楽天会員なら楽天ふるさと納税がお得!

4 min
税金

おすすめなのが「楽天ふるさと納税」です。
ここではふるさと納税ポータルサイトの「楽天ふるさと納税」の魅力についてご紹介します。

楽天ふるさと納税の特徴

楽天ふるさと納税の特徴-h2
楽天ふるさと納税は、大手通販サイト楽天が提供するふるさと納税ポータルサイトです。
大手通販サイトならではのホームページ構成などが特徴的です。
まずは楽天ふるさと納税の特徴をご紹介します。
楽天ふるさとはこちら
https://event.rakuten.co.jp/furusato/

大手ECサイトならではホームページ構成で、欲しいものが探しやすい

楽天の本業は通販サイトの運営です。
ここで培われたホームページ構成技術などが存分に活かされており、初めて楽天ふるさと納税のホームページに訪れた人でも簡単に自分の欲しいものを見つけることができます。
カテゴリー別に返礼品が分けられており、ランキング形式でどの返礼品が選ばれているのか簡単に判別することができます。
欲しい返礼品の検索性では、他のふるさと納税ポータルサイトよりも上を行っていると言えます。

寄付金の上限額もシミュレーターで簡単に調べることができる

ふるさと納税をする時に気になるのは、ご自身の家庭では一体いくらまでふるさと納税による寄付を行うことができるのかということです。
もちろんふるさと納税自体は上限額いくらでもすることはできます。
しかしながら寄付金控除による税負担の軽減を購入した場合には、一定の上限額が定められています。
この上限額はふるさと納税をする人の収入と家族の扶養状況によってそれぞれ異なります。
この上限額は自分で計算して算出することもできますが、楽天ふるさと納税に用意されているシミュレーターを使えば簡単に上限額の目安を把握することができます

楽天ふるさと納税を利用するメリット

楽天ふるさと納税を利用するメリット-h2
ここまで楽天ふるさと納税の特徴についてご紹介してきました。
ふるさと納税の人気の高まりによって、ふるさと納税ポータルサイトも数多く存在するようになりました。
その中でもテレビCMなどで露出が多いのが、さとふるやふるさとチョイスです。
これらのふるさと納税ポータルサイトと比べて、楽天ふるさと納税にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは楽天ふるさと納税を利用するメリットをご紹介します。

一度楽天会員になってしまえば、ふるさと納税の度に会員情報を入力する手間が省ける

自治体などに直接ふるさと納税を申し込む場合は、ふるさと納税をする人の情報を入力する必要があります。
ふるさと納税をする人の情報を正しく自治体に伝えることができなければ、確定申告による寄付金控除を受けられなくなってしまいます。
楽天ふるさと納税に一度会員登録してしまえば、ふるさと納税をするたびにふるさと納税をする人の情報を入力する必要がありません
これはふるさと納税を行っている自治体などに直接申し込む場合に比べて大きなメリットであると言えます。

楽天会員であれば、新たに会員登録の必要がない

さらに日常的に楽天のサービスを受けている楽天会員であれば、最初にふるさと納税をする際にも会員情報の入力は不要です。
会員登録を様々なサイトで行っていると、パスワードの管理などが煩雑になってしまい、継続的にふるさと納税をするのに面倒になってしまいます。
普段から楽天のサービスを利用している人であれば、ふるさと納税もその延長線上で利用できるという点で高い利便性を享受することができます。

返礼品のレビューなども閲覧することができる

ふるさと納税の返礼品を選ぶ際に、すでに買ったことのある人のレビューは気になるものです。
楽天ふるさと納税では、本業の楽天市場にもあるような購入者レビューを閲覧することができます
これによってレビューの評価が高い返礼品を選ぶことができます。

楽天スーパーポイントがザクザクたまる

楽天ふるさと納税を利用する最大のメリットは、楽天スーパーポイントがザクザクたまることです。
これは他のふるさと納税ポータルサイトにはない魅力であると言えます。
楽天スーパーポイントを活用することで、ふるさと納税を最大限にお得に利用することができます。

100円購入するたびに1ポイント貯まる

楽天スーパーポイントは、100円購入するごとに1ポイント付与されます。
実はこれだけでも還元率は1%と他の共通ポイントよりも高い還元率を誇っています。
例えば1万円のふるさと納税をした場合には、1万円の1%ですから100ポイントの還元を受けることができます。

楽天スーパーポイントは支払いにも使える

楽天スーパーポイントの魅力は、高い還元率だけではありません。
貯まった楽天スーパーポイントをふるさと納税の支払いにも利用することができます
また、ふるさと納税の支払いに楽天スーパーポイントを利用したとしても、付与される楽天スーパーポイントは利用しなかった場合と同じです。
つまり、楽天スーパーポイントを利用することで貯まるポイントが減少するということはありません。
楽天スーパーポイントを支払いにも気兼ねなく利用することができるのはこのためです。

最大15倍のポイント還元率も達成可能

楽天スーパーポイントを利用する上で最も魅力的なのが、SPUと呼ばれる楽天スーパーポイントのポイントアップキャンペーンです。
以下の表にSPUによるポイントアップ条件の一覧をまとめました。

条件 倍率
楽天カード使用 +2倍
楽天ゴールドカード +2倍
楽天カード+楽天銀行 +1倍
楽天市場アプリ +1倍
楽天証券 +1倍
楽天モバイル +2倍
楽天TV +1倍
楽天ブランドアベニュー +1倍
楽天ブックス +0.5倍
楽天Kobo +0.5倍
楽天トラベル +1倍
楽天ビューティ +1倍

最大でポイント還元率が15倍まで跳ね上がります。
ポイント還元率が15倍の時に20,000円のふるさと納税をすると、還元率が15%であることから3,000ポイント付与されます。
これだけでふるさと納税の実質負担額をカバーすることができるのです。
これが数あるふるさと納税ポータルサイトの中でも、楽天ふるさと納税がお勧めである最大の理由です。

楽天ふるさと納税を利用するデメリット

楽天ふるさと納税を利用するデメリット-h2
高いポイント還元率によって実質負担金をチャラにすることができる楽天ふるさと納税ですが、少なからずデメリットもあります。
楽天ふるさと納税を利用する上でのデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

高還元率の返礼品の扱いが少ない

ふるさと納税の醍醐味といえば還元率の高い返礼品を選ぶことです。
もちろん楽天ふるさと納税で扱っているお米や海産物なども高い還元率を誇ります。
しかしながら楽天ふるさと納税では、金券や商品券、家電製品などの高還元率の返礼品を取り扱っていません
従って、このような高還元率の返礼品を手に入れたい場合には、直接自治体のふるさと納税のサイトから購入を申し込むか、他のポータルサイトで購入する必要があるようです。

扱っている自治体数が少ない

楽天ふるさと納税を通してふるさと納税を申し込むことができる自治体数は、およそ200程度と少ないです。
同じふるさと納税ポータルサイトであるさとふるがおよそ550程度、最も老舗であるふるさとチョイスではなんと約1,800もの自治体からふるさと納税の返礼品を選ぶことができます。
確実に納税をしたい自治体が決まっている場合には、楽天ふるさと納税では取り扱いがない場合もあります。

楽天会員であれば、ふるさと納税は「楽天ふるさと納税」で決まり!

楽天会員であれば、ふるさと納税は「楽天ふるさと納税」で決まり!-h2
楽天ふるさと納税を利用することで、楽天スーパーポイントをザクザク貯めることができ、ふるさと納税の自己負担金2,000円を取り戻すことが容易に可能です。
これからふるさと納税を始めようと考えている方は、ふるさと納税ポータルサイトとして楽天ふるさと納税の利用を検討してみてください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です