クラウドワークスが副業におすすめの理由【徹底解説】

5 min
ブログで稼げない人はライターもおすすめ

今年に入り副業する人が増えてきている中で、「クラウドワークス」を利用する人が増えてきています。

もちろん、ランサーズや他の媒体を使っている方もたくさんおられますが、その中でもクラウドワークスは圧倒的な人気を誇っています。

もしも使う媒体を誤って全然儲からないということがあったら嫌ですよね、、。

ということで今回は副業を始めたいけれど何を利用したらいいか分からないという方に向けてクラウドワークスの魅力を徹底解説したいと思います!

この記事で分かること
  • クラウドワークスの特徴
  • クラウドワークスをおすすめする理由
  • クラウドワークスをおすすめする人

そもそも「クラウドワークス」って何?

クラウドワークスは企業とフリーランスをつなぐマッチングアプリ

クラウドワークスとは、簡単に言うと、「仕事を代わりにしてほしい企業や個人を仕事をしたい個人を繋げるサービス」のことを指します。

クラウドワークスは登録者数が国内最大で、クラウドソーシング媒体として今最も日本で信頼度が高い媒体です。

私はクラウドワークスもランサーズも両方利用していますが、正直クラウドワークスの方が操作も取引もしやすいです。

しかも、今日本で一番使われているクラウドソーシング媒体ということで、たくさんの方が使われているので、ランサーズよりも仕事が受注しやすいのも特徴です。

クラウドワークスでできること

ということでクラウドワークスを使ってどんなことができるのか、表にまとめてみました!

システム開発

アプリ・スマートフォン開発

ハードウェア設計・開発

ホームページ制作・Webデザイン

デザイン

ライティング・記事作成

ネーミング・アイデア

翻訳・通訳サービス

ECサイト・ネットショップ構築

サイト運営・ビジネス

事務・ビジネスサポート・調査

カンタン作業

写真・画像・動画

3D-CG制作

音楽・音響・BGM

プロジェクト・保守運用メンバー募集

引用元:クラウドワークス

こんなにもあれば自分が副業としてやってみたいことが見つかりそうですよね!ということで具体的にこれらはどんな仕事をするのか、一つずつ説明していきますね!

システム開発

システム開発とは、電子機器の制御システムや、企業における業務システムをプログラミングにより設計することを言います。

エンジニアさんにおすすめです。

アプリ・スマートフォン開発

これは言葉通り、アプリやスマートフォンのシステムをプログラミングによって開発するものです。

これもシステム開発と同様に経験者やエンジニアさんにおすすめです。

ハードウェア設計・開発

ハードウェア設計・開発とは、シンプルにパソコンやスマホなどの「機械そのもの」を開発するものを指します。

これは相当技術のある人にしか向かないと思うので、あまり副業に向いていないと思います。

ホームページ制作・Webデザイン

これは、ホームページや企業のwebページをHTMLを用いてデザインするものです。

私の感覚ですが、プログラミングの中でもこれが一番初心者でも始めやすいんじゃないのかなと思います。

なので、「駆け出しエンジニアとして副収入を得たい」という方やプログラミング初心者の方におすすめです。

デザイン

デザインといってもいろんな種類がありますが、主にクラウドワークスで取り上げられているデザインの依頼は、一番多いのは企業のロゴデザインだと思います。

でもその他にイラスト、ポスター、漫画などもあります。

自分の絵に自信があるという方にはとてもおすすめです。

ライティング・記事作成

これは、クラウドワークスの中でも一番利用されていると言っても過言ではなのではないでしょうか。

主な仕事内容は依頼主のキーワードのご要望に沿ってネット上の記事を書く仕事です。

SEOの知識が必要ですが、ちゃんと勉強すればある程度は稼げるようになります。

ネーミング・アイデア

これは、言葉通り案件についてのアイデアを提示して採用されたら報酬をいただくというものです。

これはもし採用されなかったら報酬がゼロになりますので、自分の発想力に死ぬほど自信がある、という方ならそれなりに稼げるかもしれませんが、

必ず稼げる、というわけではないのであまりおススメはできません。

翻訳・通訳サービス

これは依頼された記事や音声を元に日本語に翻訳したり、依頼言語に翻訳するものです。

何か英語に関しての資格を持っていたりした方が仕事が受注しやすいので、この仕事で稼ぎたいのであれば、英検やTOEICの勉強は必須です。

しかし、高額な案件もたくさんあるので、英語で稼ぎたいという方にはおすすめです。

ECサイト・ネットショップ構築

これは、新しく何かを始めたい企業のECサイト・ネットショップをプログラミングするものです。

ホームページ制作・Webデザインとは違って、一から自分で作るのが特徴です。

これもプログラミングの一種なので、エンジニアさんにおすすめです。

サイト運営・ビジネス

これは依頼を受けた企業のサイトを運営したりして、企業のビジネスに携わるものです。

ビジネス経験のある方やサイトを利用したビジネスに興味のある方におすすめです。

事務・ビジネスサポート・調査

事務・ビジネスサポート・調査はその言葉の通りです。ExelやWordが使えたらできる仕事が多いので、副業始めたての方はこの仕事から始めてみてはどうでしょうか。

カンタン作業

これは、アンケートやアプリのレビューを書くなどの誰でもできる簡単な仕事です。

まずはこの仕事から始めてクラウドワークスの使い方に慣れてみるのもいいかもしれませんね。

写真・画像・動画

これは企業に依頼された内容を元に写真・画像・動画を作成する仕事ですね。

依頼内容によりますが、やはり動画編集が主流になってきています。

動画編集で稼ぐには勉強が必要ですが、慣れたらできるようになると言われています。

そして意外と写真に関する案件もたくさんあるのが特徴です。

写真やYoutubeが好きな人はこの仕事がおすすめです。

3D-CG制作

これは、企業から依頼された画像や動画を3DやCGに変えて製作するというものです。

これはかなり難しい技術が必要なので、副業をこれから始めるという方にはおススメできません。

音楽・音響・BGM

これも音楽に特化している人でないと難しいですね。作曲経験者、もしくは現役の作曲家にはおすすめです。

プロジェクト・保守運用メンバー募集

これは主に企業のプロジェクトに携わる形での仕事になり、ほとんどが時給制です。

内容としましては、主に事務のアシスタントやオペレーションでの対応などです。

時給は700円~3,000円までがほとんどで、ピンキリって感じです。

時給制で働きたいという方にはおすすめです。

クラウドワークスとランサーズの違い

ここで、クラウドワークスが他のクラウドソーシング媒体と何が違うのか、気になった方もたくさんおられると思いますので、紹介していきます。

クラウドワークスのほかに有名なクラウドソーシング媒体といえばランサーズですよね。

ということで今からクラウドワークスとランサーズの違いを徹底解説していきたいと思います。

案件数の違い

これは一番顕著な違いなんじゃないのかなと思います。

確かにランサーズにもたくさんの案件がありますが、やはり圧倒的にクラウドワークスの方が案件が多い印象があります。

認知度の違いからくるものだと思いますが、やはりクラウドワークスの方が仕事がつかまえやすい印象です。

案件の質の違い

案件の質についてですが、これもクラウドワークスの方が圧倒的に良質です。

私は両方を活用していますが、クラウドワークスよりもランサーズでのトラブルの方が正直多いです。

なので、副業始めたての方はまずクラウドワークスからやって、なれてきたらランサーズという形が望ましいかと思います。

手数料の違い

手数料に関しては、どちらも同じくらいでした。

契約金額によって手数料が異なり、契約金額の5%~20%かかります。

知名度の違い

今日本で一番使われているクラウドソーシング媒体はクラウドワークスです。

ランサーズの利用者も増えているのですが、クラウドワークスはランサーズよりもたくさん広告を打っていますので、ランサーズよりも登録者がぐんぐん伸びていくと予想されています。

案件の進め方の違い

これは日々私が感じていることなのですが、圧倒的にクラウドワークスの方が仕事が進めやすいです。

クラウドワークスは仕事を受注し、契約を済ませ、契約を終了するまでの操作も簡単ですし、

操作が完全にテンプレート化されているので本当に仕事がしやすいです。

一方でランサーズは仕事の受注の仕方により違うところから入って操作しなければならないことが多く、正直めんどくさい作業がクラウドワークスより多いです。

契約を取り消すなどのあまり普段から使用しない操作もクラウドワークスは簡単にできるのですが、

ランサーズはクラウドワークスよりひと手間かかる、という印象です。

初心者はクラウドワークスから始めよう

結論ですが、結局クラウドワークスは初心者にめっちゃおすすめです。

サポートもしっかりしていますし、あまり発注者側とトラブルになることも少ないので、安心して作業したいという方におすすめです。

そして、何をするにしても、クラウドソーシング媒体で稼ぎたいならまずは「実績」が必要です。

実績ができたらその分仕事が受注しやすくなるのがクラウドソーシング媒体の特徴です。

実績を積むには、案件がたくさんある媒体を選んだ方がいいですよね。

ということで、ほとんどすべての面で、クラウドワークスは日本国民から絶大な支持を得ています。

これから利用者もさらに増えると予想されますので、この記事を見た方はすぐにクラウドワークスに登録をしましょう!

まとめ

以上がクラウドワークスがおすすめな理由でした!

ここまでたくさんのことを説明してきましたが、一番大事なのは行動することです!

行動を起こしながら壁にぶちあったらその都度調べたりして、自分の副業スキルを確実に上げていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です