自宅で内職したい!どんな人に向いているの?

4 min
副業

自宅でできる内職が向いている人は?


自宅でできる内職が向いている人は以下のような人です。

  • 空いた時間に作業ができる人
  • コツコツと作業をするのが得意な人

内職で稼ぐには、コツコツとした作業を継続してやり続けることがとても大切です。
そこにスピードが伴ってくることで、より金額を稼げるでしょう。
ただし、裏をかえせば飽きっぽい人や楽して稼ぎたい人には不向きな仕事が多いとも言えます。
そうした人なら、もう少し違った副業の形を検討するとよいでしょう。

自宅でできる内職:手作業系


手作業系の内職としては以下のものがあげられます。

  • シール貼り
  • 商品の組み立て
  • 包装
  • アクセサリー制作
  • 宛名書き

これらの仕事は、時給ではなく、作業してできた成果物に応じて支払われます。
単価はそれぞれの作業によりけりですが、簡単なものだと1個1円未満のものもあります。
作業ハードルは高くないものの、稼ぐには不向きなことが多いです。
内職をするのはどんな感じか知りたい、あまりスキルなどを身につける必要がないものがよい。
そんな人におすすめできるかもしれません。
ではそれぞれの詳細を詳しく見ていきましょう。

シール貼り

シール貼りとは、様々な対象に対してシールを貼っていくお仕事のこと。
シールを貼る対象は様々で中には球体など難しいものも。
難易度や手間がかかるほど単価が高くなる傾向があります。
1個0.2〜1円程度から始められます。

商品の組み立て

商品を組み立てるお仕事には様々な種類があります。

  • 造花
  • キャラクター
  • ハンダ付け
  • 電子部品のねじ止め

仕事の内容は多岐に渡り、その単価も作るものによって変わります。
1個あたり、1〜200円程度が一般的です。
複雑なものほど単価も高くなる傾向にあります。

包装

様々なものを袋に詰めて封入するお仕事です。
シール貼りと兼用でやるケースも。
どんなものを入れるのか、どのくらいの量を入れるのかでその単価も変わってきます。
1個あたり1〜20円程度が一般的です。

アクセサリー制作

簡単なアクセサリーを作る内職もあります。
その難易度は作るものによりけりですが、ある程度スキルが必要なものも。
こちらも1個20円〜200円程度が多いです。

宛名書き

毛筆など一般の人がきれいに書くのが難しい場合のお仕事です。
書道の資格やきれいな字を書くのが得意な人に向いています。
1個あたり30〜60円程度です。

自宅でできる内職:パソコン、スマホ系


自宅でできる内職もあります。
具体的には以下のものが挙げられるでしょう。

  • 文字起こし
  • データ入力
  • アンケート回答
  • アフィリエイト
  • カスタマーサポート
  • ライター

これらの仕事は、誰にでもできるものもありますが、中には専門スキルを求められるものも。
「せっかく内職するなら新しいスキルを身に付けたい!」
そんな人におすすめです。
ではそれぞれの内職の内容を詳しく見ていきましょう。

文字起こし

文字起こしとは録音したものを書き起こすお仕事です。
会議の議事録やインタビュー取材などがあります。
60分など録音されたものに対して、1000円などが一般的です。
中には時給1,000円を超えるものもありますよ。

データ入力

データ入力とは、様々なデータを入力していくこと。
出来高になるので、作業するスピードによりけりですが、時給換算で1,000円を超えるケースも。
ブラインドタッチが得意な人やエクセルなどの表計算ソフトの扱いが得意な人に向いている仕事だと言えるでしょう。

アンケート回答

アンケート回答するお仕事もあります。
これも1件あたり10円くらいから。
アンケートを答えるだけで報酬を得られるため、報酬獲得までのハードルはそれほど高くありません。
大きく稼ぐことは難しいですが、隙間時間でも作業できるのがメリットです。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログなどに広告を載せ、見た人がクリックしたり、何か成約に繋がる行動を起こしたりした場合に報酬が入る仕組みのことです。
収入が入るまでに時間がかかりますが、うまく対策できれば大きな利益を出せる場合も。
ただしSEO対策に失敗した場合には収入が全く発生しない場合もありますので、注意が必要です。

カスタマーサポート

カスタマーサポートとは、いわゆる「お客様相談窓口」として電話やメールできた問い合わせに対応するお仕事のこと。
その会社ごとに問い合わせへの返答のルールやサービスの内容を把握することが求められるため、ある程度専門知識が求められます。
時給制になっていることが多いです。
対人コミュニケーションが得意な人に向いています。

ライター

ライターは様々ありますが、自宅でできるのはWEBライターになります。
クラウドソーシングがはやることで、在宅でも仕事を簡単に探せるようになりました。
単価としては文字単価0.1円〜3円程度が一般的です。
ただしライターとしてしっかり稼いでいくためには1円以上の案件で仕事をしていかなければ時給1,000円ほど稼ぐことも難しいでしょう。
ライターは下記のサイトで募集をしています。
ランサーズ:https://www.lancers.jp/
クラウドワークス:https://crowdworks.jp/

自宅でできる内職:変わり種系


自宅でできる内職としては他にもこのような仕事があります。

  • リモートアシスタント
  • 愚痴聞き
  • モーニングコール
  • ジグソーパズル作成代行

ではそれぞれの仕事の詳しい内容について見ていきましょう。

リモートアシスタント

リモートアシスタントとは、オンライン上で作業の手伝いをすることです。
その内容は多岐に渡り、例えば以下のようなものがあります。

  • リサーチ
  • データ入力
  • スケジュール調整

など多岐に渡り、求められるスキルもそれぞれ異なります。
場合によっては月収でかなり稼げる場合もありますが、拘束時間がそれなりにある場合も。
そのため、隙間時間だけで働きたいという人には不向きです。
ただしある程度まとまった時間が取れるような人であれば、会社員並みに稼ぐことができる場合も。

愚痴聞き

愚痴聞きとはオンライン上で愚痴を聞くサービスのこと。
「この仕事に需要はあるの?」
とお考えの人もいるかもしれませんが、愚痴を言いたいけれど人に言うのが苦手という人も少なくありません。
オンラインで仕事を募集しており、中には年代別で募集されていることも。
スカイプなど対面で行うものから、電話で行うものまで種類は様々あるので、自分がやりやすいものを選ぶとよいでしょう。

モーニングコール

モーニングコールを代行で行うサービスです。
1件あたり50円〜150円程度とそれほど単価がよいわけではないため、それなりの収入を得るためには数をこなしていく必要があります。

ジグソーパズル作成代行

ジグソーパズルやクロスワードパズルを代わりに作るような作業も中にはあります。
作業の難易度は一概には言えませんし収入もはっきりと言えませんが、こうしたパズルが得意で早く解けるような人も場合にメリットがある仕事だと言えるでしょう。

在宅でできる内職は意外と多い!


今回は在宅でできる内職にはどんなものがあるのか、具体的に紹介してきました。
在宅でできる仕事は、実は細かいものを入れると非常にたくさんあります。
シール貼りなど誰でもできるようなものから、ライターのような専門スキルが求められるものまで、その内容は幅広いのが特徴。
自分にあった内職をこの機会に探してみてはいかがでしょうか。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です