在宅でできる文字起こしのバイトを始めるにはどうしたらいいの?

4 min
副業

在宅で出来る!文字起こしのバイトとは


自宅で気軽にできる仕事を探している人に、文字起こしのお仕事はとてもおすすめです。初心者でもできるものもあれば、専門スキルを必要とする高単価のお仕事もあります。
慣れるまではなかなか安定した収入を得られませんが、ベテランになれば暮らしていく上で必要なお金を稼げるようにもなるお仕事です。

仕事内容

録音された音声を文章に書き起こすことが、文字起こしの具体的な仕事内容です。会議やインタビュー、講演会などの録音音声を文章にしていきます。
一見すると、音声の内容をそのまま文章にするだけの簡単な仕事のようですが、慣れるまでにある程度時間がかかるものでもあります。

文字起こしに向いている人・向いていない人

余分な単語が多い話し言葉を書き言葉にまとめるためには、文脈を正しく判断して書き起こさなければなりません。文字起こしの仕事には、音声の中に出てきた単語が必要か不必要かを判断する力が必要です。
出てきた単語が文章の中に必要なものかどうか判断に迷う場合はクライアントに相談しなければならないので、コミュニケーション能力も求められます。音声だけでなく別に資料を渡され、内容を確認しなければならないこともあります。
タイピングが早く、ある程度の文章力がある人に文字起こしのお仕事は向いています。

初心者の収入と稼働時間

慣れない人は、1時間の音声を書き起こすのに1週間以上かかることも珍しくありません。多くの場合文字起こしの仕事は時給ではなく、音声の長さによって報酬が決められます。
1つの音声を書き起こすのに時間がかかってしまいがちな初心者は、慣れるまでなかなかまとまった収入を得られないでしょう。慣れるまで頑張れる根気のよさが求められます。

慣れてきたらどれぐらい稼げる?

初心者はどうしても1つの案件をこなすのに時間がかかってしまいがちですが、ベテランになってくると文字起こしの仕事だけで生活費が稼げるようになります。1時間の音声を3〜4時間で書き起こせる人も少なくありません。
コツコツと続けていくことでスキルがアップするだけでなく、クライアントから継続して仕事を受注できるようにもなります。仕事として成り立つようになり、暮らしていく上で十分なお金が稼げるようになるでしょう。

文字起こしのバイトを始めるには


最近では、文字起こしのバイトを始めるハードルも低くなってきました。文字起こしの仕事をするために必要な準備や始め方をご説明します。

必要な準備

自宅で文字起こしの仕事をする際、パソコンは必須です。文章作成ができるソフトが入ったパソコンを用意しましょう。納品の際のファイル形式を指定されることもあるので、クライアントの要望に対応できるソフトを選ぶ必要があります。
仕事で使う音声は、WAVE、MP3、WMAなどのファイルで送られてきます。これらのファイルの音声が聞けるソフトも必要です。フリーソフトも多く存在するのでダウンロードして用意しておきましょう。音声を聞くためのヘッドフォンも用意しておくと便利です。
*パソコンで音声が再生できる無料ソフト一覧
https://freesoft-100.com/pasokon/player-music.html

クラウドソーシングに登録する

最近では、クラウドソーシングから文字起こしの仕事を受注できるようになりました。
クラウドソーシングとは、不特定多数の人に仕事を発注・受注できるサービスです。仕事を探している場合、サイトに登録すると案件を受注できるようになります。報酬の一部を手数料として支払うことで誰でも利用できます。
メールアドレスなどを登録することで利用できるので、文字起こしの仕事をしたい人は登録してみましょう。

仕事を選ぶ

クラウドソーシングのサイトに登録することで、文字起こしの仕事は探せます。実際に仕事が決まるまでの流れを把握し、仕事選びポイントをおさえて利用しましょう。

仕事が決まるまでの流れ

登録したサイトの中から、文字起こしの仕事を発注したいクライアントを探します。多くのサイトでは「文字起こし」のカテゴリがあるので、その中から自分にできそうなものを選びましょう。
やりたい案件を見つけたら、クライアントに「提案(応募)」をします。過去の実績や、1週間あたり作業可能時間などを説明し、クライアントに選んでもらえるようにアピールしてください。
クライアントが提案内容を見て合格したら仕事を受注できます。受注が完了したら仕事をスタートさせます。
クライアントと信頼関係ができると、継続して案件を発注してもらえるようになることもあります。さらに実績を積み重ねていくことで、他のクライアントからも案件を受注できるようになります。

仕事選びのポイント

まずは、初心者でもできるような簡単な案件から挑戦していきましょう。案件の一覧の中には「初心者歓迎」というものもあるので、ここから始めることをおすすめします。
また、文字起こしをしたことがない初心者は、youtubeなどの動画の文字起こしをして練習をすることをおすすめします。10分間だけでもいいので、インターネット上の無料の音声を書き起こしてみましょう。仕事のスキルアップにつながります。

文字起こしを始めたい人におすすめのクラウドソーシング


クラウドソーシングのサイトを利用すれば、文字起こしの仕事をすぐに探せます。登録は簡単なので気軽に始めてみましょう。以下では文字起こしのバイト初心者におすすめのサイトを3つご紹介します。

ランサーズ

クラウドソーシングサイトの中でも、文字起こしの案件が比較的多いと言われているサイトです。信頼できるクライアントが多く利用しているので、安心して仕事を受注できます。
サイト内での評価が分かりやすいので、一つ一つの仕事で高い評価を得られればより多くの仕事を受注できるようにもなるでしょう。高単価の案件も数多く用意されています。
ランサーズ

クラウドワークス

ランサーズと同様、業界最大手のサイトで初心者ができる案件も探しやすいでしょう。未経験者でも挑戦できる案件がたくさんあります。
高単価の仕事も多く見つかるので、文字起こしの仕事でキャリアをステップアップさせたい人にもおすすめです。専門スキルのある人でも活躍できます。
クラウドワークス

シュフティ

「シュフティ」という名前の印象通り、主婦(主夫)におすすめの案件が多く見つかるクラウドソーシングサイトです。家事や育児、介護の合間にできる仕事が多く扱われています。
ランサーズやクラウドワークスと比べて専門スキルを必要とする案件の数は少ないですが、そのぶん初心者でもできる仕事が多いのが特徴です。未経験者や無資格でもできる案件を簡単に見つけられるでしょう。
シュフティ

文字起こしのバイトをクラウドソーシングサイトで探してみましょう


初心者はなかなか収入につながらず、悩むことも多いかもしれませんが、慣れてくると文字起こしのバイトでまとまった収入を得られるようになります。スキルを積み重ねていくうちにやりがいも感じられます。
最近では、文字起こしの仕事をクラウドソーシングサイトでも簡単に見つけられるようになりました。初心者でもできるものも多く存在するので、探して挑戦していきましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です