在宅ワークのおすすめは? 初心者でもできる仕事がたくさん!

4 min
副業

在宅ワークのメリット・デメリット


「在宅ワークにはどんなメリットとデメリットがあるのかわからない」
そうお悩みの方も多いかと思います。
ここでは在宅ワークのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット

在宅ワークのメリットは以下の点です。

  • 育児や介護と両立できる
  • 人間関係を自分で選べる
  • 時間を有効活用できる

ではそれぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

育児や介護と両立できる

在宅ワークは育児や介護と両立しやすいことがメリットです。
育児や介護は目が話せないことも多く、外で仕事をするのが難しいですが、在宅ワークであれば、育児や介護と両立することができます。
「育児や介護で時間が拘束されるけれど、稼ぎたい」
そんな人におすすめです。

人間関係を自分で選べる

在宅ワークは人間関係を自分で選べることがメリットです。
在宅ではない仕事の場合、仕事上の付き合いたくない人ともうまく折り合いをつけて、仕事をしなければならない場合があります。
ですが、在宅ワークであれば、そうした人間と無理に付き合う必要はありません。

時間を有効活用できる

在宅ワークは自分の空いた時間、いつでも好きな時間に始められるので、時間を有効活用できます。

デメリット

在宅ワークのデメリットは以下の通りです。

  • 困った場合の相談相手が少ない
  • 収入が安定しない
  • 何かあっても自分で処理しなければいけない
  • 自己管理ができないとセルフブラックになることも

ではそれぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

困った場合の相談相手が少ない

在宅ワークのデメリットは、困った場合に相談できる相手が少ないことです。
在宅の場合、同僚や上司はおらず自分一人で作業しなければいけません。
そのため、困ったことが起きたときにも誰にも相談できず、自分だけで判断を下さなければいけなくなることも。

収入が安定しない

在宅ワークの多くは、時給ではなく、できた成果物に対して支払われるため、収入が安定しません。
特に最初の慣れないうちは仕事が安定しにくく、「アルバイトの方がよかったのでは」という思いが芽生えることもありえます。

何かあっても自分で処理しなければいけない

在宅ワークは全て自己責任のため、何かトラブルがあった場合に全て自分で対処しなければいけません。

自己管理ができないとセルフブラックになることも

在宅ワークはある程度自分で自由に仕事量を調整できますが、それでも納期や締め切り、自分ができる作業時間をうまく計算してコントロールできないと、セルフブラック状態に陥る可能性も。
特に自分が病気で倒れた場合などでも代わりがいないことも珍しくないため、そんな場合でも自分で対処する必要があります。

在宅ワークの探し方


在宅ワークの探し方は以下の3通りです。

  • 企業の求人に自分で応募する
  • クラウドソーシングに登録する
  • 求人誌などから探す

企業の求人に自分で応募する

在宅ワークの中には企業が求人を出しているものもあります。

  • データ入力
  • モニター

などの仕事を求人サイトなどで募集されていることもあるため、そうした求人を探してみるのもよいでしょう。

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは、いわゆる業務委託の形で、ネット上の仕事をする方法です。
案件ごとに選ぶことができ、クライアントとの信頼関係を築くことで、安定した仕事をもらえることも。

求人誌などから探す

タウンワークなどの求人誌からも募集することができます。
データ入力などの比較的難易度が低いものが多いため、在宅ワークの初心者でも始めやすいのが特徴です。

在宅ワークでおすすめの仕事


在宅ワークでおすすめなのは、以下のお仕事です。

  • データ入力・収集
  • モニター

データ入力・収集

データ入力はその名前の通り、様々なデータをエクセルなどの表計算ソフトに入力してい仕事のことです。
エクセルなどに打ち込むのに特殊なスキルは必要なく、最低限のPCスキルで始めることができ、在宅ワークをとりあえずはじめてみたいという人におすすめのお仕事です。

モニター

アンケートモニターなど、アンケートに答えることで、報酬を得ることができる方法もあります。
アンケートの種類にもよりますが、最短で1分程度のものからあり、アンケートの回答に特殊なスキルを求められることはほとんどないため、初心者でもおすすめの在宅ワークです。
マクロミルなどのサイトで、アンケートモニターの案件を募集しているため、そうしたサイトで探してみるとよいでしょう。

ライティング


「ライティングは初心者には難しいのでは?」
そう考える人が少なくありませんが、むしろ初心者の方にこそライティングはおすすめです。
というのも、ライティングの仕事の中には初心者でもはじめられるものが少なくないからです。
スキルを身に付けることで、より単価をあげて仕事ができる場合も。
ブログを自分で立ち上げてアフィリエイトで稼ぐ、ということも選択肢ですよ。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログなどに広告を貼り付け、その広告を通じて読んだ人が何らかの購買に繋がる行動をしたときに報酬が発生する仕組みのことです。
SEO対策をしっかりと施し、検索上位に載せられれば、大幅な収入増加が期待できることも。

オススメのクラウドソーシング


「クラウドソーシングで仕事を探したいけれど、どこで探したらいいのかわからない」
そんな人も多いかと思います。
そんな方におすすめなのは以下のサイトです。

  • Lancers
  • クラウドワークス
  • サグーワークス

Lancersとクラウドワークスは、案件数が多く、初心者でもはじめやすい案件が多いのが特徴です。
そのため、在宅ワークをやったことがないけれど、まずはじめてみたい、という人は上記の2つのサイトからはじめてみるとよいでしょう。
サグーワークスはライティングに特化した求人サイトです。
在宅ワークでライティングをはじめてみたいという人は、まずこのサイトからはじめてみるとよいでしょう。
ランサーズ:https://www.lancers.jp/
クラウドワークス:https://crowdworks.jp/
サグーワークス:https://works.sagooo.com/

クラウドソーシングを使った稼ぐコツと注意点


「クラウドソーシングをはじめて稼ぎたい!」
という人は少なくないかと思います。
クラウドソーシングでしっかりと稼いでいくコツと注意点があります。
具体的には以下の通りです。

まずは一つ案件を納品する

クラウドソーシングで稼ぐためには、どんな案件でもよいのでまずは一つ納品することからはじめましょう。
というのも、はじめてクラウドソーシングをする場合には、案件の探し方もつかめていないからです。
案件の良し悪しをクラウドソーシングの初心者が判断するのが難しいですよ。

プロフィールを充実させる

クラウドソーシングで稼ぐためにはプロフィールを充実させましょう。
特に最初のうちは実績として見せられるものが少ないため、クライアントの立場からすると、プロフィールを通じて判断することが少なくありません。

意識して評価を上げていく

クラウドソーシングでは多くのサイトで、「評価」がつけられています。
というのも、ネット上だけのやり取りで完結するため、どのくらい信頼できるのかわからないことが少なくないからです。
Lancersなどでは一定以上の水準の人を「認定ランサー」とすることで、そのサイトの中で上位の人を線引きする仕組みが存在しています。
評価をあげていくことで、単価のよいものや難易度が高いものでも、提案が採用されやすくなりますよ。

クラウドソーシングを利用する際の注意点

クラウドソーシングをするときには注意点がいくつかあります。
具体的には以下の通りです。

  • 案件を請け負いすぎる
  • 複数のサイトに登録し、評価が分散する

案件を請け負いすぎる

クラウドソーシングでは、好きなだけ案件が受けられますが、案件の量をある程度コントロールできないと、スケジュールに無理が出てしまうことも。
特に納期通りに納品できない場合、評価に大きく影響しますので、納期までに納品することはとても大切です。
実績にも関わることなので、自分の作業スピードが確認できる前はある程度余裕を持って案件を受けるとよいでしょう。

複数のサイトに登録し、評価が分散する

クラウドソーシングのサイトを複数登録するデメリットとしては、評価が分散してしまうことがあげられます。
サイトの評価は案件の受けやすさに直結する部分です。
そのため、あまりに多くのサイトで案件を受けていると、評価が分散し、案件が取りにくい状態になってしまいかねません。
まずは一つのサイトで評価を積み上げて、おくことが効率的に稼ぐための近道ですよ。

在宅ワークは初心者でも簡単

今回は在宅ワークでどんな仕事がおすすめなのか具体的に開設しました。
在宅ワークはやったことがないと敷居が高く感じるかもしれませんが、初心者でも簡単にできる仕事が少なくありません。
ぜひこの機会に探してみてはいかがでしょうか。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です