話題のドラマ『節約ロック』はどんな作品?笑いながら貯金を目指そう

3 min
コラム

KAT-TUN 上田竜也主演ドラマの『節約ロック』とは?


KAT-TUNの上田竜也主演の『節約ロック』は、漫画家・大久保ヒロミの同名の漫画を原作としたドラマです。原作者の大久保ヒロミは会社勤めや子育て、家事などで忙しい現代の女性から多くの支持を集めています。
大久保ヒロミの代表作は『人は見た目が100パーセント』などが挙げられます。刺激的なタイトルと内容に多くの人が興味を持ち、面白さに夢中になります。
『節約ロック』も浪費グセがある30歳のサラリーマンが主人公。彼の将来性に呆れて別れを告げた元カノだけでなく、物語を彩る登場人物、そして浪費グセのを改善しようと奮闘する主人公に読者は共感してしまいます。

ドラマ『節約ロック』のあらすじ


原作の漫画では2018年の段階で1巻目のみが刊行されています。上田竜也主演のドラマの中では原作とはまた違った楽しみ方ができるでしょう。
ロックを愛している30歳のサラリーマンである、上田竜也演じる松本タカオは同棲していた彼女に散財グセを呆れられ、別れを告げられてしまいます。同時にバンド仲間から次々に衝撃の事実を告げられます。
今までどんなに散財しても「節約なんてロックじゃない」と強気だった彼は、彼女に振られてから一念発起して節約を始めることにしました。今までの考え方を改めて、「節約はロックである」と思うようになり、節約に励みます。
自分以外の男と元カノがいい感じになりつつあることに焦りながらも、節約を成功させて元カノを取り返そうと奮闘する男性の姿がドラマの中では描かれています。

ドラマ『節約ロック』のキャスト


ドラマ『節約ロック』には魅力的なキャストが集結しています。出演するキャストを以下でご紹介しましょう。

上田竜也/松本タカオ役

上田竜也は男性アイドルグループKAT-TUNのメンバーである一方で、俳優や歌手としても活躍する人物です。テレビで見た今井翼に憧れ、自らジャニーズ事務所に履歴書を出して所属を決めました。
彼が演じる松本タカオは散財グセがあり、そのクセのために3年付き合っていた彼女に振られてしまいました。それまで節約とは無縁の生活をしていましたが、改心して節約を始めます。
しかし二面性のある人物でもあるので、心の中での葛藤は多いキャラクターです。

重岡大穀/稲葉コウタ役

重岡大穀は上田竜也と同じくジャニーズ事務所に所属しており、男性アイドルグループ、ジャニーズWESTのメンバーの一人です。他にもタレント、歌手、俳優としても活躍しています。
『節約ロック』の中ではタカオの恋のライバルである稲葉コウタを演じています。タカオとは真逆の節約のプロでありながら、爽やかなイケメンである彼はタカオにとって強力なライバルです。

藤井美菜/大黒マキコ役

藤井美菜は女優として活躍している人物です。アメリカで生まれ、その後日本に帰国しました。慶應義塾大学を卒業しています。
ドラマの中では大黒マキコ役としてタカオの元カノを演じています。現実主義者であり、結婚願望もある彼女はタカオの散財グセに呆れて別れを告げました。そして節約も上手で、イケメンでもあるコウタに少しずつ惹かれてしまいます。

アヤカ・ウィルソン/椎名リン役

アヤカ・ウィルソンはカナダ出身のファッションモデルで、他にも女優、タレントとしても活躍しています。ヒロインを演じた『パコと魔法の絵本』が高い評価を受け、2009年日本アカデミー賞では日本アカデミー賞新人俳優賞を歴代最年少で受賞しました。
ドラマの中では椎名リン役を演じています。タカオの会社の後輩であるリンはIT企業の社長であるアメリカ人の父を持つお嬢様です。節約とは程遠い生活をしています。
さらにハードなミュージシャンが好きなこともありタカオに接近を目論んでいるとか。

くっきー(野性爆弾)/ロックの神様役

くっきーはお笑いコンビ野性爆弾のボケ担当の人物です。高校生の頃は学校で生徒会長を務めるほどの人気者でした。SNSでも話題になり、独特なアドリブが人気です。
作品の中ではタカオの心の中に住むロックの神様の役を演じています。毎回ざまざまなロックスターの姿に扮してどこからともなく現れ、ロックの格言とともにタカオにアドバイスを授けます。

宇梶剛士/桑田ケイゾウ役

俳優やタレントとして活躍する宇梶剛士。人生の酸いも甘いも嚙み分けていそうな外見とエピソードが人気を集めています。
ドラマの中では個人事務所を開いて自らビジネスを起こしている桑田ケイゾウ役を演じています。かなりの浪費家であり、作中でしばしばタカオに「自分に投資しろ」と説くことがあります。

ドラマ『節約ロック』の見どころ!


挫折者も多い節約を、コミカルに楽しく描いているところが『節約ロック』の見どころです。主人公や登場人物に共感しながらも、節約の方法を学べます。
ドラマを見ていると、視聴者も節約ができそうな気持ちになれます。節約に対して前向きな気持ちにさせてくれる作品です。

『節約ロック』から学ぶ!タカオと稲葉の節約術


たくさんの節約術を『節約ロック』の作品からは学べます。これから節約をしたい人や、今までに何度も挫折した人も参考にしてみてはいかがでしょうか?

交際費を節約する

交際費を節約するために飲み屋代の工夫をしようとしたタカオは、店に入る前にコンビニの食材で腹を満たしておこうと考えました。
しかしライバルの稲葉は事前に何も食べることなく飲食代を1240円に収めてしまいます。
飲食店の覆面モニターとして食事をすることで60%オフの金額で食事ができることや、エボスカードと呼ばれるお得なカードを駆使して稲葉は交際費を節約します。

被服代を節約する

タカオはドラマの中で服に節約毛玉取りを施したり、色落ちした服を染め直すなど「服のリサイクル」を徹底しようとします。そんなときにSNSでミニマリストの生活を発見し、真似することを決意しました。
安い服を何着も持つよりも、少し高価であっても質のいい服が10着用意した方が節約になると言われています。『節約ロック』の中でも質のいい服を購入することで被服代を節約する方法が紹介されています。

医療費を節約する

風邪をひいてしまったタカオは、医療費を節約するために民間療法に挑戦しようとします。しかしどうしても治らず、困ってしまいました。そんなときに恋のライバルであり、節約上級者であるコウタに見つかります。
コウタは町の小さな病院にタカオを連れて行き、お薬手帳の発行や、院外の薬局の利用、クレジットカードでの医療費の支払いなど、医療費の節約方法を伝授しました。

『節約ロック』で楽しく節約しよう


どうしても無理をしたり頑張らなければならないなど、考えるだけでも気が重くなってしまう節約。しかし『節約ロック』はそんな節約のイメージを大きく変えてくれます。
ときには悩むこともありながらも、ちょっとした工夫の積み重ねでお金が貯まっていくことを、『節約ロック』は視聴者に教えてくれることでしょう。
番組の中で紹介されている節約術を駆使して、楽しみながらできる節約を始めてみませんか?]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です