【インフルエンサー】マーケティングを5分で理解しよう

4 min
コラム

基本知識から、SNS別の活用方法などの応用編までを5分で分かるようにまとめました。
スピーディーにインフルエンサーマーケティングを学びたい人は是非お付き合いください。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは?
インフルエンサーマーケティングとは、匿名の個人やタレントなどを起用して、企業の商品やサービスを口コミで集客するマーケティング手法の一種です。
従来では、テレビタレントなどの有名人をインフルエンサーマーケティングの柱として起用することが多かったですが、近年では、フォロワー数が多く、拡散力の高い一般人を起用するケースがかなり増えてきています。
SNSの普及が著しく、タレントというジャンルに属さない個人でも影響力を持つ時代になっているためです。
メディア業界だと、アフィリエイトやブログ運営などで多くの収益を得ているイケハヤ氏などが有名ですね。
SNSには、イケハヤ氏のように匿名で、影響力を持つ人が増えてきています。
それにより、企業のブランド価値や、商品に合った人物の起用は、テレビタレントなどの有名人よりも高い費用対効果を得られることが期待できます。
実際どのような効果があるか、また、商品やサービスによって、どのSNSを利用するかで得られる効果は大きく変わります。
下記では、そういった部分について、詳しく説明していきます。
こちらも参考にしてください。

マーケティングに欠かせない存在?インフルエンサーとは?

インフルエンサーマーケティングの効果は?

インフルエンサーマーケティングの効果は?
どのSNSでマーケティングを行なっていくかによって、効果は違ってきます。
例えば、YouTuberの場合、人気のチャンネルだと、100万人ほどの登録者数を有しています。
そのユーチューバーが動画を一本あげると100万人のユーザーにリーチできるので、商品やサービスによっては、かなり高い効果が期待できます。

インフルエンサーマーケティングにかかる費用はどのくらい?

インフルエンサーマーケティングにかかる費用はどのくらい?
こちらもSNSやインフルエンサーによって、費用は変わります。
基本的には、フォロワー数やエンゲージメント率によってインフルエンサーとしての価値が決まるので、大体の単価相場は、フォロワー数の約2倍〜3倍程度になります。
同じインフルエンサーでも、ピンからキリまであるので、費用に見合ったインフルエンサーを選ぶのが一般的です。

今すぐインフルエンサーマーケティングを始めるべき3つの理由

今すぐインフルエンサーマーケティングを始めるべき3つの理由
インフルエンサーマーケティングを始めるべき理由を具体的な視点で3つ紹介します。
1.アクティブユーザーが多い
近年のSNSは、アクティブユーザーが増加傾向にあります。
ネットが普及し、個人がスマホを持つ割合いも増えているからです。
例えば、Instagramの場合、約5億人のアクティブユーザーがいるので、一つの投稿でリーチできる割合いがかなり高いです。
2.効果測定をしやすい
商品のPRをした場合、「どのような年齢層にどのくらいの規模でリーチできるか。」という効果測定がしやすいです。
テレビのCMだと、不特定多数の視聴者に対しての宣伝になるため、高額の宣伝費を払ったとしても、イマイチ効果が得られたかどうか分かりません。
インフルエンサーマーケティングの場合、フォロワー数やフォロワーの属性などが明確なため、どれほどの宣伝効果をもたらすのかが判断しやすいという大きなメリットがあります。
3.広告にも関わらず印象が良い
昨今、広告の貼られていないサイトの方が少なくなり、ネットユーザーが反射的に広告を避けようになる『バナーブラインドネス問題』の影響が年々高くなりつつあります。
しかし、インフルエンサーのファンであるフォロワーであれば、広告だと分かっていても、邪険に扱うことはありません。
それに、いいねやリツイートなどのアクションが多くなればなるほど、アルゴリズム上、たくさんの人にPR投稿が表示されるので、費用対効果もかなり高いです。

【SNS別】インフルエンサーマーケティングの効果的な活用方法

【SNS別】インフルエンサーマーケティングの効果的な活用方法
企業の商品やサービスによって、どのSNSを利用するかしっかりと考えことが必要不可欠です。
下記に主要なSNSを4つに分けたので参考にしてみてくださいね。

Instagram

Instagramは、画像主体のSNSなので、化粧品系やアパレル系など、見栄えが大事な商品に効果的です。
ハッシュタグによる拡散性も高く、アクティブユーザーが多いので、かなりおすすめのSNSです。
ただし、文字を利用しての訴求力は低いので注意しましょう。

Twitter

「バズる。」などという言葉があるほど、拡散性は随一です。
文字(140文字)での訴求力が強く、それに加え画像や動画も添付できるので、見栄えの良い商品というよりも、説明の必要なサービスなどと相性が良いです。
Instagramほどの影響力はありませんが、ハッシュタグも効果的なので、インフルエンサーがたくみにハッシュタグを使っているかどうかという点もチェックしたいところ。

Facebook

日本人は、他のアジア諸国と違い、Facebookはビジネスで利用するものという認識が非常に強いです。
その点から、ビジネス系の商材やセミナーなんかと相性が良いです。
また、Facebookにはグループを作成する機能があるので、グループの活動方針と宣伝内容がうまくかみ合えば、高い効果に期待できると言えるでしょう。

youtube

近年、インフルエンサーとしての起用率がかなり伸びているのがYouTube市場です。
拡散性こそは低いものの、安定感があり、コンバージョン率は、他のSNSより圧倒的に高いです。
テレビショッピングと同様、使用時のイメージがしやすく、購買意欲が高まるからだと考えれます。
商品やサービスとかみ合うと、かなり強いです。

インフルエンサーマーケティングに効果が出ない原因

インフルエンサーマーケティングに効果が出ない原因
効果が出ない原因としてよく挙げられるパターンは2つです。
・インフルエンサーとの相性が悪い
・SNSの選び方を間違っている
インフルエンサーを選ぶ際は、徹底的にリサーチをしましょう。
『フォロワーの属性』『インフルエンサーのキャラ』『商品イメージとの乖離がないか』このあたりは最低限みると良いです。
「SNSの選び方が違うかも?」ということであれば、上記の『【SNS別】インフルエンサーマーケティングの効果的な活用方法』を参考にしてみてくださいね。

これで失敗しない!インフルエンサーの選び方

これで失敗しない!インフルエンサーの選び方
上記でも少し触れた『フォロワーの属性』『インフルエンサーのキャラ』『商品イメージとの乖離がないか』の3点を深堀りします。
『フォロワーの属性』・・・フォロワーの年齢、性別、どういう系統なのか、これはインフルエンサーによって如実に違いがでます。ここが割り出せれば、宣伝のイメージも沸きやすいので、徹底的にリサーチしましょう。
『インフルエンサーのキャラ』・・・普段、どういった投稿をしているのか、フォロワーに対しどういうリプライをしているのか、またはしていないのか。ブランドイメージに関わることなので、コンプライアンス的な視点からしっかりとリサーチしましょう。
『商品イメージとの乖離がないか』・・・インフルエンサーマーケティングを行っていく上で、一番注意したいのは【ステマ】だと思われないことです。ステマだとツッコまれると、インフルエンサーとブランド、双方に悪影響を及ぼします。なので宣伝対象とインフルエンサーのイメージが合っているかどうかは慎重に判断しましょう。
以上の3つを遵守し、宣伝対象と一番マッチングするインフルエンサーを選びましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です