ふるさと納税は楽天を利用しよう!

2 min
税金

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。
手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意! 寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

他サイトと何が違う?楽天ふるさと納税のメリット

他サイトと何が違う?楽天ふるさと納税のメリット

10倍も!ポイントがたまる!

ふるさと納税を楽天で利用すると楽天ポイントが加算されるため、非常にお得です。普段楽天を利用している人はおすすめです。
楽天ふるさと納税での寄附申し込みも通常のお買い物と同様、ポイント付与の対象になります。また、寄附金のお支払いにポイントを使用することもできます。
ポイントシステムを上手に利用して、よりおトクにふるさと納税を活用しましょう!
※100円につき1ポイントが付与されます

寄付するまでの手続きが簡単

普段、楽天を利用している方は楽天にログインし、商品を選んでそのまま寄附ができます。
※寄附で受け取れる「お礼の品」の配送スケジュールは、楽天市場の商品を購入する場合とは異なりますのでご了承ください。詳しくは各自治体のページの内容をご確認ください。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。 ふるさと納税先の自治体が、1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます。
【注意】
※控除申請には5年の猶予があります。
※確定申告は1~12月分を翌年の2~3月に申告します。年間の寄付は一度のみとしている自治体の場合、暦年区切りか年度区切りかを確認するようにしましょう。

楽天で!ふるさと納税のやり方

楽天で!ふるさと納税のやり方

会員登録

会員登録の流れ

楽天を利用している方は、そのままアカウントでログインすることができます。
楽天アカウントがない場合は、楽天の会員登録をしてください。ちなみに楽天の会員登録をしなくても、楽天のふるさと納税は利用できます。

楽天カード登録は必要?

楽天カードの登録は、必要な人のみ登録すると良いでしょう。ただし、自治体によってはクレジットカードが利用できない場合があるので、注意しましょう。

かんたんシミュレーターで計算し寄付金額を決める

かんたんシュミレーターで計算し寄付金額を決める

かんたんシミュレーターとは

現在の年収を入力することで、控除される金額が自動で表示されます。なるべく控除範囲内でふるさと納税をするのが良いと思いますので、参考にしてみましょう。

かんたんシミュレーターは入力するだけ簡単!

年収・家族構成・扶養家族の3点を入力するだけです。
簡単シミュレーター

自治体を選ぶ

楽天のふるさと納税は数多くの自治体に寄附することができます。
楽天ふるさと納税には多くのレビューが寄せられています。レビュー高評価のお礼の品なら安心して寄附ができるので、迷った際にはぜひ参考にしてください。
またランキングも毎日更新されていますので、寄附先を決める前に最新の人気のお礼の品も一度チェックしましょう!
楽天ふるさと納税 自治体参加一覧

寄付の手続き

自治体を決めたら、返礼品を選びましょう。返礼品を選んだら、あとはスクロールしていくと、購入画面が表示されます。
寄付の手続き
※寄附ができない場合は赤いボタンが表示されません。
用途は指定がなければ特に選ばなくても良いでしょう。
ワンストップ特例申請書は必要であれば要望しておきましょう。別に確定申告が必要な方、6つ以上の自治体に寄附する方は「要望しない」にしましょう。

返礼品・ワンストップ特例制度の申請用紙が届く

申請用紙が届く

ワンストップ特例制度の申請書を「要望する」にした場合は、寄附した自治体から申請用紙が郵送されてきます。しかし、自分で申請書をあらかじめ準備することもできます。
申請書DLはこちら→https://event.rakuten.co.jp/furusato/guide/onestop.html

返礼品が届く

果物であれば、旬な時期になるので半年後とかになることがあります。お米など通年で保存が利くものは1週間前後で返礼品が届く場合があります。また小型の家電や日用品など食材以外も同様に、1週間前後となることがあります。

受領書が届く

多くの場合、寄付金の受領書はお礼の品とは別で送付されます。
送付時期は自治体によって異なりますので、詳しくは各自治体のページをご確認ください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です