在宅ワークの入力の仕事について!知識を得ておこう!

4 min
副業

データ入力の在宅ワークとは

データ入力の在宅ワークは、自宅にてデータ入力の依頼を受けて行うものです。入力をしている時間がない場合に、外注として依頼をする人もいるでしょう。データ化が必要なものを、依頼して仕上げてもらうために発注を行うのです。

仕事内容

仕事については、クラウドソーシングなどで案件を探して見つけることが多いでしょう。テストライティングがある可能性もあります。これについて、誤字脱字があまりなく仕上げるのが早いのなら、合格できる可能性があります。
既に経験のある人なら、この経験について伝えるようにすると仕事が得やすくなるでしょう。作業内容としては、データ化してほしい書類などを貰うケースが多いです。例えばエクセルの表やPDFになっているものを、メモ帳のテキストにしてほしいケースもあるでしょう。

収入・時間

時間については、こちらが取れる時間について折り合いをつける必要があります。どのくらいのスピードで出来るのかを、ある程度把握するようにしましょう。
このうえで、どのくらいの時間が要るのかを伝えることになります。文字入力については1文字0.3円くらいが多いでしょう。例えば1時間の間に初心者にとっては、多くの文字数を打つことができません。このため、どうしても時間給が低くなってしまうのです。慣れている人なら、多くの文字数を性格に打てるので、自然に時間給も上がるでしょう。

パソコン知識やタイピング技術は必要?

パソコンの知識については、メールの送受信、Wordソフトについての入力知識などが必要です。Wordファイルでの納品を希望されることも多いのですが、Excelでの納品を依頼されるケースも。
これ以外にも、テキスト形式での納品を希望される場合があるため、Windowsで言えばメモ帳などのソフトでの入力もできるようにしておきたいですね。タイピング技術については、ワープロ検定を取得する必要はありませんが、ブラインドタッチはできるようにしておきたいところ。
自分自身でも、できるだけ数をこなすようにすると、スピードアップできていくのを感じるでしょう。

データ入力の種類

データ入力には、様々な種類があります。いくつかのものについてお伝えしていきましょう。

単純データ入力

ベタ打ちと呼ばれるように、句読点だけがあれば改行などを必要としないような単純データ入力もあります。この方が多くの文字数を打てるのですが、この分単価が低い可能性があるでしょう。

文字起こし

話している内容を、文字にしていくというものです。話す内容についてこれを文字にするため、スピードが要求されるものもあるでしょう。
相手の話だけではなくて、自分からの話についても文字起こしをする仕事もあります。相手がゆっくり話すとは限りませんので、ひたすら入力をし続けないと、間に合わなくなってしまい焦ってしまうかもしれません。

テープ起こし

テープ起こしについては、実際に音声ファイルをもらいこれについて出来るだけ性格に文字にしていきます。音声ファイルに雑音が入っている場合には、聞き取りにくいので大変ですが、静かなところで話しているのなら、自然に聞きとることも可能でしょう。

データ入力のメリット・デメリット

データ入力にはメリットとデメリットがあります。どちらも理解したうえで、始めるようにしたいですね。

メリット

データ入力のメリットは、あまり頭を使わなくても、手だけを動かしていくという点でしょう。無心になって行える仕事でもあるので、例えばメンタルが辛いような時でも、在宅ワークとして働ける可能性があります。

デメリット

デメリットとしては、単純作業だと感じてつまらないと思ってしまうこと。楽しいと思えるのなら良いのですが、単純作業に感じて創造性がないと思うと、退屈だと思い飽きてしまう人もいるでしょう。

【初心者向け】データ入力の在宅ワークの始め方

データ入力の在宅ワークを初心者がスタートするのなら、どのような手順が必要になるのでしょうか。ステップについてお伝えしていきましょう。

サイトに登録する

クラウドソーシングや入力の仕事に特化したサイトに、登録をすることから始めましょう。これにより、実際に仕事を受ける準備ができるようになります。

仕事を選ぶ

何を重視して仕事を選ぶのかは、自分の希望する条件により違うもの。例えば単価重視の人もあれば、納期に余裕があるものを優先する人もいます。もしくは、入力作業にも様々なものがありますので、自分の得意とする種類を選ぶ人もいるでしょう。

作業・納品

作業をしていき、仕事のできる時間帯にどんどん進めていきましょう。時には息抜きもしながら、納期に合わせる必要があります。できるだけ納品前には、納品物をチェックしましょう。勘違いをして仕上げていた可能性もあります。
こうなると、再度やり直しになってしまうので、途中で確認しながら作業をするのが理想的ですね。もしも作業が出来て納品後に、発注者に仕事のスピードや丁寧さを認めてもらえれば、良い評価をもらえますので、優先的に仕事を回してもらえるようになるでしょう。

【初心者向け】データ入力のコツ

データ入力を初心者が行う時には、このコツについて理解をしておくようにしましょう。理解ができれば、より仕事がしやすくなるはずです。

初心者が気をつけたいこと

仕事を選ぶ時には、単価よりもできれば納期に余裕のあるものを選びましょう。急いで仕上げてしまうと、ミスが目立つかもしれません。納期に余裕がない、急募の仕事については単価が高い可能性があります。でもその分、ミスが増えてしまう可能性があるのです。
初心者の場合は、余裕を持って丁寧な仕事ができるようにしましょう。クライアント評価が見られるようなサイトなら、どのようなクライアントなのか、以前作業した人が書いている可能性もあります。
穏やかにやりとりができるクライアントかどうかを、確認してから仕事を受けるのも必要ですね。

収入アップを目指すには

収入アップを目指すためには、タイピングが速くなることが大切です。でも速いだけではなく、丁寧な仕事ができるのも重要と言えるでしょう。
どんなに量をこなしても、ミスが多いようでは仕事として成り立ちません。このため、タイピングについては、速さだけではなくて丁寧さも意識しましょう。
単価の高い仕事については、ライバルが多い場合が多いので、いくつか仕事を経験したうえでチャレンジするようにした方が、テストなどでも受かりやすくなるでしょう。

クラウドワークス

クラウドソーシングとして大手ですから、安心して仕事ができるでしょう。データ入力の仕事も多いですから、まずはタスク作業から始めるといいですね。タスク作業の場合は、単価は低いものが多いですが、発注者とのやりとりがほとんどないので、気持ちが楽というメリットがあります。

クラウドワークス:https://crowdworks.jp/

ランサーズ

ランサーズは、現在どのようなジャンルの仕事や仕事内容があるのかを探しやすいメリットがあります。実際にデータ入力の案件も多いですから、こちらにも登録をしておいて早くデータ入力の作業に慣れるように、数をこなしていくといいですね。

ランサーズ:https://www.lancers.jp/

在宅ワークの入力について

在宅ワークの入力は、自分に合うと思うとしたら始めてみる価値があります。社会とのつながりを持てる喜びを感じながら、在宅ワークのスタートとしてやってみるのも良いでしょう。
焦らずに、自分のペースを大切にしながら仕事をしてレベルアップしていくようにしましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です