在宅でできる仕事は本当に仕事として成り立つの?実態とおすすめの自宅でできるお仕事

4 min
転職

在宅で出来る仕事って稼げるの?


本業・副業問わず、家で仕事をする「在宅ワーク」に注目が集まっています。しかし、果たして家にいながら本当に稼ぐことができるのでしょうか。まずは「在宅ワーク」の実態をご説明します。

在宅ワークとは

個人事業主が自宅を作業場として仕事をすることを「在宅ワーク」と呼びます。よく「内職」と混同されがちですが、在宅ワークと内職の雇用形態は全く異なります。
内職はあくまでも企業に雇用されながら自宅で作業をすることを指す一方で、個人事業主の在宅ワークはどこからも雇用されていません。

在宅で仕事をしている人の割合

最近では副業をしているサラリーマンも増えてきました。在宅ワークはサラリーマンの副業としても人気です。政府や大手企業が副業を解禁する中で、今後も在宅ワークで副業をする人は増えていくことが予想されます。
一方、本業として在宅ワークを始める人も少なくありません。育児や介護など、家庭の事情で時間や場所に制限のある人が、本業として在宅ワークを選択するケースもあります。
少子高齢化が進む中で、今後は在宅ワークを本業とするのもより一般的になっていくでしょう。

気になる収入は?


平成25年の厚生労働省の調査によると、在宅で仕事をしている人の約50%が「1年間の在宅ワークでの収入が20万円以下だった」と答えています。年間で300万円以上稼いでいるのは10%ほどです。
しかし、年間で100万円以上稼いでいる人も全体に20%ほどいます。
この調査では副業でやっている人と本業として家で働いている人が混ざっているので、収入に大きなばらつきがありますが、本業で在宅ワークを行えば稼げる確率は高まるかもしれません。
参照サイト
http://homeworkers.mhlw.go.jp/research/research-h25.html#q4

本業として在宅ワークを選ぶメリット・デメリット


在宅ワークでは、自分の裁量で仕事を進めることができます。そのため働く時間や、やり方などは個人で決められます。家事や育児、介護などで働ける時間が限られている人にとって好都合です。
一方デメリットとしては、モチベーションを維持しにくいことが挙げられます。家にある仕事以外の誘惑に負けないため意思も必要になってくるので、意思が弱い人には在宅ワークは向きません。

副業として在宅ワークを選ぶメリット・デメリット


メリットとしては、退勤後などの空いた時間に仕事ができることが挙げられます。その分収入が上がり、経済的に余裕が持てるようになるでしょう。
他にも在宅ワークの中には、本業でのスキルアップに繋がるものもあります。副業として在宅ワークをしたことによって、本業でのチャンスが広がるかもしれません。
ただし、勤め先によっては副業に制限を設けている場合があります。勤めている会社のルールに違反することで、処罰の対象になってしまうことがあるので注意が必要です。

初心者も始めやすい在宅ワークの種類


一口に「在宅ワーク」と言っても、さまざまな種類のものがあります。中には初心者でも簡単にできるものも少なくありません。
初心者でも始めやすい在宅ワークをご紹介します。

データ入力

クラウドソーシングサイトなどで見つけられる仕事で、基本的なパソコン操作ができる人であれば簡単に始められます。

  • スケジュール管理が得意で〆切が守れる人
  • タイピングの速さに自信がある人

に向いている仕事です。
家事と家事の合間などの隙間時間にできる一方で、一つの仕事あたりの単価が安いのでまとまった収入を得るためにはたくさんの量をこなさなければなりません。

アフィリエイト

ブログに広告を貼ることで収入を得る「アフィリエイト」も、在宅ワークとして人気を集めています。ブログを立ち上げるためのコスト(2万〜3万円ほど)さえ払えば、誰でも始められるのも注目を集めている理由です。
ネットなどで検索すると、アフィリエイトでかなりの金額を稼いでいる人も目立ちますが、実際には「1ヶ月の収入が0円」という人は全体の1/4もいると言われています。
アフィリエイトはすぐに結果が出るものではないので、挫折する人が多いのも事実です。まとまった収入を得るためにはこつこつと続けられる根気が必要になってきます。

販売

メルカリやヤフーオークションなどを使って、不用品や自分で仕入れたものを販売する仕事です。
初心者はまず自宅にある不用品などを販売してみましょう。古着や古本などが意外と高値で売れることもあります。
慣れてきたら自分で商品を仕入れて、販売する人もいます。流行に敏感な人はまとまった収入が得られる仕事です。

資産運用系の在宅ワークの種類


資産運用によってお金を稼いでいる人もいます。中には生活する上で必要なもの以上の金額を得ている人も。成功するためにはコツをつかむことが重要です。
投資にはリスクが付きまといます。もちろん利益を得ることもありますが、「損をすることもある」ということを理解しておきましょう。

FX

投資初心者にもおすすめなのがFXです。外貨を売買して利益を得る取引のことを指します。24時間いつでも取引ができる点が、初心者から人気を集めています。
他の投資よりも比較的少額から始められる取引です。たくさんの資金がなくても始められます。
成功するためには投資に関する勉強をするようにしましょう。始める前に、最低限の知識を得ておくことも必要です。

古くからある資産運用ビシネスの一つ。企業が発行する株式を売買することで利益を得ます。
FXと異なる点は取引時間が決められていることです。そのぶん取引に制限がありますが、24時間投資に集中する必要がなくなり、気が楽だと感じる人もいます。
初心者でも気軽に始められるので、古くから根強い人気を集めている投資ビジネスです。

仮想通貨

比較的新しい資産運用方法である仮想通貨。価値の変動が激しいため、投資がうまくいけば利益が得られますがリスクも大きいのが特徴です。
少額から始められる投資ビジネスでもあり、初心者の参入障壁も高くありません。

起業系の在宅ワークの種類


自宅で起業する形で在宅ワークを始める人もいます。もともと持っている自分のスキルを活かせるのでやりがいも感じられるでしょう。

ネイル・エステなど技術系

資格などを持っている人は、自宅を事務所のように使って仕事をすることもできます。
最近ではネイリストの資格を持っている人が、自宅の1室でネイルサービスを提供するというケースも珍しくありません。
開業するのに最低限の設備を整えればできるものもあります。何か特定のスキルを持っている人におすすめです。

講師

定のジャンルで知識やノウハウを持っている人は、講師としても活躍できる可能性があります。「留学経験がある人が、自宅に生徒を呼んで英会話教室をする」といった形で仕事ができます。
生徒のニーズにマッチするように工夫することで、まとまった収入が得られるようになります。

ネットビジネス

インターネットを介して個人が仕事を受注できるネットビジネスも、在宅ワークとして人気です。特に初心者はクラウドソーシングサイトを利用して仕事を探すことができます。
ライターや翻訳、イラスト制作など幅広いジャンルの仕事が探せるので、持っているスキルを活かせるのも特徴です。
とても自由度が高く、自分の都合に合わせて量を調節できます。クラウドソーシングサイトに登録するだけで始められるので、初心者でも気楽に参入できます。

在宅ワークは自分に合ったものを選びましょう


仕事内容や労働時間も自分の裁量で決められる在宅ワーク。ですが、まとまった金額を稼ぐためには自分に合ったものを選ぶ必要があります。
本業の仕事や生活とバランスをとりながら、こつこつと取り組んでいきましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です