格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVNOの選び方を解説

7 min
コラム

SIMロックの解除が義務化され、私たち契約者のニーズに合わせたキャリア選びができるようになりました。「とにかくコストを抑えたい、大手キャリアのような多くのオプションは必要ない」という方には、迷わず格安SIMをお勧めします。

初心者向けに徹底解説!格安SIMとは?

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h2
出典元:PAKUTASO

「そもそも格安SIMって?」「なぜキャリアを変えただけでそんなに安くなるの?」といった疑問を持つ方もいるでしょう。SIMフリースマホに変える前に、知っておきたい基礎知識を解説します。

SIMとは

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから販売されているスマホやタブレット端末には『SIMカード』と呼ばれるICカードがセットされています。
SIMカードには、契約者のID情報が記録されており、キャリアはその情報をもとに契約者を識別し、契約者ごとの通信サービスを提供しています。

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h3
出典元:PAKUTASO

従来の大手キャリアの端末は、同じ会社のSIMカードのみ使用できるように『SIMロック』がかけられた状態でした。これによって、契約期間の縛りや同一キャリアで購入した端末しか利用できないといった制限があるのが普通でした。
しかし2015年に『SIMロックの解除』が法律で義務付けられ、ユーザーはより低価格な回線、サービスの充実した通信会社を自由に利用できるようになりました。

最近よく聞く「格安SIM」「格安スマホ」ってなに?

格安SIMという言葉を目にしたことがあるでしょう。SIMロック解除の義務化により、大手キャリアよりも低価格で回線を提供する格安SIM会社が次々と発足しています。格安SIM会社は『MVNO』と呼ばれ、多くのMVNOが大手キャリアの回線をレンタルしサービスを提供しています。MVNOで販売されているSIMカードを端末にセットして使用することで、大手キャリアよりも低価格で回線を利用できるようになります。
MVNOのSIMカードがセットされたスマホ端末を『格安スマホ』と呼びます。MVNOが回線とセットにして売り出している端末(富士通などが製造)もあり、シンプルな性能のものが多いです。しかし格安SIMをセットすれば、Iphoneなどの人気機種も利用可能です。

なぜ格安SIMは安いの?選ばれる理由は?

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h2
出典元:PAKUTASO

大手キャリアとほぼ変わらない使用感で、月額がぐっとお得になる格安SIMの仕組みをご説明します。

格安SIMが安い理由

格安SIMは、大手キャリアの通信回線をレンタルしているMVNOによって提供されています。大手キャリアの月額料金に比べて圧倒的な安さのため、不安を抱く方も少なくないのではないでしょうか。しかし格安SIMとはいえ、使用しているのは大手キャリアの回線ですから安心です。店舗を持たずネットでの販売をメインにしテナントや人件費を削減したり、基本的なサービス以外はオプションとして別売りにするなどして、大幅な値下げが実現しているのです。

格安SIMで出来ること・出来ないこと

格安SIMで出来ること

  • とにかく安い料金が実現
  • 大手キャリアのような2年契約の縛りがない(いつでも乗り換え可能)
  • 電話番号はそのまま乗り換えることが可能
  •  

格安SIMを利用するために、大手キャリアのような2年間の契約は不要です。1年以上の長期契約をすることで、月額料金が割引になるMVNOもありますが、基本的には短期間の利用が可能です。そのためよりニーズにあったプランを見つけたら、他会社であっても自由なタイミングで乗り換えることができるのです。
また、モバイルナンバーポータビリティー(以下、MNP)という番号乗り換えシステムを利用すれば、大手キャリアで使用していた番号をそのまま引き継いで使うことも可能です。

格安SIMで出来ないこと

  • キャリア決済ができなくなる
  • キャリアメールが使えない
  • データSIMの場合緊急通報ができない
  •  

今まで何気なく利用していたキャリア決済が利用できなくなることは知っておいた方が良いでしょう。同時にキャリアが提供していたキャリアメールも使用できなくなるため、事前の移行準備は大切な作業です。
また、格安SIMには『通話SIM』『データSIM』と大きく分けて2種類あり、データSIMを利用した場合、音声通話はサービス対象外となります。その分料金は低価格になるのですが、110番や119番などの緊急通報もできないので注意が必要です。

こちらも参考にしてください。

SIMカードのサイズを解説!格安SIMに変更する際の注意点とは?

乗り換える前に知っておこう!格安SIMと大手通信キャリアの違い

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h2
出典元:PAKUTASO

今まで使っていた大手通信キャリアと、格安SIM会社は一体何が違うのでしょうか。お互いのメリットとデメリットを比較しながら解説します。

格安SIMを提供するMVNOとは

格安SIMを提供するMVNOは現在国内に580社以上存在します。
2015年のSIMロック解除の義務化以降に発足したのですから、急速なスピードで増えていることが分かります。MVNOには『一次MVNO』『二次MVNO』の2種類があり、一次MVNOとは前述したように大手キャリアの回線をレンタルしてサービスを提供しています。二次MVNOは、一次MVNOの回線をレンタルしている法人のことを指します。
現在シェア数が最多なのは『楽天モバイル』で、MVNOの利用者のおよそ20%が楽天モバイルを利用しています。次いで『OCN』『mineo』『IIJmio』がそれぞれ10%ほどのシェアを占めています。しかし、今利用者数が少ないからといってサービスが悪いというわけではなく、新しく参入したMVNOが独自のプランを売りにしてシェア数を一気に伸ばすこともあります。

格安SIMのメリット

  • 料金プランがシンプル
  • ポイントが貯まるなど独自のサービス
  • 通話ありなしを用途にあわせて選べる
  • 気になるプランにすぐ乗り換えられる
  •  

月額料金の安さはすでにお伝えしましたが、料金プラン自体が非常にシンプルなのもMVNOの特徴といえます。半強制的なオプションや使用しない機能などは最初からプランに含むことなく利用できます。また楽天モバイルやLINEモバイルなど、独自のポイントサービスを持っている企業では格安スマホの周辺にもポイントが適応します。次々と打ち出すキャンペーンを好きなタイミングで試すことができるのは格安SIMならではのメリットです。

格安SIMのデメリット

  • 通信速度が安定しないことがある
  • MNPで申し込むと数日間スマホを使用できないことがある
  • サポートサービスに繋がりにくい傾向にある
  •  

MVNOは大手キャリアから借りた通信回線を利用してサービスを提供しています。レンタルなので当然、使用できる配分が決まっており時間帯によっては低速になってしまう格安SIMもあります。事前にWi-Fi等が使えない生活圏での通信速度を調べることをお勧めします。MNPでの申し込みの場合、ネット申し込みからSIMの郵送という流れになるためその期間はスマホを利用できない期間が発生することがあります。サポートサービスについても、低価格を実現するための人件費削減のためか、大手キャリアよりは繋がりにくい傾向にあるようです。

大手通信キャリアとは

『大手通信キャリア』は、ドコモ、au、SoftBankの3社です。この3社は自社で回線を所有してサービスを展開しています。MVNOによる格安SIMスマホが普及してきていますが、いまだに大手キャリアの人気は根強く、全体の80%以上のユーザーは大手キャリアと契約しています。大手ならではの割引やバックアップがあり、安心して利用できる点はMVNOより秀でているといえます。

大手通信キャリアのメリット

  • 通信エリアが広く質が高い
  • 家族割や学割などの割引サービスが充実
  • dポイントなど独自のポイントがある
  • 回線とセットで契約できる
  •  

大手通信キャリアでは、それぞれ独自の回線を所有しています。そのため通信できるエリアが広く、通信の質も高いです。これは、山間部や島などでもなるべくし支障が出ないよう、基地局を設けて整備を整えているためです。また、光回線の同時契約や世帯での長期契約による割引は大手ならではのメリットです。

大手通信キャリアのデメリット

  • 月額料金が高い
  • 2年の契約期間の縛りがある
  • 2年毎の移行期間以外は解約に違約金がかかる
  • 割引の条件としてオプション加入が必要なことも
  •  

まずは月額料金の高さが気になるポイントではないでしょうか。プランを見直すことである程度出費を抑えることもできますが、大手キャリアの端末の場合、月平均8,000円の利用料が発生してしまいます。また、解約したいと思った時に2年毎に2ヶ月間ほどある『移行期間』ではないかぎり解約料が9,500円ほどかかってしまいます。

通信会社の選び方

MVNOと大手キャリア、両方のメリットとデメリットをお伝えしてきましたが、結局どちらを選べばいいのでしょう。私たち契約者のニーズに合わせたキャリア選びが求められます。例えば「とにかくコストを抑えたい、余分なオプションは必要ない」という方には迷わず格安SIMをお勧めします。しかし、家族で何年も大手キャリアを利用し、キャリアの機能(キャリアメールや決済など)を頻繁に使う方や「普段から移動が多く、通信速度の質を絶対落とせない」という方には大手キャリアがお勧めと言えます。

格安SIMにするならここ!おすすめ5

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h2
出典元:PAKUTASO

たくさんあるMVNOの中でも特に定評のある5ブランドを紹介します。それぞれ力を入れているプランが異なるので、用途に合わせて選ぶことができます。

1.格安SIM界トップシェア「楽天モバイル」

楽天ポイントが貯まる!使える!

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h3
出典元:楽天モバイル

楽天が展開するMVNO『楽天モバイル』は、格安SIM利用者の20%が契約しているシェア率ナンバーワンのサービスです。ドコモの回線を使用しており、ドコモを利用している方は端末はそのままで乗り変えることが可能です。
通信速度については、高速通信と1Mbpsの回線を切り替えることができるため、アプリなどのデータ通信をする際は高速通信を利用すると快適に利用できます。

おすすめの料金プラン

『スーパーホーダイ』

  • 月額料金 1,480円〜
  • データ通信量 2GB,6GB,14GB
  • 通話あり(5分以内の通話はかけ放題)
  • 最低契約期間 1年〜
  •  

5分以内の通話であれば電話し放題のプランです。さらにデータ通信量によって料金は変わりますが、いずれのプランも規定の通信料を使い切ったとしても1Mbpsの速度で通信使い放題です。契約期間は1年、2年、3年から選択でき、長期契約するほど月額利用料金が安くなります。楽天ポイントが利用できるので楽天市場のユーザーには大変お勧めです。

【公式】楽天モバイル

2.独自のプランを展開「mineo」

データ通信のみのSIMも展開!通信費を抑えるならここ

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h3
出典元:mineo

ドコモ、au、SoftBankの大手3キャリア全ての回線が利用できるMVNOです。そのためどのキャリアの端末からも乗り換えが可能という便利さが特徴です。そのため楽天モバイルに次いで人気が高く、さらに最低契約期間がないことで試しやすさも抜群です。また、使いごごちを試せる短期間SIMを216円で提供しており、使用後は手数料なしで月額プランに移行できます。気になる方はぜひお試しください。

おすすめの料金プラン

『デュアルプラン』

  • 月額料金 1,310円〜
  • データ通信量 500MB,3GB,6GB,10GB,20GB,30GB
  • 通話あり(デュアルプランのみ)
  • 最低契約期間 なし
  •  

mineoではお勧めしている『デュアルタイプ』という通話つきのSIM、『シングルタイプ』というデータ通信のみのSIMのどちらかを選ぶことができます。いずれも容量を使い切った後でも最大200kbpsで通信が可能で、さらにMVNOには珍しいパケットの繰越し、分け合いサービスも行なっています。データ容量もプランも最大30GBまでと豊富で、日頃のデータ通信量が多い方にお勧めです。

【公式】mineo

3.大手キャリア並みの速度を実現「Y!mobile」

ソフトバンク回線+自社回線でストレスなしの通信が可能

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h3
出典元:Y!mobile

Y!mobileはソフトバンク回線を主に使用しています。しかし、イーモバイルとWILLCOMが合併してY!mobileができたという経緯から、自社回線も持っている少し特殊なMVNOです。大手キャリアの端末を引き継ぐことができないこと、月額が他のMVNOに比べ割高など難点はありますが、大手キャリアに引けを取らない通信速度で安定した端末の利用が可能です。

おすすめの料金プラン

『音声通話付きプラン』

  • 月額料金 1,980円〜
  • データ通信量 2GB,6GB,14GB
  • 通話あり(データ専用プランもあり)
  • 最低契約期間 2年
  •  

月額料金はMVNOの中では高めですが、大手キャリアに比べればかなり抑えられています。それでいて通信速度が担保されているという安心感から、最近シェアを伸ばしているプランです。端末については、大手キャリアからの引き継ぎができない分、豊富に取り揃えられていて、Iphoneを含む15種類以上の機種から選択できます。通信速度にこだわりたい方、現在のお端末を引き続き使う予定のない方にお勧めです。

【公式】Y!mobile

4.データ容量たっぷりかつ安い「U-mobile」

ドコモからの乗り換えの相性が抜群!

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h3
出典元:U-mobile

U-NEXTが提供する格安SIMで、ドコモの回線を使用しています。U-mobileは、ドコモ単体の回線を利用しているMVNOの中では最速の通信速度です。データ容量のプランも幅広く低価格で、ドコモユーザーの方の乗り換えに適したMVMOと言えます。

おすすめの料金プラン

『音声通話付きプラン 使い放題』

  • 月額料金 2,480円
  • データ通信量 使い放題
  • 通話あり
  • 最低契約期間 半年
  •  

比較的安定しているU-mobileの回線を、使い放題で利用できるプランです。半年という最低契約期間の縛りはありますが、キャリアとの使い心地を比べるには最適な期間と言えます。短時間で大量の通信を行うと速度規制がかかることもあるようなので、ドコモユーザーの方は一度キャリアとの使いごごちを比べてみることをお勧めします。

【公式】U-mobile

5.auユーザー注目!「UQ-mobile」

au回線の中では最速!無料通話のプランが充実

格安SIM初心者必見!大手キャリアとの違いやMVMOの選び方を解説-h3
出典元:UQ-mobile

UQ-mobileはauの回線を利用しています。そのためauからは端末を変えることなく乗り換えが可能です。また、au回線を利用したMVNOの中では速度スコアが一番高く、自社回線を持つY!mobileに匹敵する通信速度です。
無料通話のプランに力を入れており、データ通信量と組み合わせてニーズに合わせた契約が可能です。

おすすめの料金プラン

『音声付き データ高速プラン』

  • 月額料金 1,680円
  • データ通信量 3GB
  • 通話あり
  • 最低契約期間 1年
  •  

通話機能込みのデータ高速通信量3GBのプランです。UQ-mobileの通信速度を一番感じやすいプランと言えます。データ高速プランにはもう一つパターンがあり、そちらは通信量無制限なのですが、速度制限の明確な規定がない分、通信が遅くなりがちなようです。かけ放題等の通話プランも複数あるので、ニーズに合わせて検討してみるのが良いでしょう。音声付きデータ高速プランは屋内ではWi-Fiを利用し、外出先では速度重視したいというauユーザーの方にもっともお勧めです。

【公式】UQ-mobile

記事内の情報は2019/08/14時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です