ふるさと納税の源泉徴収ってどうするの?

2 min
税金

ふるさと納税をした場合、源泉徴収はどうしたらいいのでしょうか?そういった疑問を徹底解説します。

ふるさと納税は、所得税や住民税を控除できる仕組みです。

しかし、会社に税金の支払いを任せているサラリーマンであれば、本当に控除されているのかわかりませんよね?この記事ではふるさと納税で控除される金額と税金が控除されているのか確かめる方法をご紹介します。

こちらもご覧ください。

ふるさと納税の仕組みとは?寄付する側とされる側のメリットとデメリットも解説

ふるさと納税と納税控除限度額

ふるさと納税と納税控除限度額

ふるさと納税では、控除上限額内の寄附であれば、寄附合計額から2,000円を差し引いた分が、所得税や住民税から還付・控除を受けられます。ただし、控除上限額は給与収入(年収)や家族構成で異なるため、ひとり一人が控除上限額を知っておく必要があります。

ふるさと納税の仕組み

「ふるさと納税」とは、あなたが応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みです。寄付をすることで、地域貢献につながるだけではなく、地域の特産品・名産品がお礼の品として貰えるため、今では多くの方に利用されています。

さらに、寄付をした金額は税金から控除・還付されるため、自己負担が軽減されます。

納税控除限度額とは

ふるさと納税を行う上で忘れてはいけないのが、控除上限額です。

ふるさと納税の寄付金控除が最大限に適用される寄付金の控除上限額は年収や家族構成などによって異なるので、自分の控除上限額がいくらなのかを事前に確認しておく必要があります。

控除上限額の早見表やシミュレーションで簡単に確認できます。確認にあたり自身の今年の所得状況などが必要となります。

※後ほどシミュレーションを紹介します。

年末調整を受けた給与所得者が、ふるさと納税にかかる寄付金控除の適用を受けるために所得税の確定申告を行った場合には、給与から源泉された所得税額に対して、その年分の所得に対して納付すべき所得税の額が過大となりますので、差額については還付金として本人の金融機関の口座に入金されます。

また、住民税については、確定申告の対象となった年の所得額等に基づき翌年度の税額を計算するため、寄付金税額控除の適用は翌年度の住民税になります。

給与明細?源泉徴収?ふるさと納税の限度額はどう調べるの?

給与明細?源泉徴収?ふるさと納税の限度額はどう調べるの?

給与明細や源泉徴収でのふるさと納税限度額の調べ方を紹介します。

納税控除限度額を確認する際に必要なもの

控除上限額は、納めている税金の金額によって異なり、寄附を行う方の家族構成や年収(所得)やすでに受けている税金控除の金額によって決まります。

収入がわかるもの

「源泉徴収票」または「確定申告書」、市町村から配布される「特別徴収税額決定通知書」をご用意ください。

納税控除限度額の計算方法

なお、還付・控除を受ける際には「確定申告」または「ワンストップ特例の申告」が必要です。

還付

 所得税からの還付 =(ふるさと納税の寄附金額 - 2,000円)×(所得税の税率(0~45%)×1.021)

控除(基本)

住民税からの控除(基本分) = (ふるさと納税の寄附金額 - 2,000円)×10%

控除(特例)

住民税からの控除(特例分) = (ふるさと納税の寄附金額 - 2,000円)×(90%-所得税率×1.021)

住民税からの控除特例分は、住民税所得割額の2割を超えない場合、上記の計算式です。

納税控除限度額の早見表

1,000万円までの早見表になります。(引用元:さとふる)

納税控除限度額の早見表

詳しくはこちらをご覧ください。

正確な限度額を確認するならシミュレーターで!

https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

※所得控除は、社会保険料控除、基礎控除・配偶者控除・扶養控除が含まれています。生命保険料控除、地震保険料控除、医療費控除などの所得控除、住宅ローン控除などの税額控除は考慮されていません。

※社会保険料控除とは健康保険、厚生年金、介護保険、雇用保険などです。

※社会保険料率はあらかじめ給与収入の15%を仮定して試算いたします。収入が概ね1000万円より高い方は、社会保険の負担率が変わります。詳しくは各都道府県の全国健康保健協会、または日本年金機構のHPからご確認ください。


全国健康保健協会HP:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g3/cat330
日本年金機構HP:http://www.nenkin.go.jp/service/seidozenpan/yakuwari/20150518.html#cmskokumin

執筆日:2019/06/10

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です