ふるさと納税のhis旅行券は今後復活する?

3 min
税金

ふるさと納税で金券が消える?現在実施されている地域は?

2019年5月最新!ふるさと納税でhisの旅行券はもらえる?

2019年5月最新!ふるさと納税でhisの旅行券はもらえる?
ふるさと納税で人気が高いのが旅行券やギフト券です。全国どこでも使える点、返礼品と魅力があったのですがご存知の通り、返礼品で金券やギフト券を扱うことが難しくなってきました。
そんな中hisの旅行券をもらえる自治体があるのかまとめていきます。多くの自治体で人気だったhisの旅行券また過去に行われていたキャンペーンも合わせて紹介します。

現在his旅行券の返礼品はなし

過去にHIS旅行券を取り扱っていた自治体は佐賀県みやき町です。残念なことに2019年3月31日をもってキャンペーンは終了しました。
6段階の寄附金額が選べ還元率も30%と高く設定されていました。ふるさと納税から金券が消えてしまうのではないかと当時から心配されていたこともあり注目を集めました。このキャンペーンがラストチャンスになるかもという不安通り、これ以降his旅行券がふるさと納税から消えてしまいました。
多くの旅行会社が扱う金券やギフト券が徐々に姿を消していったのです。

  • 有効期限がない
  • 使用できる枚数に限りがない
  • 当時Amazonギフト券2%還元を行っていた

など豪華な内容だったようです。
こちらが当時行われていたふるさと納税になります。
寄附金額自体も高額ですが還元率も同時に高く設定されています。さらにAmazonギフト券2%還元キャンペーンも同時に行っていたので、相当な寄附金額が集まったことが容易に想像できます。
有効期限がないので、いつでも好きな時に使えること、配当が高い点が今となっては羨ましいと言えます。寄附金額別の配当は以下です。

寄附金額 ギフトカードの額 還元率
10万円 3万円 30%
20万円 6万円 30%
30万円 9万円 30%
40万円 12万円 30%
50万円 15万円 30%
100万円 30万円 30%

還元率が高すぎた?旅行券の返礼品は減少傾向に

ふるさと納税から金券やギフト券が減少している理由は2つ挙げられます。

  • 返礼品の価値を寄附金額の30%以下に留める
  • ペナルティを受けるとふるさと納税に参加できなくなる

という決まりが2019年6月から施行されるためです。また高すぎる還元率を総務省が問題視したことも原因です。
2019年の12月辺りからだんだんと金券などが少なくなり、今ではほとんど見かけることがありません。具体的にはAmazonギフト券、旅行券など現金化が簡単な返礼品がなくなっている現状があります。
逆に未だ取り扱いがあるギフト券にはサーティーワンアイスクリームやリンガーハットグループなどがあります。その他、特定の地域で使える感謝券や宿泊券などは問題なく取り扱われています。

最新版!人気旅行会社の旅行券返礼品現状まとめ

最新版!人気旅行会社の旅行券返礼品現状まとめ
かつては旅行券や金券などをふるさと納税として扱っていましたが、現在の状況はどんなものなのでしょうか?改めて調べていきたいと思います。
ふるさと納税の中でも旅行券が人気だったJTB、日本旅行、近畿日本ツーリストの現状を説明します。現在のところふるさと納税で旅行券を扱っているところは確認できませんでした。
やはり総務省による審査が厳しくなっている影響でしょう。金券などの返礼品なども同様に見られなくなっているようです。

現在返礼品としての扱いはなし

日本旅行は過去に還元率50%の返礼品を取り扱っていました。還元率50%という数値は今では考えられないほど高い数値です。
それだけでなくAmazon券も配布されるなど得しかしないキャンペーンを開催していましたが、残念柄2019年1月31日で終了となりました。

  • 2万円~200万円という種類の多さ
  • 還元率が50%と高い点が特徴です。
寄附金額 ギフトカードの額 還元率
2万円 1万円 50%
 5万円  2万5,000円  50%
 10万円  5万円  50%
 50万円  25万円  50%
 100万円  50万円  50%

現在his旅行券を取り扱っている自治体は確認できていません。感謝券や商品券などではありますが、旅行会社が行っているふるさと納税はなくなったようです。

今後ふるさと納税の旅行券の復活は?

今後ふるさと納税の旅行券の復活は?
今後ふるさと納税での旅行券の復活は難しいでしょう。
人気の商品でしたが還元率が高すぎる点、自治体同士の過激な返礼品などが問題視されたので今後の見通しは今のところ分かりません。
人気が高く名残惜しい消費者の声が集まれば別の形で復活する可能性はあります。
ふるさと納税が問題視されたポイント
ふるさと納税は住んでいる地域以外にも納税することができます。そのため還元率がより高い、高額商品が多い地域にお金が流れてしまう傾向にあります。現に大阪府泉佐野市ではその点が問題になりニュースでも度々取り上げられました。
ふるさと納税のお金が田舎までいかずに一点に集中してしまったことが最大の問題と言えます。
地元の名産品以外の商品
ふるさと納税の多くは、地元の名産品であったり地元と結びつきが強い企業の製品である場合が多いです。 しかし、地元とは関係なく高額な商品を取り扱う自治体が増えてしまったことも原因です。
自治体によってふるさと納税で集まる金額は違います。集まった自治体はさらに寄附金額を集めようと客寄せパンダのような戦法に打つのは目に見えています。
ふるさとを応援するためのシステムなのに格差が広がり、さらにその原因が地元とは関係のない商品なら、問題になることが目に見えています。
適切なふるさと納税だと寄付が減る
ふるさと納税に問題があるものの高額な商品や還元率のいいものは、みんなが欲しくなるのも無理はありません。 高額な商品はふるさと納税に適さないと問題になってから、確かに金券や旅行券の割合は減りました。
これで適切なふるさと納税ができると思いきや、寄附金額自体が減ったという結果が出ています。
制度自体が危ぶまれている点、きちんと自分の配当が貰えるのかが不安な点などが挙げられますが、やはり高額商品に引き寄せられるものがあったと言えます。
2019年6月の動向に注目
6月から始まるルールから外れてしまうと、ふるさと納税自体ができなくなってしまいます。
一方的にルールが変わって自治体や消費者も大変な混乱に見舞われました。 これから新たなルールによりまた旅行券が復活するかもしれません。もしかしたら旅行券に変わるサービスの開始がされる場合もあります。
hisや日本旅行、近畿日本ツーリストなどの人気旅行会社の復活が待ち遠しいですが今は結果を待つほかないようです。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です