全然違う?在宅ワークと内職の違いとは

4 min
副業

意外と知らない?在宅ワークと内職の違い


ここでは在宅ワークと副業とは何か、具体的な違いや特徴について見ていきましょう。
こちらにも記載しています。

家にいながら仕事ができるの?在宅でできるバイトを見つけて働こう

在宅ワークとは

在宅ワークとは、自宅を職場として仕事をすることです。
原則として雇用されておらず、全ての管理を自分で行う必要があります。

内職とは

内職とは、「家内労働」とも呼ばれています。
企業などに雇用され、シール貼りや部品の組み立て、梱包作業などを行います。
どちらかというと単純作業が多いのが内職の特徴です。

在宅ワークと内職の違い【仕事内容】

在宅ワークと内職の仕事内容から見た違いは、その仕事内容にも現れます。
在宅ワークの場合、仕事の内容が非常に多く、例えば以下のようなものも在宅ワークの一つです。

  • メディアのディレクター
  • プログラマー
  • デザイナー
  • 翻訳家
  • ライター
  • テープ起こし
  • データ入力

など専門性の高いものから低いものまでたくさんの種類があるのが在宅ワークの特徴です。
これに対して、内職の場合はそれほど豊富な種類はありません。

  • 箱の組み立て
  • シール貼り

など比較的単純作業が多いのが内職です。

在宅ワークと内職の違い【法律】

在宅ワークと内職の違いは法律面でも違いがあります。
まず在宅ワークは、個人事業主として扱われるため、法律で保護されることはありません。
仕事を探すときもあっせん業者に紹介してもらうなどはできますが、基本は自分で探す必要があります。
これに対して内職の場合には「家内労働法」という法律で以下のことが定められています。

  • 工賃の最低額
  • 安全面への配慮
  • 衛生面での配慮

これらの法律で内職の場合には労働環境が守られているのが特徴です。

在宅ワークと内職の違い【給与システム】

在宅ワークと内職の給与システムの違いについて見ていきましょう。
どちらも共通している場合が多いのはいわゆる「成果報酬」であることです。
成果報酬とは、その成果を渡してはじめて報酬が発生する仕組みのこと。
ただし内職の場合には、単純作業が多いため、量をこなすと言っても限度があり、一定水準以上の報酬を得る難易度はかなり高いです。
これに対して在宅ワークの場合には、仕事の内容や専門性に応じて報酬額が大幅に変わります。
専門性が高いゆえに、作業時間もそのスキルで大幅な短縮ができる場合もあります。
こうした点から在宅ワークの場合には自分の最良次第で稼げる可能性が高いと言えるでしょう。

在宅ワークのメリット・デメリット


在宅ワークのメリットとデメリットはどんなものがあるでしょうか。

メリット

在宅ワークのメリットは、以下の点が挙げられます。

  • 仕事の自由度が高いこと
  • 仕事の専門性を高めることで収入を増大させられること

在宅ワークの場合、仕事を自分で選べるため、自由度が圧倒的に高いのが特徴です。
自分がしたくないと判断した仕事は断ることもできますし、したい仕事を自分で選ぶこともできます。
さらに在宅ワークの場合には、その専門性が高ければ高いほど、高収入が期待できます。
そのため、より高収入を得たい、という人におすすめです。

デメリット

在宅ワークのデメリットは、個人事業主となるため、自己管理が必須なことが挙げられます。
また会社が守ってくれるわけではないため、何かがあっても自分だけで対応する必要があります。
そのため、自己管理しきれない人にはおすすめできないかもしれません。

内職のメリット・デメリット

内職のメリット・デメリット-h2
内職のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

内職のメリットは特別なスキルを必要としないものや、難易度が高いものが少ないため、気軽に始められることがメリットです。
また会社に雇用される形で始めるため、トラブルが起こりにくく、安心感があります。

デメリット

内職のデメリットは、単純作業が多いため、どうしても稼ぐのが難しいことが挙げられます。
大きく稼ぐ、という人にはあまり向きません。

在宅ワークの始め方


在宅ワークを始めるなら、クラウドソーシングがおすすめです。
おすすめサイトとしてはクラウドワークスかLancersが挙げられるでしょう。
というのも、案件数が多いため、仕事を見つけるハードルが低いことがその要員として挙げられます。
登録に必要なものも多くないためすぐに始められますよ。

おすすめの在宅ワーク3選


在宅ワークのおすすめは以下のものが挙げられます。

  • ライティング
  • ホームページ制作
  • アフィリエイト

ライティング

ライティングとは記事を作成する仕事です。

仕事内容

仕事の内容としてはウェブ上のライティングが主な仕事になります。

どんな人が向いているか

ある程度の文章力は必要ですが、それ以上に必要になるのが、わからないことを検索して調べられるリサーチ力がある人が向いていると言えるでしょう。

報酬の目安

稼ぎたいのであれば、1文字1円〜の案件を探すのがおすすめです。
それくらいであれば、副業で週1回であっても5万くらい稼ぐことは不可能ではありません。

ホームページ制作

ホームページ政策とはホームページの作成を行うことです。

仕事内容

その名前の通りホームページの作成を行います。

どんな人が向いているか

SE経験がある人におすすめです。

報酬の目安

案件にもよりますが、簡単な制作で5万円〜だと考えるとよいでしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとはブログなどで広告記事を作成していく仕事です。

仕事内容

仕事としてはブログ上に記事を書き、その上に商品広告を掲載します。

どんな人が向いているか

コツコツ継続して記事をかける人に向いています。

報酬の目安

1年ほどは報酬がないことが多いです。
ただし、一度検索上位に掲載されると、ある程度安定した収入が入りやすくなります。

内職の始め方


内職はタウンワークなどでも探すことができます。
そのほかにも求人サイトであれば在宅の仕事を募集しているものもありますので、そちらを探してみるとよいでしょう。

おすすめの内職3選


おすすめの仕事としては以下のものがあります。

  • シール貼り
  • アクセサリー制作
  • データ入力

シール貼り

シール貼りの仕事について見ていきましょう。

仕事内容

その名前の通り、ハガキや様々なものにシールを貼っていくお仕事です。

どんな人が向いているか

コツコツと細かい作業が好きな人におすすめです。

報酬の目安

報酬としては、1つ1円〜が相場になります。

アクセサリー制作

アクセサリー制作の仕事の内容を紹介します。

仕事内容

アクセサリー制作は様々なアクセサリーを作成していくお仕事です。

どんな人が向いているか

シール貼りより器用な作業が得意な方におすすめです。

データ入力

データ入力の仕事もおすすめです。

仕事内容

エクセルデータなどに、顧客情報や、様々なデータを入力していくお仕事です。

どんな人が向いているか

パソコン操作に慣れている人、表計算ソフトの扱いに慣れている人などにおすすめです。

報酬の目安

報酬としては、時給あたり1,000円程度が目安になるでしょう。

在宅ワークと内職、自分にあった方で仕事をはじめてみよう


今回は在宅ワークと内職の違いについて開設しました。
在宅ワークと内職は似ているようで大きな違いがあることがお分りいただけたのではないでしょうか。
自分にあった方法で内職をこの機会にはじめて見てください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です