ふるさと納税はおすすめなの?

3 min
税金

ふるさと納税はいくらまですればお得に節税できるの?お得なふるさと納税の金額を解説!

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは
ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。
手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意! 寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

ふるさと納税はいつまで?確定申告や納付期限は?

ふるさと納税はいつまで?確定申告や納付期限は?

2019年ふるさと納税はいつまで?

ふるさと納税は、1月1日から12月31日まで、年間を通じて申し込むことができますが、年末に申し込まれる方は以下の点に注意が必要です。

ふるさと納税の申し込み期限

ふるさと納税といえば、税の軽減(寄附金控除)も大きな魅力ですが、税の軽減は「1~12月」の年単位で取り扱われます。そのため、今年1年の所得に対する税の軽減を受けようとした場合、今年の1~12月中にふるさと納税を行う必要があります。

具体的には、2019年の控除対象となるふるさと納税は、受領証明書に記載されている受領日(入金日)が2019年12月31日までのもののみです。
年内に申し込みをしても、入金手続き等に時間がかかると、今年の寄附金として処理できなくなるケースがあります。その場合、税の控除を受けられるのは翌年分になります。 受領日の扱いは支払い方法により異なりますが、一般的には以下のように処理されます。

    • クレジットカード :決済が完了した日
    • 銀行振り込み   :指定口座に支払した日
    • 払込取扱票      :指定口座に支払した日
    • 現金書留         :自治体側で受領した日

※自治体によっては、12月早めに締め切りを設定している場合もあります。
金融機関の営業日や郵送期間等を考慮し、12月早めに締め切りを設ける自治体もあります。 年末にふるさと納税を申し込まれる方は、各自治体・支払い方法ごとの締め切り日に十分ご注意ください。

確定申告の時期

確定申告とは、1月1日から12月31日までに得た所得をもとに納めるべき税金を計算して、税務署に申告・納税を行うことです。確定申告に関しては、「確定申告をする必要がある方」もしくは「確定申告をすることで税金の還付・控除が受けられる方」「確定申告をする必要がない方」がいらっしゃいます。自営業の方や不動産収入等があって確定申告が必要な方にとっては毎年恒例の手続きです。
一方で、2,000万円を超える給与がある方や一定額の副収入がある方は別にして、会社にお勤めの方(給与所得がある方)の多くは、会社が「年末調整」を行うことで1年間の所得と税金を確定させるので、基本的には自分で確定申告をする必要はありません。ただし、年末調整ではふるさと納税分の手続きは行ってくれませんし、確定申告することで住宅ローン控除や医療費控除が受けられる方もいらっしゃいます。ふるさと納税を申し込んだ方は、確定申告やワンストップ納税といった手続きを行わないと、せっかくのメリットである税金の還付・控除は受けられません。
ふるさと納税をされた方は基本的に確定申告が必要になりますが、給与所得者等で“確定申告をする必要がない方”向けには、利用条件はあるものの、より簡便な「ふるさと納税ワンストップ特例制度」という方法もあります。
個人で事業を行っている方、アパート経営等の不動産収入がある方、不動産やゴルフ会員権の売買等で所得が発生した方は基本的に確定申告が必要になります。また、会社にお勤めの方(給与所得者)の多くは確定申告の必要はありませんとお話ししましたが、給与が2,000万円を超える方や、2カ所以上の会社から一定額(年末調整をされなかった給与の収入金額と、給与所得と退職所得を除く各種の所得金額との合計額が20万円を超える)以上の給与がある方、給与は1カ所から受けていても給与以外に副収入があり、その所得だけで20万円を超える方等は確定申告が必要になります。もともと確定申告をする必要があるため、「ふるさと納税」分も合わせて申告することになります。

ワンストップ特例制度の申請・時期

ワンストップ特例制度とは

ふるさと納税を申し込んで、税の控除を受けるには本来「確定申告」が必要ですが、確定申告を行わずに、より楽に控除を受けられる仕組みが「ふるさと納税ワンストップ特例制度」です。利用するためには一定の条件がありますが、とても便利な制度なので利用しましょう。

ワンストップ特例制度の申請方法

1.寄附を申し込む自治体へ、「ワンストップ特例制度申請書」の送付を依頼します。
2.申請書に必要事項を記入し、期限までに、寄附先の自治体へ返送します。
3.自治体が申請書を受領した時点で手続きが完了となります。
以上のように、手続きには一定の期間を見ておく必要があります。

ワンストップ特例制度の申請時期

原則は寄付年の、翌年1月10日必着
年末ぎりぎりにお手続きを行った場合、郵便状況や、予期せぬトラブルなどで、申請期日に間に合わなくなる可能性もございますので、お早めの提出を推奨します。

※期日までに提出が間に合わなかった場合は、「確定申告」でお手続きを進めることも可能です。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です