【初心者向け】ふるさと納税のやり方は?わかりやすい確定申告も!

5 min
税金

始める前に知っておきたい!ふるさと納税の基礎知識

始める前に知っておきたい!ふるさと納税の基礎知識
ふるさと納税を始める前に、ふるさと納税の目的や仕組み、メリットやデメリットをある程度は抑えておきたいところです。なぜふるさと納税がお得だと言われているのか、なぜ始めた方が良いのかなどをわかりやすく解説します。

仕組みや目的は?そもそもふるさと納税とは

ふるさと納税の目的は地域の活性化です。人口が減少すると税収も減収していくため、公共事業費や社会保障費に回せず地域一帯の過疎化が進んでしまいます。そこで、本来であれば居住地を管轄する税務署や自治体に収める所得税や住民税を、ふるさと納税を活用して違う地域に納税しようという制度です。これにより税収が上向く形となり、過疎化が進む地域を日本全体で盛り上げることができるようになるのです。

ふるさと納税のメリット

本来寄付といえば現金を募金するか振り込むかの2択のみでしたが、ふるさと納税では多種多様な決済方法で寄付をすることができます。

  • 銀行振込
  • 郵便振替
  • コンビニ決済
  • 納付書払い
  • 現金書留
  • クレジットカード決済
  • 携帯キャリア決済
  • Amazon Pay
  • ネットバンク決済
  • 自治体へ直接持参

上記以外の決済方法を用意しているポータルサイトもありますが、基本的に10以上の決済方法から選べるという柔軟性の高さが特徴です。クレジットカードで決済をおこなえば、クレジットカードのポイント、返礼品、ポータルサイト利用時の特典など多くの恩恵を受け取ることができるのもふるさと納税の魅力の1つです。

ふるさと納税のデメリット

ふるさと納税は税金の還付・控除を受けられることで得ができる制度ですが、確定申告やワンストップ特例制度で申請をおこなわなければ控除を受けられません。ふるさと納税で最も厄介な事務作業で、何をしたら良いのか疑問に感じる方もいるかもしれませんが、後ほど解説しますので安心してください。

目次

ふるさと納税のやり方【1.納税控除限度額を知る】

ふるさと納税のやり方【1.納税控除限度額を知る】

納税控除限度額とは

納税控除限度額とは、ふるさと納税で寄付をすることによって受けられる税金控除の限度額のことを指しています。納税控除限度額は人によって異なり、ふるさと納税で寄付をした年の年収によって決定されます。限度額範囲内の寄付であれば自己負担金は2,000円のみで済みますが、万が一限度額を上回ってしまった場合、自己負担額が増えることもあり注意が必要です。

納税控除限度額の調べ方

ふるさと納税の控除限度額は、以下の計算方法で割り出すことができます。

  • 住民税所得割額×20%÷(100%-住民税率-所得税率×復興税率)+2,000=ふるさと納税上限額

計算式を見ると面倒くさそうなイメージを持ってしまいがちですが、ふるさと納税を仲介する各ポータルサイトには計算シミュレーターが用意されています。収入や配偶者の有無、扶養人数などを入力することで自動計算してくれるため、ご自身の納税控除限度額を知りたい方はぜひ活用してください。

ふるさと納税のやり方【2.サイトを選ぶ】

ふるさと納税のやり方【2.サイトを選ぶ】

個性様々!サイト選びはとても重要!

ふるさと納税をメインに扱うポータルサイトは、大手サイトから中規模サイトまで含め20近く存在します。取り扱い返礼品数が膨大なサイトや、決済手段の数に力を入れているサイト、ポイントやプレゼントなどの特典サービスが充実したサイトなど、各サイト特徴が異なります。これからふるさと納税を始めようと考えている方は、自分にとってメリットに繋がるサイト選びが大切です。

サイトの会員登録に必要な情報

ふるさと納税を扱うポータルサイトは全て無料で利用できるため、ふるさと納税は寄付以外にお金はかかりません。またサイトの会員登録はメールアドレスやお名前など基本的な情報が必要ですが、サイトによっては会員登録なしでも寄付することができます。ただその場合、ポータルサイトの特典が利用できない場合や、会員登録していないと寄付できない返礼品などもあるためご注意ください。

ふるさと納税のやり方【3.自治体を選び申し込む】

ふるさと納税のやり方【3.自治体を選び申し込む】

自治体・返礼品を選ぶポイント

還元率

還元率とは、ふるさと納税で寄付した金額に対するリターンの度合いのことを指しています。ポータルサイトに還元率は表示されていないため、以下の計算式をもとにご自身で算出していきましょう。
返礼品の相当額(商品の定価や相場など)÷寄付金額×100=還元率

一回限り・定期便

ふるさと納税は返礼品にもよりますが、1回限りと定期便の2択から選ぶことができます。定期便に多いジャンルは食品系で、例えば佐賀県吉野ケ里町の佐賀牛堪能コースに寄付をした場合、佐賀牛の様々な部位を全6回に分けて配送してくれます。「1回のみの配送では賞味期限以内に食べきれないかも…」という時に役立つのが定期便です。

配送方法

ふるさと納税の返礼品に食品を選んだ場合、冷蔵か冷凍か、日付指定はできるのか、寄付から配送までどれほどの期間を要するかなどあらかじめ確認しておきましょう。これらはポータルサイトではなく各自治体が配送手続きをおこなうため、サイトではなく自治体に問い合わせてください。

数や時期に限りがある場合も

各ポータルサイトの検索窓で限定と検索すると、季節ものの食品や数量限定の返礼品などが表示されます。各返礼品の残りの数も明記されていますので、お目当ての返礼品が見つかった場合は早めに寄付をするのがおすすめです。

こんな返礼品も!

ふるさと納税といえば返礼品の質に注目されがちですが、中には返礼品がなく純粋な寄付のみができるものもあります。コンビニの募金では寄付金の正確な用途が分かり兼ねますが、ふるさと納税の返礼品なしコースは用途がしっかりと明記されていますので、純粋に寄付をしたい方にもおすすめです。

申込の手順

ふるさと納税で寄付をする際は、以下の登録情報を入力するのが一般的です。

  1. 氏名
  2. ふりがな
  3. メールアドレス
  4. 郵便番号
  5. 住所
  6. 電話番号
  7. ワンストップ特例制度の利用有無
  8. 決済方法
  9. 自治体への応援メッセージ(任意)

ポータルサイトによって入力様式や入力内容が異なる場合もあるため、サイトの構成に準じた手続きを進めてください。

入金

ふるさと納税のメリットでも紹介した通り、多くの決済手段が用意されています。ただ、決済方法はサイトによって異なるだけでなく、自治体によっても変わってきます。中にはクレジットカード払い、郵便振替の2つにしか対応していない自治体もありますので、返礼品の質だけでなく自身が希望する決済手段が利用できるのか確認しておくことが大切です。

ふるさと納税のやり方【4.確定申告・ワンストップ特例制度】

ふるさと納税のやり方【4.確定申告・ワンストップ特例制度】
ふるさと納税を利用して税金控除を受けるためには、確定申告もしくはワンストップ特例制度を利用する必要があります。これらは寄付の申込時に選択が求められるため、今のうちに知識を習得しておきましょう。

確定申告

確定申告とは

確定申告とは、1月1日~12月31日までに得た所得をもとに税金を算出し、税務署に申告及び納税をおこなうことを指しています。ふるさと納税の寄付先が1年間で6自治体以上の方は確定申告をしないと税金控除を受けられないため、次の手順を参考に確定申告をおこないましょう。

確定申告の手順

確定申告の期間は毎年2月16日~3月15日までです。期間内に以下の必要書類等を集めて確定申告をおこないます。

  • 寄附金受領証明書
  • 源泉徴収票
  • マイナンバーカード等
  • 銀行口座
  • 印鑑

確定申告用の書類は国税庁のホームページもしくは税務署にありますので、ワンストップ特例制度を利用しない方は必ず期間内に確定申告を済ませてください。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とは、確定申告をしなくても寄付金の控除が受けられる制度です。ワンストップ特例制度が利用できる方は、寄付をした自治体が1年間で5自治体以内、ふるさと納税以外で確定申告の必要がない方のみとなっています。わざわざ確定申告をおこなう手間が省けるため、条件を満たした方は次の手順を参考に是非利用してください。

ワンストップ特例制度の手順

ワンストップ特例制度は、寄付をおこなうたびに申請をする必要があります。寄付を申込む画面には必ずワンストップ特例制度の利用有無が表示されているため、利用するにチェックすることを忘れないようご注意ください。チェックや寄付が済むと、自治体から寄附金受領証明書と共に特例申請書が郵送されてきます。自宅に届いたら、特例申請書と各種書類のを添付して寄付先の自治体に郵送します。このようにワンストップ特例制度は書類の郵送のみで税金控除を受けられます。

ふるさと納税のやり方【5.返礼品が届く・ふるさと納税完了】

ふるさと納税のやり方【5.返礼品が届く・ふるさと納税完了】

返礼品が届く

ふるさと納税の返礼品は、寄付した自治体によって配送方法や発送時期が異なります。返礼品が記載されたページに発送時期が明記されているのが一般的ですが、更に詳細な発送時期を確認したい場合はサイトのマーページにログインすることでチェックすることができます。

寄付証明書が届く

初める前に知っておきたい!ふるさと納税の基礎知識

\n

仕組みや目的は?そもそもふるさと納税とは

\n∟仕組みや目的を説明(200字)\n

ふるさと納税のメリット

\n

ふるさと納税のデメリット

\n∟それぞれ初心者にもわかりやすいよう説明(各200字)\n\n

ふるさと納税のやり方【1.納税控除限度額を知る】

\n

納税控除限度額とは

\n∟それぞれに限度額が異なること、限度額を超えるとどうなるのか説明(150字)\n

納税控除限度額の調べ方

\n∟簡単な計算方法を説明した後、各サイトにシュミレーターがあることを説明(150字)\n\n

ふるさと納税のやり方【2.サイトを選ぶ】

\n

個性様々!サイト選びはとても重要!

\n∟どれぐらいの数のふるさと納税サイトがあるのか、どのような違いがあるのか説明(150字)\n

サイトの会員登録に必要な情報

\n∟会員登録料はかかるのか、一般的にどのサイトでも必要な登録情報を説明してください(150字)\n\n

ふるさと納税のやり方3【自治体を選び申し込む】

\n

自治体・返礼品を選ぶポイント

\n

還元率

\n∟還元率とは何か、どのように計算できるのか説明(180字)\n

一回限り・定期便

\n∟普通の返礼品と定期便の違いを説明(130字)\n

配送方法

\n∟のしの可否、冷蔵、冷凍、日付指定、申し込みからお届けまでの期間など確認するよう説明(150字)\n

数や時期に限りがある場合も

\n∟季節物や数が限られているものは注意するよう説明(100字)\n

こんな返礼品も!

\n∟中には純粋な寄付、復興支援ができる自治体もあることを説明(100字)\n

申し込みの手順

\n∟申し込みの際に必要な登録情報や手順を箇条書きで説明(200字)\n

入金

\n∟どのような入金方法が選べるのか、サイトによっても異なることを説明(130字)\n\n

ふるさと納税のやり方4【確定申告・ワンストップ特例制度】

\n∟2つあるうちのどちらかの手続きが選べること、いつ選択するのかを説明(130字)\n

確定申告

\n

確定申告とは

\n∟条件やメリット・デメリットを簡潔に説明(150字)\n

確定申告の手順

\n∟手続きを行う時期、手順を簡潔に説明(180字)\n

ワンストップ特例制度

\n

ワンストップ特例制度とは

\n∟条件やメリット・デメリットを簡潔に説明(150字)\n

ワンストップ特例制度の手順

\n∟手続きを行う時期、手順を簡潔に説明(180字)\n\n

ふるさと納税のやり方5【返礼品が届く・ふるさと納税完了】

\n

返礼品が届く

\n∟いつ頃どのように送られてくるのか説明(100字以内)\n

寄付証明書が届く

\n∟いつ頃どのように送られてくるのか、何に必要な書類なのか説明(130字)\n

税金が控除される

\n∟いつの税金が控除されるのか、控除されたことはいつどのように確認できるのか説明(150字)"}” data-sheets-userformat=”{"2":9089,"3":{"1":0},"10":1,"11":3,"12":0,"16":10}”>確定申告の際に必要となる寄付金受領証明書は、返礼品とは別に各自治体から自宅宛てに郵送されます。到着時期は申込完了日から約2か月程の期間を要すことがほとんどです。

税金が控除される

初める前に知っておきたい!ふるさと納税の基礎知識

\n

仕組みや目的は?そもそもふるさと納税とは

\n∟仕組みや目的を説明(200字)\n

ふるさと納税のメリット

\n

ふるさと納税のデメリット

\n∟それぞれ初心者にもわかりやすいよう説明(各200字)\n\n

ふるさと納税のやり方【1.納税控除限度額を知る】

\n

納税控除限度額とは

\n∟それぞれに限度額が異なること、限度額を超えるとどうなるのか説明(150字)\n

納税控除限度額の調べ方

\n∟簡単な計算方法を説明した後、各サイトにシュミレーターがあることを説明(150字)\n\n

ふるさと納税のやり方【2.サイトを選ぶ】

\n

個性様々!サイト選びはとても重要!

\n∟どれぐらいの数のふるさと納税サイトがあるのか、どのような違いがあるのか説明(150字)\n

サイトの会員登録に必要な情報

\n∟会員登録料はかかるのか、一般的にどのサイトでも必要な登録情報を説明してください(150字)\n\n

ふるさと納税のやり方3【自治体を選び申し込む】

\n

自治体・返礼品を選ぶポイント

\n

還元率

\n∟還元率とは何か、どのように計算できるのか説明(180字)\n

一回限り・定期便

\n∟普通の返礼品と定期便の違いを説明(130字)\n

配送方法

\n∟のしの可否、冷蔵、冷凍、日付指定、申し込みからお届けまでの期間など確認するよう説明(150字)\n

数や時期に限りがある場合も

\n∟季節物や数が限られているものは注意するよう説明(100字)\n

こんな返礼品も!

\n∟中には純粋な寄付、復興支援ができる自治体もあることを説明(100字)\n

申し込みの手順

\n∟申し込みの際に必要な登録情報や手順を箇条書きで説明(200字)\n

入金

\n∟どのような入金方法が選べるのか、サイトによっても異なることを説明(130字)\n\n

ふるさと納税のやり方4【確定申告・ワンストップ特例制度】

\n∟2つあるうちのどちらかの手続きが選べること、いつ選択するのかを説明(130字)\n

確定申告

\n

確定申告とは

\n∟条件やメリット・デメリットを簡潔に説明(150字)\n

確定申告の手順

\n∟手続きを行う時期、手順を簡潔に説明(180字)\n

ワンストップ特例制度

\n

ワンストップ特例制度とは

\n∟条件やメリット・デメリットを簡潔に説明(150字)\n

ワンストップ特例制度の手順

\n∟手続きを行う時期、手順を簡潔に説明(180字)\n\n

ふるさと納税のやり方5【返礼品が届く・ふるさと納税完了】

\n

返礼品が届く

\n∟いつ頃どのように送られてくるのか説明(100字以内)\n

寄付証明書が届く

\n∟いつ頃どのように送られてくるのか、何に必要な書類なのか説明(130字)\n

税金が控除される

\n∟いつの税金が控除されるのか、控除されたことはいつどのように確認できるのか説明(150字)"}” data-sheets-userformat=”{"2":9089,"3":{"1":0},"10":1,"11":3,"12":0,"16":10}”>ふるさと納税を利用することによって所得税と住民税が控除されます。所得税は当年の所得税が控除され、指定した銀行口座に直接振り込まれます。住民税は翌年6月以降に支払う税金が軽減されるため、毎年5~6月頃に発行される決定通知書を確認することで控除されているかが分かります。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です