初心者必見!FXの基本用語からスラングまで分かりやすく紹介

3 min
コラム

「FXは聞いたことのない難しい言葉ばかりだな。」

FXはあまり馴染みのない専門用語が数多く使われています。FXの勉強をしていると、それらに惑わされて内容が頭に入らないことも多いのではないでしょうか。

今回はFXに興味がある人向けに、基本的な用語を解説していきます。また、独特なスラングも紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

FXの用語を理解して、スムーズに取引へ活かしていきましょう。

FXの基本用語

 FXの基本用語 -h2
出典元:写真AC

ここではFXの世界で使われている基本的な用語を解説していきます。

今回解説する用語は以下の通りです。

  • pips
  • lot
  • ASK・BID
  • 証拠金
  • ロスカット
  • スワップポイント
  •  

それではそれぞれ分かりやすく説明していきます。

pips

pipsは、FXで取引する時に使われている共通の通貨の単位です。

1pipsは『0.01円』と同じであり、『1銭』と等しくなっています。FXでは多くの国の通貨を取引するので、このような共通単位があると価格の動きの量が把握しやすくなります。

lot

lotは、各FX業者が決めている取引数量の単位です。

基本的には1lotは1万通貨に設定されていますが、1,000通貨としている業者も数多くあります。

また、『SBI FXトレード』では、なんと1通貨から取引可能です。1lotの通貨数が低ければ、少額から取引できます。

【公式】SBI FXトレード

ASK・BID

ASK・BIDはそれぞれ『買値』、『売値』のことです。

対象の通貨を購入する時はASKの価格で取引され、売却する時はBIDの価格で取引されます。

ASKとBIDには価格差があり、その差は『スプレッド』と言われています。このスプレッド分がFX業者の手数料です。

スプレッドが狭いほど有利な取引ができます。詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

https://life.link-a.net/asset-management/16236/

証拠金

証拠金は、FXの取引をするために必要なお金です。

主に証拠金には以下の2種類があります。

  • 必要証拠金…取引に必要な証拠金
  • 有効証拠金…口座に入っているお金から為替の損益を加えたもの
  •  

また、証拠金維持率という数値も大切です。これは必要証拠金に対して有効証拠金がどのくらいあるか分かり、資金が危険な状態にないか把握できます。

証拠金維持率は以下の計算式で求められます。

証拠金維持率

有効証拠金÷必要証拠金×100

ロスカット

ロスカットは、ある一定以上の損失が出た時にFX業者によって強制的に決済されてしまうことです。

この基準は業者によって異なるのですが、基本的に証拠金維持率によって決まります。

急激な価格変動でロスカットされないように注意しましょう。

スワップポイント

スワップポイントは各通貨ごとに適用されている金利の差によって生まれるお金です。

スワップポイントは通貨を保有しているだけでもらえるお金なので、時間のない人に人気があります。詳しくは以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

https://life.link-a.net/asset-management/14687/

FXの分析用語

FXの分析用語-h2
出典元:写真AC

ここではFXで使われる分析手法の用語を紹介していきます。

今回説明する用語は以下の2つです。

  • ファンダメンタルズ分析
  • テクニカル分析
  •  

それではそれぞれ詳しくみていきます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、国の経済や政治などの状況から通貨の動きを分析する手法です。

この分析手法は世界のダイナミックな動きを捉えなければいけないので、初心者の人にとって最初は難しいでしょう。

ファンダメンタルズ分析は中・長期のトレードに役立ちます。

テクニカル分析

テクニカル分析は、価格や需給から投資家の心理を判断して分析する手法です。

主にテクニカル分析には以下の2種類があります。

  • トレンド系…移動平均線、ボリンジャーバンドなど
  • オシレーター系…ストキャスティクス、RSIなど
  •  

トレンド系は相場の流れを把握して、それに乗るような分析ができます。

一方、オシレーター系は通貨の短期的な需給に着目するので、流れに反発する瞬間を狙った分析が可能です。

状況に合わせて、どちらも使えるようになると理想でしょう。

FXのスラング

FXのスラング-h2
出典元:写真AC

ここではFXのトレーダー間でよく使われるスラングを紹介していきます。

今回説明するのは以下の3つです。

  • ナンピン
  • ドテン
  • 塩漬け
  •  

それでは詳しくみていきます。

ナンピン

ナンピンとは、不利な状況でさらに注文を増やすことです。

これによって購入価格の平均が下がり、利益が出るまでの価格が近くなります。しかし、戻らない場合は損失がさらに膨らむのでリスクは高いです。

ドテン

ドテンは、決済した瞬間に今までと逆方向に注文することです。

レンジ相場でうまくドテンをすると、さらに利益を伸ばすことができます。ただし、予想が外れると得られる利益が減るので注意してください。

塩漬け

塩漬けは、含み損が出ている状況で決済できずに保有し続けてしまう状態のことです。

しっかりと損切りをしないと資金が長い間使えなくなってしまい、身動きが取れなくなってしまいます。利益になる見込みがないなら、確実に損切りを徹底しましょう。

用語を理解して、FXを始めよう

用語を理解して、FXを始めよう-h2
出典元:写真AC

ここまでFXで使われている用語を基礎からスラングまで解説してきました。

FXはまだまだ様々な専門用語があります。しかし、何度も触れていくうちに徐々に覚えていくものです。

難しい用語に出会っても、うろたえずに理解しようとする姿勢を忘れないようにしましょう。それがFXの上達を加速させます。

記事内の情報は2019/10/10時点のものです

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です