【超お得!】ふるさと納税の気なるメリットをたっぷりご紹介

4 min
税金

最近何かと話題のふるさと納税ですが、あなたは利用したことはありますか?

ふるさと納税とは、応援したいと思う自治体に寄附をし、寄附後その自治体の名産品をはじめ、人気の電化製品や食べ物などが返礼品として頂ける制度です。

とても魅力的なふるさと納税ですが、実際利用した場合どんなメリットがあるのかよくわからない人もいるでしょう。

そこで今回は、ふるさと納税にはどのようなメリットがあるのか紹介したいと思います。

ふるさと納税にはどんなメリットがあるの?

ステキな返礼品が届いたと、SNSやブログなどで公開している人を良く見かけます。

メディアなどでも話題になっていますが、実際どんな制度で何がよいのかわからない人も多いでしょう。

そンな人のために、ふるさと納税とはどんな制度で、何がよいのか調べてみました。

ふるさと納税とは一体何か

ニュースなどでも連日述べられているふるさと納税ですが、あなたはどのような制度なのかしっかり理解していますか?

ふるさと納税は、先ほども少し述べましたが、応援したいと思う自治体に寄附をし、寄附後、寄附のお礼としてステキな返礼品が頂ける制度のことです。

この寄附は、自分が住んでいる自治体だけではなく、全国各地の自治体に寄付することができるうえ、手続きを行うことで所得税や住民税の還付や控除も受けられる素晴らしい制度なのです。

ふるさと納税のメリットとは

返礼品がもらえたり、税金の還付や控除も受けられるふるさと納税ですが、具体的どのようなメリットがあるのかというと

・どこでも寄付できる
・被災地などにも寄付できる
・寄付の用途を指定できる
・特産品などの返礼品がもらえる
・所得税や住民税の還付・控除が受けられる
・複数の自治体に寄付できる
・高校の授業料が安くなる
・寄附でポイントを付与

主に上記のようなメリットが考えられます。

では、これらのメリットについて、さらに詳しく紹介しましょう。

どこでも寄付できる

納税と聞くと、一般的には自分が住んでいる自治体に行うものだと思います。

しかし、ふるさと納税は全国各地どこの自治体に寄附を行ってもいい制度です。

もちろん自分が住んでいる自治体でもいいし、親戚が住んでいる自治体や、あるいは好きな芸能人の出身地である自治体でも全く問題はありません。

自分がいいなぁと感じた自治体に、寄附をすることができます。

被災地などにも寄付できる

ふるさと納税は、全国どこの自治体でも寄附が可能です。よって、被災地支援のための寄附も可能となります。

連日テレビのニュースでは、地震や水害などさまざまな災害が告げられています。とても辛いことではありますが、その災害支援としてふるさと納税が利用できます。

自分が行った寄附は、被災地である自治体の復興の役に立ちます。何か役に立つことがしたいと考えている人は、ぜひふるさと納税を利用しましょう。

寄附の用途を指定できる

ふるさと納税に限らず寄附を行う場合は、その寄附したお金が有効的に利用されると嬉しいものです。

ふるさと納税も同様で、一部の自治体ではありますが寄附したお金の用途を指定することができます。

保育園不足で苦しんでいる自治体には保育園事業に、過疎で苦しんでいる自治体には人口増加促進事業など、指定してみるのも楽しみのひとつでしょう。

特産品などの返礼品がもらえる

ふるさと納税を利用するうえで、一番の楽しみともいるのがこの返礼品でしょう。

ふるさと納税の返礼品は、自治体によっていろいろ趣向を凝らしており、地元の特産品をはじめ、人気の高いブランドアイテムや高級食材など多種多様です。

この返礼品ですが、ふるさと納税スタート後全国各地の自治体で過激化が進みました。

それにより、2019年地場産品でないものや、還元率が3割超えた返礼品があると、寄付控除の対象から外れるという改正地方税法が成立しました。

これにより、過激化した返礼品は落ち着きをみせつつあります。

所得税や住民税の還付・控除が受けられる

ふるさと納税で寄附を行った場合、所得税や住民税の還付・控除が受けることができます。

これは、寄附した合計金額から2,000円を引いた金額が、翌年納める住民税や所得税が控除対象になるものです。

例えば、A市の10,000円の寄附を行った場合、2,000円を引いた8,000円が翌年の住民税や所得税の控除の対象になります。

ただし、実際の控除額は、1年間の収入や家族構成などによりその人によって違ってきます。自分はどれくらいなのか気になる場合は、あらかじめ計算して確認する必要があります。

総務省ふるさと納税控除の目安表

複数の自治体に寄付できる

ふるさと納税は、ひとつの自治体だけではなく、複数の自治体に寄附することができます。

ただし、6つ以上の自治体に寄附した場合はどれくらい寄附したのか確定申告をする必要があります。

また、寄附が5つ以下だった場合は、ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告は不要なうえ税金の控除も受けることができます。

ワンストップ特例制度について

高校の授業料が安くなる

ふるさと納税が、なぜ高校の授業に関係あるのかというと、それは住民税の控除が深く関わっています。

先にも説明したように、ふるさと納税をすることで住民税などの控除が受けられます。これにより高校授業料支援金なども変わり、授業料が安くなるのです。

寄附でポイントを付与

ふるさと納税を実際行う場合、ふるさと納税専用のサイトを利用するのが一般的です。

これらのサイトでは、寄附を行う場合クレジットカードなどで支払いを行います。

この際、自治体によっては寄附をした金額に応じてポイントが付与されたり、クレジットカード独自のポイントプログラムで、利用金額に応じてポイントが付与されたりします。

貯まったポイントは、返礼品などに交換できるのでとてもお得です。

ふるさと納税をする方法


ここまで、ふるさと納税の魅力をたっぷりご紹介してきました。「ふるさと納税を利用して寄附したい」と感じた人もいるでしょう。

そこで、ここでは実際にふるさと納税を利用して寄附し、返礼品を受け取るまでの手順をご紹介しましょう。

寄付金を決めどこに寄付するかを選ぶ


寄附を行う前に、まずはどの自治体にいくらぐらいの金額を寄附をするのか決めておきましょう。

次に、「ふるさとチョイス」などの、ふるさと納税専用のサイトを開き、自分の目的に合った自治体のページを開きます。

ふるさとチョイス

この際、いろいろな自治体の返礼品なども見ることができるので、寄附の金額などは、見ながら決めてもよいでしょう。

寄附の申し込み手続きをする


希望の自治体などが決定したら、申し込み手続きを行いましょう。

寄附へ進むをクリックし、さらにこの地自体へ申し込むをクリックします。

次に、寄附金の使い道や、支払い方法などの情報を入力しましょう。

返礼品の申し込みをする


最後に、お礼の品のお届け先を登録し、寄附は完了です。

返礼品を受け取る


自治体に寄りますが、早ければ寄附から約2~3週間ほどで返礼品が手元に届きます。

メリットいっぱいのふるさと納税にチャレンジしよう

 

ふるさと納税は、全国の各自治体の活性化に役立つ制度です。

自分が住んでいる自治体以外のところにも寄附が可能です。また、寄附後はステキな返礼品も届きます。

このほか、住民税などが控除されるなど、ふるさと納税はメリットはたっぷりありるので、ぜひふるさと納税で寄附をしてみましょう。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です