「男の乾燥肌が治らない…」とお悩みの方へ|原因・対策・正しいケアの方法を解説

9 min

乾燥肌の対策をしているけど治らない…
乾燥肌のせいでどうしても自信が持てない…

上記のように、「乾燥肌が治らない…」とお悩みの男性の方も多いのではないでしょうか。

最近では、男性でも肌のケアをすることが多くなってきていますが、その中でも乾燥肌はいまでも多くの男性の悩みの種となっています。

乾燥肌を治すための情報はネットでも多くみられますが、その中でも自分に合った方法を探すのが大変だと感じる男性もいるでしょう。

そこで、本記事では「乾燥肌が治らないと悩んでいる男性」へ向けて、以下の内容について詳しく解説していきます。

乾燥肌に影響を及ぼす肌のバリア機能とは?

乾燥肌を治すために意識しなければいけない要素として「肌のバリア機能」が適切に働いているかどうかというポイントが挙げられます。

肌のバリア機能とは、肌の表面にある0.02mmの角質層のことを表し、下記の3つの成分から構成されています。

  1. NMF(天然保湿因子):角質内の水分を保持し潤いを保つ役割をもつ
  2. 細胞間脂質:角質細胞間でバリア機能を維持するために必要
  3. 皮脂膜:皮膚表面を覆い、水分の蒸発を防ぐ役割を持つ

上記の3つのバリア機能を担っている角質層は、外部からの刺激から肌を守り、体内の水分を逃さないための機能を備えているため、どの要素が不足してもいけません。

乾燥肌を治すためには肌のバリア機能を適切に働かせるために、角質層を傷つけず、機能を補助する行動をすることが必要になってくるでしょう。

男性の乾燥肌が治らない6つの原因

「乾燥肌になってから対策をしているのに一向に治る気配がない」

「対策をしているはずなのに、なぜか乾燥肌が悪化してしまっている」

乾燥肌で悩んでいる方の多くは、洗顔やスキンケアなどの対策をしているかと思います。

ですが、「それでも乾燥する」「悪化した」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

乾燥肌は誰でも共通する原因もあれば、男性と女性で違う理由で発症している可能性もあります。

女性と違い、男性は普段からスキンケアに慣れていない方が多く、間違ったケアをしてしまっています。

そのため、「乾燥肌が治らない…」ということもあるでしょう。

そこで、本項では、男性の乾燥肌が治らない6つの原因について詳しく説明していきます。

今回紹介する原因を自身の生活にあてはめて考えることで、乾燥肌が治らない原因と適切なケアの方法をを知ることにつながるので、参考にしてみてください。

1.髭剃りによる皮膚のダメージ

男性の場合、髭剃りを習慣的に行っているという方も多くいます。

”髭を剃る”という行為自体、清潔感を保つために必要不可欠ですが、実は肌への負担も大きい行為です。

髭剃りのやり方によっては肌の角質を傷つけてしまい、肌荒れや肌のバリア機能を低下させることで、乾燥肌を悪化させることにつながります。

髭剃りの際に下記の行為をやっていないかチェックしてみてください。

【乾燥肌につながる髭の剃り方】

  • シェービングクリームを付けずに髭を剃る
  • 切れ味の悪い剃刀を使って剃っている
  • 髭を剃る時に深剃りするために肌に擦り付けて剃っている
  • 逆剃りを何度も行っている
  • 髭剃り後の肌のケアをしていない

上記のように、肌に負担のかかる髭剃りを行っている方の場合、乾燥肌が悪化してしまい治らないということもあるので気をつけましょう。

◎肌に優しい髭剃りの方法は「継続的な肌のケアと正しいケアの方法」を参照

2.過剰な洗顔による皮脂の減少

肌のケアを意識している方の中には、毎日洗顔を行っているという方もいるでしょう。

洗顔をすることは、肌を清潔に保つために必要不可欠ですが、間違ったやり方をしてしまうと、皮脂の現象により乾燥肌を悪化させてしまうことにつながります。

特に男性の場合、無意識にやってしまっていることが多いので、以下のポイントに当てはまっていないか注意するようにしましょう。

【間違った洗顔の方法】

  • 40度前後の熱いお湯で洗顔をしている
  • 洗顔をする際に肌に擦り付けるように洗っている
  • 泡を顔にのせてからすすぐまで2分以上かかけている
  • 顔を拭く時にタオルで擦って拭いている
  • 1日3回など高頻度で洗顔をしている

上記の洗顔の間違いは、肌への負担を増やしたり、必要以上に皮脂の減少を招いたりしてしまい、肌のバリア機能の低下につながります。

そのため、正しい洗顔の方法を知り、肌のバリア機能を保持するための方法について知ることが乾燥肌を治す重要なポイントになるでしょう。

◎正しい洗顔の方法は「継続的な肌のケアと正しいケアの方法」を参照

3.自分の肌にに合わないケア

洗顔料・ボディーソープ・化粧水・保湿クリームなど、肌のケアをする場合、肌に合わない製品を使い続けていると、逆に乾燥肌を悪化させてしまうことがあります。

また、乾燥肌以外にもニキビや肌荒れなどの肌トラブルを招くこともあるため、肌にあっていない製品を使っていないかどうかを確認する必要があるでしょう。

【製品が肌に合わない 例】

  • 洗浄力の強いシャンプーを使ってしまったため不毛がでてしまった
  • 保湿力の強い保湿クリームを使ったことでおでこにニキビができてしまった
  • 化粧水やボディーソープが肌に合わず、かゆみ・発疹・かぶれがでてきた

同じ人間でも、顔周り・頭皮・ボディなど、体の部位により肌に合うかどうか異なることもあります。

そのため、肌の乾燥状態や皮脂の多さ、アレルギー症状の有無などに応じて、肌の状態に合わせた化粧品の選択やケアを行っていくと良いでしょう。

◎肌の状態に合わせたケアの方法は、「肌の状態に合わせたケア」を参照

4.ストレスや睡眠不足などの生活の質の低下

日常のストレスや睡眠不足・食生活など、生活の質が低下していることも肌あれば治らない原因の一つとして考えられます。

乾燥肌を正常の肌にするためには、保湿以外に皮膚の新陳代謝であるターンオーバーを正常に行う必要があり、ターンオーバーを正常に行うためには、ストレスケアや良質な睡眠・食事が必要不可欠です。

そのため、日常の生活で下記のような症状や習慣がある場合は、生活習慣の乱れによる影響が原因で乾燥肌が治らないということも考えられるでしょう。

【ストレスや生活習慣が及ぼす影響 一例】

  • 過度なストレスによる体調不良
    →自律神経の乱れが原因でターンオーバーの乱れに影響を及ぼす
  • 慢性的な睡眠不足
    →睡眠不足によるターンオーバーの乱れに影響を及ぼす
  • 喫煙習慣
    →喫煙により、ターンオーバーの正常化に必要なビタミンCを消費してしまう
  • ジャンクフードに偏った食生活
    →ターンオーバーに必要な栄養素の摂取が不足してしまう

上記以外にも、生活習慣が乱れて質が落ちることで、乾燥肌を改善するために必要な栄養素が不足したり、ターンオーバーが乱れたりすることがあるため注意が必要です。

◎睡眠の質の向上や食生活の改善については、「食事や睡眠などの生活習慣を整える」を参照

5.生活環境が乾燥肌に悪い状態になっている

乾燥肌が治らない原因の一つとして、生活環境が乾燥肌に悪い状態になっているということも考えられるでしょう。

特に、乾燥する時期に加湿しない状態でいることで、肌の水分が蒸発してどんどん奪われてしまい、皮膚の水分が減少によるバリア機能が低下が起こる可能性があります。

また、下記のような状況で生活をしている方は特に注意が必要です。

  • 暖房をつけっぱなしで生活をしている
  • 24時間ずっと換気扇をつけて換気している

上記のように、暖房や換気扇をつけぱなしにしている場合、乾燥状態を招きやすくなります。

そのため、乾燥肌で悩んでいる場合には、部屋の乾燥状態にも気を配り、加湿を行った上で湿度を40〜60%を目処に保つようにすると良いでしょう。

◎部屋の乾燥対策は、「乾燥しにくい環境づくり」を参照

6.加齢による肌のバリア機能の低下

最後に、乾燥肌が治らない原因として考えられるのが「加齢による肌バリア機能の低下」です。

齢を重ねることにより、自然治癒力や自己回復力が衰えてしまうことで、ターンオーバーの周期が長くなる・バリア機能が低下するなどの理由で肌の健康状態を保つことが難しくなる可能性もあります。

そのため、普段からケアをしていない状態で乾燥肌の対策をしたとしても、加齢により肌バリアの機能が低下していることで、効果が出るのに時間がかかってしまっているということも考えられるでしょう。

しかし、加齢により肌バリアの機能が低下した場合でも、正しいケアを続ければ乾燥肌を改善することができる可能性も十分にあります。

次の項では、ここまで紹介した原因と乾燥肌を治すために大切なポイントについて具体的に説明していきましょう。

乾燥肌を治すために必要な4つポイント

ここまで、乾燥肌が治らない原因について詳しく説明してきました。

おそらく、乾燥肌が治らないとお悩みに方の多くは、前項で挙げた原因に該当する方もいたのではないでしょうか。

普段から肌の状態を意識していない男性の場合、肌のケアを心がけるのは大変かもしれませんが、普段から小さなことを習慣にすることで、乾燥肌が改善されることもあります。

そこで、本項では「乾燥肌を治すことにつながるケアの方法」を4つのポイントに分けて解説していきます。

継続的な肌のケアと正しいケアの方法

乾燥肌を改善していくためには、継続的に肌のケアをしていくことが大切です。

しかし、継続的に肌のケアをしていても、ケアの方法が間違っていると逆に乾燥肌を悪化させてしまう可能性もあるため、ここでは正しいケアの方法について詳しく紹介していきましょう。

髭剃りの手順

乾燥肌に優しい髭の剃り方にはどのような手順やポイントがあるのでしょうか。

下記では、「髭剃りの正しい手順」について紹介していきます。

【髭剃りの正しい手順】

  1. 肌を水やぬるま湯で濡らす
  2. シェービングクリームを使って髭を柔らかくする
  3. 肌の剃りやすい部分から順剃りで優しくストロークして剃る
  4. 剃り残した部分を中心に逆剃りをする
  5. アフターローションを使ってケアを行う

髭剃りの時には、上記の手順を意識して、「肌に極力負担をかけない」ようにしましょう。

また、髭剃り自体が面倒だと感じる場合には、「男性用の脱毛クリニック」を利用して、髭脱毛をするのもオススメです。

洗顔方法

正しい洗顔の方法やポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?

【正しい洗顔方法】

  1. 32度から34度程度のぬるま湯で顔を濡らす
  2. 洗顔料を手につけて、洗顔時に肌と手が直接触れない程度の量の泡を立てる
  3. 皮脂のでやすいTゾーン(額・鼻筋・小鼻)に泡をつけて伸ばしていく
  4. 指全体で顔をやさしく撫でるように洗顔する
  5. 洗顔が終わったら、ぬるま湯を手で掬い上げて優しく洗い流す
  6. 洗顔後に、やわらかいタオルで優しく顔全体の水気を拭き取る
  7. 化粧水や保湿クリームを使って保湿をする

【洗顔の際のポイント】

  • 泡立てるときには、市販の泡立てネットなどを使うと効率的
  • 洗顔時には、泡がクッションになっている感覚があるかがポイント
  • 全体を洗顔するときは指先から第二関節を使って洗うことを意識すると良い
  • 髪の生え際やTゾーン(額・鼻筋・小鼻)
  • フェイスラインは洗い残しに注意
  • 水気を拭き取るときには、擦るのではなく顔全体を叩くようにして水分をとる
  • 洗顔後は5分以内に保湿をすると良い

正しい洗顔の方法とポイントを心がけることで、余分な皮脂の汚れを取り除き、化粧水や保湿クリームの浸透を促進することができるため、乾燥肌への有効な対策になります。

また、洗顔は朝1回・夜1回の2回までに抑えることで日中や睡眠中についた肌の汚れを効率的に落とすことができるのでオススメです。

肌ケアの順番やタイミング

化粧水や保湿クリームを塗る順番や適切なタイミングについてご存知でしょうか?

肌のケアを行う場合、ケアの順番やタイミングを間違えると、効果がなかったり、乾燥状態が悪化してしまうこともあります。

しかし、正しいケアを実践すれば、効果的に肌ケアを行うことができるため、順番について紹介していきましょう。

【肌ケアの順番】

  1. 洗顔/シェービング/お風呂などで汚れを落とす
  2. 化粧水を使って肌を保湿する
  3. 乳液・クリームで保湿した水分を逃がさないようにする

肌ケアにおいて、重要なのは「化粧水」→「乳液・クリーム」の順番です。

乳液やクリームを先につけてしまうと、肌が油分で覆われてしまい、化粧水の保湿が効率よく行われない可能性もあるため注意しましょう。

もしも、化粧水やクリームを使い分けるのが面倒という場合には、1本で手間なく肌ケアができるメンズ用のオールインワン化粧品もあるので、利用してみてください。

また、肌ケアのタイミングは洗顔/シェービング/お風呂の後から5分〜10分以内に行うようにしましょう。

洗顔などを行った後の肌は、汚れが落ちている状態である反面、肌を守る皮脂も洗い流し肌が露出している状態でバリア機能も低下しています。

なので、できる限り早く肌を保湿ケアすることが、乾燥肌を防ぐために大切なポイントになります。

肌の状態に合わせたケア

肌のケアを行っていく場合、一人ひとりの状態に合わせて、適切な対処法が変わってきます。

乾燥肌の状態にも下記のように複数のパターンがあるでしょう。

  1. 肌の水分が失われて肌が突っ張っている感覚がある
  2. 乾燥により肌が荒れてしまいカサつきを感じる
  3. 乾燥肌で皮膚が捲れてしまい、粉ふき・不毛がでている
  4. 皮膚にかゆみや湿疹がでており、生活に支障がある

「1〜2」であれば、日常生活で起こる軽度の乾燥肌なため、継続的な保湿などで対応すれば解決することも多いです。

しかし、「3.」の状態になってくると、乾燥肌が治らない原因が大きく影響しており、根本的な原因を探して、継続的なケアをする必要がでてきます。

そして、「4.」の状態になると、皮膚疾患である「乾燥性皮膚炎」が疑われるため、皮膚科の受診も必要です。

そのため、現在の肌の状態がどの程度なのかを見極め、原因を把握して適切なケアをしていくことが、乾燥肌を直すためには重要なポイントになるでしょう。

また、下記参考までに化粧品選びのポイントについて簡単に紹介していきます。

【男性の乾燥肌 化粧品選びのポイント】

  • シャンプー:「薬用シャンプー」や「アミノ酸系シャンプー」を選ぶと良い
  • 化粧水:低刺激でセラミド・ヒアルロン酸・アミノ酸などの成分が含まれている
  • 保湿クリーム:皮脂の状態に合わせてしっとり系・さっぱり系を使い分けるのが良い

※肌質や肌の状態により適切な成分は変わります

上記のように、低刺激で保湿力の高い成分を含む製品を利用すると、乾燥肌の改善への効果が期待できます。

そのため、実際に使ってみて自分に合った製品を見つけていくと良いでしょう。

食事や睡眠などの生活習慣を整える

食事や睡眠などの生活習慣を整えることも、乾燥肌の対策として有効な場合があるため、本項では、「睡眠の質を上げるためのポイント」「乾燥肌に良い栄養と食品」について紹介していきます。

特に、普段からストレスを抱え睡眠不足の状態が続いている方や、食生活が食品添加物や脂質・糖質の多い食事に偏ってしまっている方などは、参考にしてみてください。

睡眠の質を上げるためのポイント

慢性的な睡眠不足は、肌のターンオーバーの乱れを引き起こし、乾燥肌が治りづらい要因になり得ます。

そのため、睡眠の質を上げることは重要なポイントになるでしょう。

では、睡眠の質を上げるための方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

【睡眠の質を上げるためポイント】

  • 食事は寝る前の3時間前までに済ませておく
  • 入浴は寝る前の2時間前までに済ませておく
  • 室温は暑すぎず・寒すぎずで15〜20度程度の室温を保つ

その他にも睡眠の質を上げるための方法は複数ありますが、今回は簡単に取り入れることができるものを挙げました。

食事や入浴のタイミングは、意識することですぐに改善できる部分で、室温もエアコンの調整をすることで、適切な温度に調整しやすくなるので意識してみると良いでしょう。

乾燥肌に良い栄養と食品とは?

乾燥肌の原因として食生活の偏りによる栄養不足も一つの要因として考えられていますが、身近な食品からも必要な栄養素を取り込むことは可能です。

そのためには、まず必要な栄養素と食品がどのようなものがあるかについて知ることが大切なので、説明していきましょう。

【乾燥肌に効果的な栄養素と食品】

  • ・ビタミンA:肌細胞の生成を助ける栄養素で乾燥肌の改善にも役立つ
    →卵(黄身)・緑黄色野菜 etc..
  • ・ビタミンB群:皮脂ランスの調整や肌のターンオーバーを整える
    →レバー・納豆・マグロ etc..
  • ・ビタミンE:血行促進による肌の新陳代謝を促す
    →植物油・ナッツ類 etc..

上記以外にも、肌に良い栄養素は多くありますが、乾燥肌に影響のある栄養素というポイントで紹介しました。

食事は人間が生成できない栄養素を補給する役割もあるため、非常に重要な役割を担っています。

しかし、日頃からカップラーメンなどの食品添加物の入った食品ばかり食べていると、栄養素に偏りがでてしまい、肌トラブルを招くこともあります。

そのため、食生活が偏っていると感じる方は、今回挙げた栄養素や食品を中心として、積極的に栄養素を摂取していくと良いでしょう。

乾燥しにくい環境づくり

乾燥肌の原因として考えられることの一つが、室内の乾燥による影響でした。

家などの生活環境が乾燥しがちな状態な場合、適度に保湿をしなければ肌の水分が蒸発して奪われてしまう状態が続きます。

そのため、加湿器を購入して保湿できる状態にして肌を乾燥から守るなどの対応をすると良いでしょう。

また、「加湿器を購入するとお金もかかるしカビも心配」という方もいると思うので、加湿器を使わない乾燥対策として下記の方法を試してみるのも良いでしょう。

【加湿器を使わない乾燥対策】

  • ・濡れタオルと水桶を活用して加湿する
    →濡れタオルを干して、タオルの端を水に入れた水桶に浸すことで継続的に加湿する
  • ・植物の蒸散を活用して部屋の加湿をする
    →植物を部屋に置くことで、蒸散という作用を利用して空気中の水分量を増やす
  • ・マスクを活用して部分的に保湿をする
    →自身の呼気に含まれる水分でマスクの中を加湿して、部分的に乾燥を抑える方法

まとめ

以上、乾燥肌が治らない男性に向けて、乾燥肌の原因と具体的な対策について説明してきました。

本記事の内容をまとめると下記の通りです。

  • 乾燥肌の改善には「肌のバリア機能」が適切に働いているかどうかが大きく影響する
  • 乾燥肌を治すためには、普段の生活の中で何が原因かを正しく把握することが重要
  • 乾燥肌を治すためには、正しいケアの方法や対策を知っておくことが大切

乾燥肌を治すためには、原因を正しく把握し、適切なケアを行うことが大切になります。

そのため、本記事の内容を読んで、男性の乾燥肌の悩みを解決する参考にしてもらえれば幸いです。

また、乾燥肌の原因や対策にも、さまざまなものがありますが、対策を講じても治らない場合は、早めに皮膚科の受診をすることをオススメします。

関連記事