在宅ワークで正社員として働くのに向いている人・いない人

4 min
転職

正社員として働ける在宅ワーク


自宅で正社員として働く方法も、「新しい働き方」として最近人気を集めています。在宅ワークで正社員として働けるものにはどのような職種があるのでしょうか?職種や勤務形態について理解した上で働き始めるようにしましょう。
 

どんな仕事内容があるの?

在宅ワークで正社員として働ける仕事はたくさんありますが、その中でも特に自宅で仕事をしている人が多いものをご紹介します。持っているスキルが活かせる仕事を見つけて働くのが確実です。
 

WEBデザイナー

企業のホームページを作成することがWEBデザイナーの仕事です。HTMLなど専門の用語を駆使してホームページを作成し、企業の魅力を発信します。
クライアントである企業のイメージを大切にしながらホームページを作成するので、相手の要望を聞き出せるスキルが求められます。
大まかなデザインを決め、細部を作り込んでいきます。案件によってはロゴやアイコンなども作らなければなりません。常にクライアントの意向を確認し、希望されたデザインのホームページを作っていきます。
 

プログラマー

幅広いジャンルの仕事があります。従来は会社に勤めて仕事を行うイメージが強い職業ですが、パソコンがあればどこでも作業ができるため最近では自宅でプログラマーの仕事をする人も増えています。
スマホアプリの開発や、より効率よく企業運営ができるようなシステムづくりまで幅広いジャンルの仕事があります。フリーランスとして活躍する人もいますが、正社員として在宅ワークをしている人も少なくありません。
 

システムエンジニア

企業の要望に沿ったシステムを作る仕事です。あらかじめ準備しておかないといけないことなどもあるので、顧客目線で考えられるかどうかが重要になってきます。
在宅の場合、チャットワークやSkypeといったツールを使ってクライアントである企業の要望を聞き、システムの設計などを行います。直接企業のクライアントと顔を合わせることもありますが、基本的には自宅で仕事ができます。
 

勤務形態

在宅で仕事ができるといっても、勤務形態は勤めている会社によって異なります。
月に一回出社をしなければならない場合もあれば、自分でクライアントと直接会って打ち合わせをしなければならないこともあります。会社で開催される研修に参加するよう求められることも珍しくありません。
 

在宅勤務正社員のメリット


自宅で働くことで気持ちや時間にゆとりができることもあります。まずは、正社員として在宅ワークができることのメリット3つをご紹介しましょう。
 

通勤時間がない

家にいながら仕事ができるので、通勤する手間が省けます。満員電車に乗るストレスからも解放されるでしょう。「朝食を食べたらすぐに仕事」が可能なので、朝ものんびりと過ごすことができます。
 

どこでも仕事ができる

基本的に、在宅ワークはパソコンがあれば仕事ができるものが多いです。自宅だけでなく近所のカフェや旅行先などでも仕事ができます。場所を選ばず仕事ができることで、気分転換もしやすくなるでしょう。
 

子供の急病や用事にもすぐに対応できる

急な用事にも対応しやすいのは在宅ワークのメリットの一つです。子供が急病にかかった場合などでもすぐに病院に連れていくことが可能です。正社員として在宅ワークをすることで、育児や介護がしやすくなる人も多いでしょう。
 

在宅勤務正社員のデメリット


在宅ワークで正社員として働く上ではたくさんのメリットがありますが、一方でデメリットもあります。メリット・デメリットを踏まえた上で自分にとって適切な働き方を選ぶようにしましょう。在宅ワークのデメリット2つをご紹介します。
 

オン・オフの区別がつきづらい

日頃から慣れ親しんだものに囲まれながら仕事をしていると、オン・オフの区別がつきにくくなってしまいます。
どうしても誘惑に負けてしまい、楽な方に逃げてしまう恐れも在宅ワークにはあります。やる気が出ず、なかなか仕事に取りかかれない人も少なくありません。
 

社内にいる社員とのコミュニケーションが薄くなりがち

在宅ワークは一人で作業をしている気分になりがちです。正社員であっても、他の社員とのコミュニケーションが少なくなります。
自宅で行なっている仕事だとしても、チームワークであることがほとんどです。コミュニケーションが希薄になりすぎると支障が出てくることもあります。
 

正社員の在宅ワークに向いている人・向いていない人


自宅で働く働き方は、向いている人と向いていない人がはっきりと分かれます。在宅ワークを始める前に、自分に向いているのかどうかをしっかりと確認しておくようにしましょう。
「在宅ワークに向いている」と感じたとしても、勤め先の会社が決めた勤務形態や仕事内容によっては続けることが難しくなることもあります。在宅で働く場合は、事前にあらゆる要素をチェックしなければなりません。
 

向いている人

自分から机に向かって仕事が始められることが、最も重要になってきます。在宅ワークは自主性が求められる働き方です。人に言われなくても自ら仕事を始められる人でなければ、仕事ができません。
 

向いていない人

身の回りにある誘惑に流されやすい人は在宅ワークに向いていません。やる気が出ないと机に向かえないタイプはなかなか仕事ができないでしょう。そういう人は決められた時間に決められた場所に行って働く働き方が向いています。
また、在宅ワークは孤独になりがちです。ある程度人と会わなくても平気な人でないと孤独に耐えられないでしょう。社交的な人や人と会話することが好きな人には、在宅ワークは苦痛になってしまう恐れがあります。
 

在約勤務OK!おすすめの正社員求人を探すなら!


正社員として自宅で働ける求人は数多く存在します。在宅勤務ができる求人が見つかるサイトをご紹介します。
 

マイナビ転職

転職サイトとして有名なマイナビ転職ですが、在宅勤務ができる正社員の求人も数多く取り揃えています。正社員として自宅で働きたい人はチェックしてみましょう。
マイナビ転職
 

indeed

CMでも有名な求人サイトindeed(インディード)では正社員として在宅勤務ができる求人も見つかります。データ入力の仕事からプログラマーの仕事まで幅広い案件が用意されているので、希望する仕事が探しやすいでしょう。
indeed
 

リクナビNEXT

求人サイトの中でもトップクラスの求人数を誇るサイトである「リクナビNEXT」。正社員としての在宅ワークの求人もたくさん見つかります。
リクナビNEXT
 

自分に在宅勤務が向いているかどうかをチェックした上で働こう


自宅で働く働き方は、向いている人・向いていない人がはっきりと分かれます。
職種も幅広く、勤務形態も会社によって異なります。そのため実際に働く前に自分に合っているかどうかを見極めなければなりません。しっかりと確認をした上で働き始めるようにしましょう。
 
 
 ]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です