副業(ブログ)で稼げない理由を解説!1年続けて稼げないならやり方を変えよう【5つのチェック項目】

7 min
副業(ブログ)で稼げない理由

ブログを始めてから1年たったけど、全然稼げない。

なんで稼げないんだろう。

そんな人はブログの運営方法が悪いのかもしれません。

ブログで稼ぐことは簡単ではありませんが、正しいやり方で続けていけば収益は少しずつ増えていきます。

まずは、自分のやり方が正しいかチェックしてみましょう。

トト

トト

ブログを始めて1年、継続しているのに収益が全く上がらない。

そんな状態でブログを続けていくのはツラいですよね。

そんな人は自分のブログの運営方法が正しいかチェックしてみましょう。

この記事の内容
  • 副業(ブログ)で稼げない理由を解説
  • ブログ運営方法のチェック項目5つを紹介
  • ブログで稼げるようになる方法
  • ブログで稼げないならライターもおすすめ

この記事を読めば自分が正しい運営方法でブログを続けられているか確認できるはずです。

ブログは正しいやり方で運営していけば、少なからず収益が増えていきます。この記事を読んで自分のやり方をチェックしてみてください。

副業(ブログ)で稼げない理由を解説

副業(ブログ)で稼げない理由を解説!

副業(ブログ)で稼げない理由としては下記の3点が考えられます。

  • 稼げないジャンルを選んでいる
  • キーワード選定をしていない
  • 競合分析をしていない

詳しく解説していきます。

稼げないジャンルを選んでいる【YMYLは避けよう】

ブログで稼ぐためにジャンル選びは重要です。

具体的には下記のようなジャンルを選びましょう。

  • 需要の多いジャンル
  • 競合の弱いジャンル

まずは需要の多いジャンルについてです。

需要がなければ検索もされませんし、当然アクセスもなく成果があがることはありません。

需要の多いマーケット規模が拡大しているジャンルを選びましょう。

例えば、最近だと動画配信サービスの需要は高いですね。

コロナ禍で巣ごもり需要も増えていますし、ネットの通信速度が上がり快適に動画視聴ができるようになったためです。

これからスマホの5G通信が普及してくると、さらに盛り上がってくることが予想されます。

次に競合の弱いジャンルを選ぶことも重要です。

競合サイト以上の記事でないと検索上位に表示されることはありません。

特にYMYLジャンル(Your Money Your Life)と呼ばれるお金や人生に関わること、要するに金融や投資、医療や健康に関する分野は避けたほうがいいです。

これらの分野はGoogleが重要視しており、公的機関や公式HPなど信頼性の高いサイトが優遇されているため検索上位を狙うのは難しいです。

需要が多く、競合が弱い分野を選びましょう。

キーワード選定をしていない

自分が書きたいことを自由に書いていては、ブログでは稼げません。

検索されるキーワードを選んで記事を書いていく必要があります。

Googleで検索するときは、探したい内容の単語を入力しますよね?

例えば、この記事の場合は「副業 ブログ 稼げない」で検索していませんか?

Googleはブログ記事のキーワードを認識して検索順位を決定していますので、上位表示を目指すためにはブログ記事の中にキーワードを盛り込んていく必要があります。

キーワードの選び方もブログのジャンルの選び方と同じです。

需要が多く競合が少ないキーワードを探して記事を書いていきましょう。

そういったお宝キーワードを見つける事ができれば、簡単にアクセスを集めることができます。

競合分析をしていない

ブログで稼ぐためには競合よりも検索で上位表示を目指す必要があります。

そのためには狙ったキーワードの競合を分析する必要があります。

検索上位に表示されている記事はGoogleに評価されている記事ということです。

検索上位の記事を参考にすればGoogleから評価される記事を書けるということですね。

ただし、くれぐれも上位サイトのコピーはやめましょう。

当然ながらGoogleはコピー記事をチェックしていますのでコピー記事の評価は低くなり、最悪の場合はGoogleからペナルティを受けることになります。

競合記事を参考にした上で、自分のオリジナルの内容を盛り込んで記事を書いていきましょう。

ブログを1年続けて稼げないならやり方を変えよう!

ブログを1年続けて稼げないならやり方を変えよう!

ブログで稼ぐためには継続することが重要ですが、ただ継続しただけでは稼げません。

ブログを1年継続して稼げないのであれば、やり方が間違っている可能性が高いです。

具体的には、下記の項目ができているかチェックしましょう。

  • 稼げるジャンルを選ぶ
  • キーワード選定をする
  • 競合分析をする
  • ペルソナ(想定読者)を設定する
  • 検索順位をチェックする

詳しく解説していきます。

稼ぎやすいジャンルを選ぶ【0円、無料が最強】

稼げないジャンルを避け、稼ぐジャンルを選ぶことも重要ですが、稼ぎやすいジャンルを選ぶことも重要です。

ブログで稼ぐためには自分のブログに広告を貼り、読者にそこから成約してもらう必要があります。

無料体験や無料登録で成果があがるような広告は読者の負担が少ないので成約しやすいです。

  • 動画配信サービス(◯◯週間無料体験)
  • プログラミングスクール(無料体験)
  • 転職エージェント(無料登録)

上記のようなジャンルは読者が無料でサービスを体験、利用できるので読者がサービスを利用するまでのハードルが下がります。

0円、無料は稼ぐための最強のキーワードです。

キーワード選定をする【ロングテールキーワードを狙う】

ブログで稼ぐためにはキーワード選定が重要です。

需要が多いキーワードを選ぶ必要がますが、競合が多ければ上位表示できません。

例えば、「動画配信サービス おすすめ」といったキーワードだと需要は多いですが競合も多いです。

  • 動画配信サービス Hulu 無料体験
  • 動画配信サービス Hulu 登録方法
  • 動画配信サービス Hulu おすすめ動画

上記のような3語以上のキーワードを狙うことで競合が少なくなり、上位表示を狙うことができます。

このような3語以上のキーワードの組み合わせのことを「ロングテールキーワード」と呼びます。

まずは、ロングテールキーワードで上位表示を目指しましょう。

ロングテールキーワードには競合が少なくなるというメリットにくわえて、成約率が高いというメリットもあります。

「動画配信サービス おすすめ」で検索する読者は、おすすめの動画配信サービスを探しているので成約までは遠いです。

しかし、「動画配信サービス Hulu 登録方法」で検索する読者は登録の方法を調べているので、成約までの距離が近く成約につながりやすいです。

競合分析をする【検索上位3~5サイトをチェック】

狙うべきキーワードが決まったら、そのキーワードで検索してみて競合サイトの分析をしましょう。

検索上位3~5サイトをチェックして記事の内容がどういった傾向で書かれているかチェックします。

競合分析では記事をすべて読み込む必要はありません。見出しだけを抜き出して読んでいっても記事の傾向は把握できます。

特に上位表示されている記事には共通して書かれている内容があるはずです。

その部分はGoogleから評価されている最低限抑えるべき内容ですので、その内容を抑えた上で競合サイトにない自分のオリジナルの内容を盛り込んで記事を書いていきましょう。

競合分析をしてみて競合以上の記事は書けないと感じた場合は、キーワード選定からやり直すことも検討しましょう。

競合以上の記事が書けなければ上位表示は望めません。

上位表示を目指せない記事は成果にはつながりにくいため、狙いのキーワードを変えることも選択の一つです。

ペルソナ(想定読者)を設定する

記事を書く前にペルソナ(想定読者)を設定しましょう。

ペルソナを設定することで、より読者に刺さりやすい記事となり成約率が変わってきます。

  • 30代独身男性におすすめの動画配信サービスまとめ
  • 子どもがいるファミリー向けにおすすめの動画配信サービスまとめ

上記の2つの記事を書く場合、当然ながら書く内容が変わってきますよね?

読者は自分により合った内容の記事を読みたいので、自分が探している共感しているタイトルの記事をクリックして読みにいきます。

記事を書く前には想定読者を設定し、より読者に寄り添った読者が共感する記事を書きましょう。

検索順位をチェックする

記事を書いたら検索順位をチェックしましょう。

検索順位をチェックしないということは、問題集を解いたあとに答え合わせをせずに次の問題を解いているようなものです。

正解か間違いか分からないことを続けていても成長はできないですよね。

検索順位をチェックするツールはいろいろとありますが、有名なツールは下記のとおり。

  • Google searc console(無料)
  • GRC(有料)
  • RankTracker(有料)

無料のGoogle searc consoleでも検索順位をチェックできますが、できればGRCかRankTrackerを利用したほうが正確に検索順位を確認できます。

費用はかかりますが狙ったキーワードの検索順位の変動経過を正確に把握することができますので、GRCやRankTrackerはブログで稼ぐためには必須のツールです。

注意点としてGoogleが記事を認識し、検索順位が安定するまでには3カ月程度かかると言われています。

それまでは検索上位に表示されなかったり、検索順位が安定しなかったりしますので注意しましょう。

副業(ブログ)で稼げる人になる方法【仕組みを理解使しよう】

副業(ブログ)で稼げる人になる方法【仕組みを理解使しよう】

ここまでの内容でブログで稼げない理由、自分のやり方のチェックができたはずです。

副業(ブログ)で稼げる人になるためには、ここまでの内容を理解した上で下記の2つの内容も理解しておきましょう。

  • ブログで稼ぐ仕組みを理解する
  • 集客記事と収益記事を理解する

順番に説明していきます。

ブログで稼ぐ仕組みを理解する

ブログで稼ぐためには仕組みを理解することが重要です。

ブログで稼ぐための仕組みは下記の公式にすべて詰まっています。

ブログ収益=PV(ページビュー数)×CTR(クリック率)×CVR(成約率)×成果報酬(単価)

ブログを始めるとPVやCTRを増やそうと頑張りがちですが、極論を言えばPVやCTRが低かろうとCVRが高ければ収益は発生し

想定読者を絞りきって特定の人に届く記事を書けば、ブログ収益は発生するということですね。

当然、PVが多ければ母数が増えるので成約につながる可能性のある人の数は増えます。

結論としてはブログで収益が発生すればいいので、どこを狙っても間違いではありません。

どういう目的でその記事を書いているか考えることが重要です。

集客記事と収益記事を理解する

ブログで稼ぐためには集客記事と収益記事を切り分けて記事を書いていく必要があります。

集客記事はサイトに人を集めるための記事です。対して収益記事は名前の通り収益を発生させるための記事です。

収益記事の例としては、下記のような内容です。

  • 動画配信サービス「Hulu」の特徴や料金プランの紹介
  • 動画配信サービス「Hulu」と「U-NEXT」の比較

対して、集客記事の例としては下記のような内容です。

  • Huluでおすすめの映画まとめ
  • Huluでおすすめのアニメまとめ
  • Huluを快適に視聴するためのガジェットまとめ

収益記事を書いた上で集客記事から収益記事にリンクを飛ばして成約につなげるイメージですね。

収益記事だけでアクセスを集めることは難しいですが、集客記事から収益記事に読者を誘導していくことで収益記事に読者を集めることができます。

ブログで稼げない人はライターもおすすめ

ブログで稼げない人はライターもおすすめ

ブログを続けている稼けど稼げなくてツラい、という人はライターをはじめてみることもおすすめです。

ライターをおすすめしたい理由は下記の通りです。

  • 勉強しながら稼げる
  • ブログ経験があればスグに稼げる
  • 稼いだお金で記事を外注してもいい

詳しく説明していきます。

勉強しながら稼げる

ライターを始めることの最大のメリットは記事の添削を受けられることです。

クライアントにもよりますが、納品した記事はクライアントによりチェックされ修正が必要な場合は修正点の連絡がきて修正した記事を再度納品するというやりとりを何度かこなしたあとにクライアントのサイトにアップされます。

クライアントは個人ブログの管理人や企業メディアの編集者ですので、ウェブメディアの先輩に記事の添削をしてもらえるということですね。

書いた記事に対しては確実に報酬が支払われますので、勉強しながらお金を稼ぐことができます。

自分の記事の悪いところを教えてもらえた上でお金も稼げるなんて最高ですよね。

やらない理由がないです。

ブログ経験があればスグに稼げる

ライターを始めたいと思っても実績がないと、なかなか受注はできません。

しかし、ブログを続けているとブログを実績として提示すると受注しやすいです。

さらに、ブログ経験があればWordPressの操作も問題ないかと思いますし、記事の書き方の基礎もある程度は身についているかと思います。

ブログ経験を武器に営業をかけると案外スグに稼げるようになりますよ。

私もブログ経験3カ月でライターを始めてみましたが、1カ月程度で稼げるようになりました。

ブログはなかなか成果が上がらなくて諦めてしまう方が多いと思います。

そんな人は一度ライターで勉強しながらお金を稼ぎ、それからブログを再開してもいいのではないでしょうか?

ライターについては下記の記事で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

稼いだお金で記事を外注してもいい

ライターでお金が稼げるのはわかったけど、やっぱりブログで稼ぎたい。

そんな人はライターでお金を稼ぎ、そのお金で記事を外注してもいいです。

将来、複数のサイトを運営するようになって記事を外注したいという場合の経験にもなりますし、外注経験をネタにブログ記事を書いてみてもいいでしょう。

自分以外の人に記事を書いてもらうと立場が変わって自分の勉強にもなるはずです。

まとめ

副業(ブログ)で稼げない理由まとめ

今回は、副業(ブログ)で稼げない理由と稼げるようになる方法について紹介させて頂きました。

記事のまとめ
  • ブログのジャンルは稼ぎやすいジャンルを選ぼう【YMYLジャンルは避ける】
  • キーワード選定をして、競合分析をしよう
  • 想定読者(ペルソナ)を設定して記事を書こう
  • 記事を書いたら検索順位をチェックしよう
  • ブログで稼げないならライターもおすすめ

ブログで稼ぐためには継続するだけではなく、改善を続けながらの継続が必要です。

稼げるようになるためには時間が必要で稼げるようになるまでに挫折してしまう人も多いです。

しかし、正しく継続していけば必ず稼げるようになりますので、諦めずに続けていきましょう。

心が折れそうな人は一度ライターをやってみるのもおすすめですよ。

確実に稼げるので続けやすいですし、もう一度ブログを頑張ろうと思ったときにもライターの経験が活きると思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です