「出勤しても仕事がない……」会社で暇になってしまった時の対処法

4 min
転職

暇な時間だからこそできることを探して、解消していきましょう。そしてどうしても改善できないようであれば、転職も視野に入れることをおすすめします。

仕事が暇だとなぜ辛いのか


会社にいるのに暇になってしまうのはとても辛いことです。「仕事がない」という状態を改善するために、まずはどうして暇が辛いのかを理解していきましょう。

何もしていないということは苦痛

そもそも人間は「何もしていない」という状態に慣れていません。何もしていないこと自体が人間にとって、とても苦痛なことなのです。何かしていた方が精神的にはとても楽になれます。
出勤しても暇を持て余し、会社にいながら何もできない状態は、人間にとってストレスになってしまいます。

罪悪感を感じる

周りが働いている中で、一人時間を持て余してしまうのはどうしても罪悪感につながります。特に周囲の目を機にする人が暇な状態に陥ってしまうと、強い罪悪感を覚えてしまうことでしょう。こうした罪悪感もストレスにつながります。

やりがいがない

職場で何もせずにいる時間が長ければ長いほど、仕事に対してやりがいが感じられなくなります。充実感がなく、ただ時間が過ぎていくことを虚しく感じてしまうことも。
暇な時間が増えてくると、どうしても仕事への意欲もわかなくなります。やりがいのない仕事に向かっている状態も精神的にストレスになります。

暇すぎてつかれてしまう

暇な時間が長いと、あれこれネガティブに考え過ぎて逆に疲れてしまいます。一見「何もしないでいること」は疲れないように感じられますが、実は、何もしないということは気持ちの上でとても疲れることなのです。
周囲の目や、自分の時間を浪費することに対する苛立ちでストレスがたまり、会社から帰ってからぐったりとしてしまうのも珍しくありません。

時間がもったいないと感じる

どんなに暇でも職場ではやってはいけないことがあります。そのためやることがなくなってしまうと、ただただ何もせず時間が流れていくのを待つしかありません。そんな時は時間がもったいないと感じてしまうことでしょう。

仕事が暇な原因は自分?それとも会社?


普段仕事をしていると、どうしても暇になってしまうことはあります。けれどもあまりにも長く暇な時間が続くのは問題です。なぜ暇になってしまうのか、原因を探ってみましょう。

自分のこなしている仕事量が少ない

暇になってしまうことの原因は、そもそもこなしている仕事量が少ない可能性があります。能力に対して量が少ない場合、どうしても早く仕事が終わってしまい時間が余ってしまうものです。

仕事に対して受け身

上から言われたことだけをこなしていると、できる仕事も減ってきます。会社の中では受け身にならないようにしましょう。積極的に仕事に取り組むことで、暇になることを防げます。

仕事の割り振りに問題がある

会社内や部署内での仕事の割り振りが偏っている可能性もあります。能力以上の仕事を任されている人が周囲にいませんか?一度全体の仕事の割り振りを見て、改善できるところを探してみましょう。

会社全体の業務量が少ない

季節によって、社内全体で仕事量が減ることがあります。その場合はどうしても社員も暇になってしまうものです。

繁忙期と閑散期の仕事量に大きく差がある

会社によっては、繁忙期と閑散期の仕事量に激しい差があることもあるでしょう。繁忙期に合わせて人を雇わざるを得ないので、閑散期になると人材がだぶついてしまい、暇に陥ってしまう社員が増えてしまいます。

暇な時にこそやっておこう!仕事の効率化を実践する方法


会社の中で暇になってしまったら、より仕事を効率化する方法を考えてみましょう。忙しくなった時に多くの仕事をこなせるようになり、社内での評価アップにもつながります。

マニュアルを作る

仕事の中でマニュアル化できるものがあれば、暇なときに作ってしまいましょう。新しく仕事に加わった人にも伝わるようなマニュアルを作れば、周囲からも重宝されます。仕事がより効率化でき、全体の生産性も上がります。

効率アップの企画書を作る

全体の流れの中で効率アップできるところを探し、改善できるところをまとめた企画書を作ってみることもおすすめです。仕事がよりスムーズに進むようになります。

パソコンの中身整理をする

暇な時は自分のパソコンの中身を整理してみましょう。必要なくなったファイルを削除したり、フォルダ分けをすることで、忙しくなった時にスムーズに必要なファイルを見つけられます。

メールボックスの整理、設定見直しをする

仕事をする上で、メールボックスの整理は欠かせません。しかし忙しい時はどうしてもないがしろにしがちです。暇になった時はメールボックスの整理や設定を見直しましょう。

スキルアップをする

暇な時に、仕事上で必要なスキルを身につける努力をするのもおすすめです。資格の勉強をしたり、会社が提供するサービスについてより深い知識を身につけるようにしましょう。

情報収集をする

より仕事の流れをスムーズにし、生産性を上げるために、必要な情報を集めてみてはいかがでしょうか。仕事に関係のある世の中の流れや、トレンド情報を集めることで、いざという時に力を発揮できる可能性が広がります。

仕事が暇なことに耐えられなくなったら


以上のような工夫をしても、それでも暇になってしまうこともあります。暇な苦痛を和らげるための工夫も、仕事の上では必要です。

気分転換に席を立ってみる

デスクに向かいながら暇な時間を持て余すのはとても苦痛です。一旦席を外して、職場から距離を置くことで頭がすっきりとするでしょう。仕事の中での新しいアイディアが湧いてくるかもしれません。

部署の異動を申し出る

自分に合わない部署にいると、暇になりやすいです。暇な時間が多い場合は、相性が悪いことが考えられるので、部署異動を申し出てみましょう。部署が変わると新しい仕事を覚えるために暇な時間がなくなります。

転職も視野に入れてみる

そもそも会社との相性が悪いと勤務時間中暇に陥りがちです。相性の悪い会社に勤めていてもストレスになるだけなので、転職も考えてみましょう。

オススメの転職エージェント


仕事との相性が悪いことによって引き起こされる暇は、転職によって解消できます。以下の転職エージェントを利用して、より充実して働ける場所を探してみましょう。

リクルートエージェント

転職を考える人がまず登録すると言われているエージェントサイトです。業界最大手ならではの、豊富な求人が揃っています。希望する業界の求人がすぐに見つかるでしょう。
リクルートエージェント

doda(デューダ)

キャリアアドバイザーがとても親身に対応してくれる転職エージェントです。イベントも数多く開催しており、求人数も多いので、自分の希望する職種への転職ができる可能性が高いです。
doda

仕事中の暇を活用して生産性アップをはかろう


職場で暇になってしまった時は、より効率よく仕事ができる方法を探したりスキルアップのための努力をしましょう。どうしても暇から抜け出せる見込みがない場合は、転職も視野に入れることをおすすめします。工夫をすることで、より充実した働き方ができるようになりますよ。
 
 ]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です