作業していくのが好きな人や得意な人が向いています。

データ入力はとにかく同じ作業の繰り返しです。
指示された内容のデータを、指示されたツールに入力する。
この作業を繰り返すことがストレスと感じない方であれば、データ入力の在宅ワークは適職でしょう。

PC作業が得意な人

PCを使い慣れていなくてもデータ入力の仕事はできますが、やはり使い慣れている方の方が効率よく進められます。
とはいえ、もちろん使い慣れていないから入力ができないかといえばそうではありません。

ちょっと触ったことはあるけれど…という方は、まずはPCを操作するということに慣れましょう。
慣れてくればショートカットキーを使った操作など、効率の良い進め方が分かってきます。

PCよりもスマホ操作の方が慣れているという方は、スマホでできるデータ入力を探してみるのもひとつの手です。

在宅ワークのデータ入力が見つかるサイト

在宅ワークのデータ入力が見つかるサイト-h2
出典元:123RF

いまやスマホの普及率は人口の100%を超え、どこでも誰でも手軽にインターネットができるようになりました。
それにともない、在宅でできる仕事を紹介するクラウドソーシングサイトも増えてきています。

ここからはデータ入力の仕事を募集しているクラウドソーシングサイトをご紹介しつつ、メリット・デメリットについてまとめていきます。

クラウドワークス

クラウドワークス-h3
出典元:クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイトのひとつが、クラウドワークスです。
2011年11月に設立して以降は着々と登録者が増え、2018年6月期の資本金は20億を超えるほどの企業となりました。

データ入力の依頼数はタイミングにより増減しますが、おおむね300件前後が募集されているようです。

クラウドワークス

メリット

在宅ワークをお探しの方の中には、できるだけ早く収入を得たいと考えている方もいるでしょう。
そんなときにおすすめなのが、クラウドワークスのクイック出金です。

これは即金制度のことで、 すでに確定している報酬に関してはクイック出金の申請をすることにより3営業日以内に振り込んでもらいことができます。
クイック出金を利用する場合は振込手数料の他に、クイック出金の手数料として出金額の3.5%が差し引かれます。

デメリット

クラウドワークスの機能の中でメリットにもなり、デメリットにもなるのがブロック機能です。

ブロック機能を使えば、特定の人物から送られてくるメッセージや依頼(依頼者からブロックした場合は応募)を拒否することができます。
契約中にブロックすることはできませんが、契約の前後であれば簡単にブロックすることが可能です。

便利な機能ではありますが、その一方で自分がブロックされてしまう可能性も秘めています。
ブロックされた側には通知がないため、契約前のやり取りが急に途切れてしまう可能性もあるのです。

ランサーズ

ランサーズ-h3
出典元:ランサーズ

ランサーズも日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

開設はクラウドワークスより一足早い、2008年4月のこと。
資本金(準備金含む)はなんと20億を超え、最大手クラウドソーシングサイトとしてますます知名度をアップしています。

データ入力の応募は100件未満(2019年8月現在)とやや少なめですが、データ入力以外のタスク・作業も含めるとその数は500件以上にも増加します。

ランサーズ

メリット

ランサーズでは独自の階級制度として、認定ランサーがあります。
認定ランサーになると単価が高い案件が紹介されやすくなり、契約もしやすくなるというメリットがあります。

認定ランサーになるためには、報酬金額やメッセージの返信率などが高水準に保たれていることが条件です。
その条件を満たされているとランサーズが認めた人物のみが、認定ランサーの称号を得ることができるのです。

デメリット

クラウドソーシングサイトの多くは、サイトの利用に対して手数料という形で収入から所定のパーセンテージを差し引いています。
手数料はサイトにより異なりますが、ランサーズの手数料は収入金額によって5~20%の幅があります。

仕事を受注する際に手数料の計算がしにくい、という点がランサーズの欠点として挙げられます。

今後ランサーズで仕事をされるのであれば、以下の計算ツールも活用してみましょう。

ランサーズ金額計算ツール

ママワークス

ママワークス-h3
出典元:ママワークス

株式会社アイドマ・ホールディングスが運営するママワークスは、名前のとおり子育てをするお母さん向けのクラウドソーシングサイトです。

産休中・育休中の主婦でも稼ぎたい、という方も多いでしょう。
ではママワークスはそうした方々にとってどのようなメリット、デメリットがあるのか見てみましょう。

ママワークス

メリット

ちょっとした隙間時間から始められる案件が多く、子どもを育てながら仕事をしたいという方にはうってつけのサイトです。
データ入力だけでも100件前後の案件があるので、在宅ワーク初心者の方でも安心。

また、ママワークスに掲載されている情報を在宅ワークだけではありません。
出社する仕事や、正社員やパートなどの雇用形態を選んで仕事を探すこともできます。

子育てが落ち着いたら正社員として会社勤めをしたいというお母さんは、こちらの求人をチェックしてみてはいかがでしょうか?

デメリット

主婦向けの求人に特化しているため、求人数はクラウドワークスやランサーズに比べると少なくなります。

とにかく色々な案件を探してみたいという方は、ママワークスと別のクラウドソーシングサイトを並行して登録すると良いでしょう。

シュフティ

シュフティ-h3
出典元:シュフティ

こちらも主婦の方におすすめの案件をメインに紹介している、クラウドソーシングサイトです。

データ入力の案件数は驚異の2,000件越え(2019年8月現在)!
色々なデータ入力を探したいという主婦の方でも、これだけの件数があれば安心ですね。

シュフティ

メリット

主婦の在宅ワークといえば簡単作業が人気ですが、シュフティはそうした案件が多いのが特徴です。

もうひとつの特徴として、手数料の安さが挙げられます。
CMを打っている大手サイトの場合は最高20%のシステム手数料が発生しますが、シュフティの場合は金額に関係なく報酬額の10%と他社に比べると安いのがメリットです。

デメリット

初心者の方でも作業しやすい案件が多いシュフティは、その反面高収入を狙うのが難しいというデメリットもあります。

在宅ワークに慣れてきて高額案件を探すようになるまではシュフティを活用し、その後は幅広い案件があるサイトを活用するなど自分の力量に合わせてサイトを選ぶと良いでしょう。

まだまだたくさんある!在宅ワーク

まだまだたくさんある!在宅ワーク-h2
出典元:123RF

今回は在宅ワーク初心者の方でも始めやすい、データ入力についてご紹介しました。
隙間時間に働きたいという主婦の方や副業をお探しの方は、ぜひこちらの記事を参考に良い案件を探してみてくださいね。

また、以下のページではデータ入力以外の在宅ワークについても詳しく紹介しています。
データ入力では物足りないと感じた方、自分に合う在宅ワークを探したいという方は下記ページもご覧ください。

副業のおすすめ6選!在宅で初心者がすぐに稼ぎやすいジャンルまとめ

記事内の情報は2019/08/27時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です