ふるさと納税するなら「さとふる」が使いやすくて簡単!お買い物感覚で寄附出来る!

4 min
税金

ふるさと納税サイト「さとふる」って?

ふるさと納税サイト「さとふる」って?-アイキャッチ

さとふるとは

ソフトバンクグループの株式会社さとふるが運営するサイト。
お笑い芸人である「東京03」を使ったテレビCMにて宣伝をしている事により、認知度と利用意向共に4年連続No.1を獲得しているサイトです。
ふるさと納税についてあまり知識が無く敷居が高いと考えている方からすれば、芸能人を使って敷居を低くし、初心者向けに使いやすいサイトを作っているという点は、初心者にとって嬉しいサイトであると言えます。

さとふるを利用するメリット

さとふるは自治体数が550。返礼品数は66,368点(2019年5月現在)となり、多くの返礼品から選ぶ事が可能です。
さとふる公式サイト内にて自信のある点として紹介されているのは
・申込み手続きが簡単
・寄附履歴が一覧で管理出来る
・登録無料
・配送状況を掲載
・お役立ち情報の案内
の5つとなりますが、他にもメリットがあります。
さとふるのメリットは、携帯料金と一緒に支払いが出来る点が便利です。ソフトバンクやauなどの携帯料金と一緒に支払えるので納税をしているという感覚なく利用可能です。
さらに返礼品ごとのレビューにて評判を確認することが出来る点もメリットとなります。
レビュー投稿にてアマゾンギフト券を抽選でプレゼントしていたりと、サイトでもレビューに力を入れている点が自治体の選びやすさに繋がっています。

さとふるを利用するデメリット

デメリットは他の大手サイト、特にふるさとチョイスに比べると返礼品数や自治体数が少なめですので、ご自身の故郷に寄付をしたいという場合にはめぼしい自治体が見つからない可能性があります。
また、さとふるではポイントと返礼品を交換するという方式が採用されていないため、余ったポイントを持ち越すなどといった事が出来ない点があります。

まず会員登録!さとふるを利用するには

さとふるの会員登録は、パソコンかスマホ、タブレットにて会員登録が出来ます。
アドレスを登録するだけで登録は済みますので、登録自体は1分程度で完了します。
さとふる公式サイト
https://www.satofull.jp/

会員登録は必ず必要なの?

さとふるにてふるさと納税をするためには会員登録は必要となりますが、もしあなたがYahoo!アカウントを持っているようであれば、Yahoo!アカウントでさとふるにログインをすることが出来ます。
そうすると入力項目も減りますので楽です。
しかしさとふるへの登録をする場合でも、面倒な事は一切ありません。会費が必要ありませんし、メールアドレスの登録のみで、登録の所要時間1分程度で済みます。
今後納税していくのであれば登録しておくことにデメリットはありません。
ふるさと納税はやること自体にメリットがあるので、登録しておくという事だけは済ませておくことをおすすめ致します。

登録手順

1アドレス登録をする
さとふるでアドレス登録
2メール確認から本登録URLへ
さとふるでメール認証
3 パスワードと電話番号を入力
さとふるでパスワード設定
さとふるで最終確認
これで完了。1分程度で簡単ですので、試してみてください。

さとふるで!ふるさと納税の手順

さとふるでのふるさと納税の手順はとても簡単です。
サイトから返礼品を選び、商品を購入するような感覚で手続きを進めていくだけとなり、非常に簡単です。

控除額シミュレーション

返礼品を選ぶ前に、まずあなたがふるさと納税でどの程度の控除が受けられるのかをシミュレーションしましょう。
さとふる内にシミュレーションが出来るページがあります。
シミュレーションには2種類あり、「簡単シミュレーション」「詳細シミュレーション」を選ぶ事が出来ます。
ふるさと納税は控除される額よりも多く納税してしまうと自己負担となりますので、必ず控除の限度額はチェックしておいてください。
簡単シミュレーションでは「給与額」「家族構成」の2つの項目だけで控除額がチェック出来るので非常に簡単です。
こちらのページにて2種類の控除シミュレーションが出来ますので、試してみてください。
https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

返礼品を選ぶ

返礼品の選び方は非常に簡単です。
商品が決まっているのであれば、上部にある検索窓から商品名を検索しましょう。
さとふるの検索窓
決まっていない場合は人気ランキング、御礼品から探す、地域から探す、特集・キャンペーンのグローバルメニューから色々と閲覧して品定めをすることが出来ます。
さとふるの検索窓さとふるのグローバルメニュー
おすすめの使い方は、特に御礼品を決めてなければまずは人気ランキングからチェックしてみましょう。
得に返礼品が決まっておらずお得に寄附がしたいという場合は、上部にある「キャンペーン」から色々とお得なキャンペーンや特集をチェックするのをおすすめします。

確定申告かワンストップ特例制度を選ぶ

ふるさと納税をする場合、2つの申告方法から選ぶ事が出来ます。
まず一般的には確定申告にて控除を申告する方法です。1年間の所得を確定させ税金を申告する形となります。
面倒な手続きは年一回で済ませたい方や、年間5つ以上の自治体に寄附をする予定の方は確定申告をする必要があります。
ワンストップ特例制度は、2015年から始まった新たな制度です。
確定申告をしなくていいのでサラリーマンの方等が楽にふるさと納税を出来るようになりました。しかし、ワンストップ特例制度を適用するには2つの条件に当てはまる必要があります。
①ふるさと納税をする先が5自治体以内である方
②ふるさと納税をしていないと仮定した場合、確定申告をする必要のない方
この2つに当てはまる方のみが、ワンストップ特例制度を使う事が可能となります。

申し込み

申し込みも非常に簡単です。
1 お礼品を決めてカートに入れる。
2 「この地域の寄付手続きへ進む」ボタンをクリック
3 「寄付情報の入力に進む」をクリック
4 名前、住所、電話番号、支払い方法を選択
5 間違いがなければ「上記注意事項に同意の上、送信する」をクリック
で完了となります。

寄付金を入金

寄附金を入金する際の支払い方法は4種類です。
・クレジットカード
・ソフトバンクまとめて支払い
・auかんたん決済
・コンビニ決済
・金融機関(Pay-easy決済)
の5種類となります。
残念ながら、銀行振込でのふるさと納税は出来ません。

返礼品が届く

手続きが終わった後は返礼品を待つだけになります。
どの程度の期間で届くかは返礼品によって異なります。例えば加工品のようなものならすぐに発送出来る事もありますが、季節の果物や野菜などの場合は旬の時期に発送されるために、1~2ヶ月後の発送となる場合もあります。。
返礼品のページに発送時期がそれぞれ記載されているため、予めチェックをしておいた方がいいでしょう。
返礼品の発送時期等、配送に関しての状況はマイページにて確認することが出来るので、気になる方はチェックしてみましょう。

寄付証明書が届く

確定申告で必要になる寄付金受領証明書は、お礼品とは別に、寄付先の自治体から寄付者の住所に送付されます。
いつ頃届くかはマイページから確認出来るのでチェックしておきましょう。
寄付証明書に関しては、税金の控除を申告する際に必要となりますので、取っておきましょう。

確定申告またはワンストップ特例制度の手続きを行う

では、2つの申告方法について説明をしていきます。

確定申告

「源泉徴収票」に記載されている情報のうち「支払い金額」「所得控除額の合計額」「源泉徴収税額」の3点を申告書に記入します。
申告書は3種類あり、手書き、ホームページからの作成コーナー、電子申告の3種類です。
お好きな申告方法を選び、管轄の税務署に提出をする事で申告が完了します。

ワンストップ特例制度

Step1:マイページから記入済みの申請書を用意
さとふる会員の方はマイページから記入済みの申請書をダウンロードできます。
Step2:本人確認書類の用意
マイナンバーカード、または運転免許証、その他身分証明となるものを用意する必要があります。
パターンはそれぞれ分かれています。
1 マイナンバーカードの写し(表・裏)
2 番号通知カードの写し、もしくはマイナンバー記載の住民票+運転免許証の写し、もしくはパスポートの写し
3 番号通知カードの写し、もしくはマイナンバー記載の住民票+健康保険証、年金手帳、提出先自治体が認める公的書類のうちの2点
Step3:上記書類を自治体へ送付する
送付先はさとふる内のページにてすぐに調べる事が可能です。
都道府県を選択し、自治体名を選択すると出てきます。
さとふるで自治体名検索
住所が分かり次第、上記書類を封筒に入れて自治体に送付すれば、申請完了です。
申請期限は、ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)となりますのでご注意ください。

ふるさと納税サイト「さとふる」の紹介まとめ

ふるさと納税サイト「さとふる」の紹介まとめ-アイキャッチ
ふるさと納税サイトであるさとふるの紹介をさせていただきました。
ふるさと納税が確定申告無しで出来るようになったとは言っても、まだまだふるさと納税についてよくわからず手が伸びていないという方も多いです。
そういった状況の中、初心者向けにCMを打ち、初心者が迷う事が無いふるさと納税が出来るサイトというのがさとふるの最大の魅力です。
今後さとふるをきっかけにどんどんふるさと納税を実践する人が増えてくる可能性は高いでしょう。是非あなたも今日からふるさと納税を始めてみてはいかがでしょうか。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です