本当に稼げるの?インスタグラマーの収入の実態

4 min
副業

インスタグラマーとは?


インスタグラマーとは写真を共有して楽しむためのSNSであるInstagramを利用して企業の商品やサービスを宣伝する人たちのことを指します。スポンサーと契約したり、商品やサービスをPRすることで収入を得ています。
SNSで多くのフォロワーのが多く、影響力が強い人のことを「インフルエンサー」と呼ぶことがあります。インスタグラマーは特にInstagramを活用しているインフルエンサーです。
インスタグラマーはフォロワー数が1に対して1〜3円の報酬が得られるとも言われています。フォロワー数が多ければ多いほど収入も増える仕組みです。
最近のインフルエンサーの収入の平均は月収で50,000〜270,000円。通常の仕事では年齢が上がるに従って収入も増えていくものですが、インスタグラマーはどの年代もだいたい同じくらい稼いでいるのが特徴です。

インスタグラマーが企業と契約を結ぶためにやるべきこと


インスタグラマーの報酬は、直接Instagramから支払われるものではなく、契約した企業から支払われます。多くの企業と契約し、インスタグラマーとして活躍したいのであれば、まずはフォロワー数を増やさなければなりません。
フォロワー数が10,000を超え始めると、インスタグラマーとしての仕事も増えます。企業にとって魅力的な投稿をこつこつと続け、フォロワーを増やしていくようにしましょう。
現在SNSマーケティングに力を入れている企業は数多くあります。企業も日々SNSをチェックしているのです。
Instagramを更新することで「この人をPRに起用したい」と企業に思ってもらうことで契約にたどり着けます。
企業からオファーされ、インスタグラマーとして活躍したいのであれば、企業側に「自分を起用するメリット」をアピールする必要があります。

  • 企業が取り扱っている商品との相性
  • 企業にマイナスイメージがつかないかどうか
  • 広告媒体として使った場合、売り上げが上がるかどうか

これらのポイントで企業はインスタグラマーにオファーするかどうかを判断します。そのためインスタグラマーになることを目指してInstagramの投稿をするのであれば、以上の点を意識するようにしましょう。

インスタグラマーの収入の仕組み


インスタグラマーの収入がどのように発生するのかを、具体的に説明します。

どうやって収入を得ているの?

収入の得かたは大きく分けて3つあります。企業と契約を結ぶ方法だけでなく、個人でInstagramを活用して稼ぐ方法も存在します。
自分にあったやり方でInstagramの投稿をすることで、よりインスタグラマーとしての活躍の場が広がるでしょう。

広告

自身のInstagramのアカウントで企業の商品やサービスを宣伝する方法です。企業からオファーがあることで仕事をすることができます。
広告で稼ぐ場合、企業はインスタグラマーに広告料を支払います。契約を交わし広告料を受け取ったインスタグラマーは、企業のイメージを自身のアカウントで紹介します。
報酬の支払われ方にも3パターンあります。

スポンサー契約

企業がインスタグラマーと独占契約をし、広告料を支払うのがスポンサー契約の特徴です。

ギフティング報酬

PRする商品を報酬として受け取れる仕組みです。Instagram上でたくさんのバッグやブランド物の服を投稿している人は、ギフティング報酬を受けている可能性もあります。

PR投稿報酬

一般の人でも比較的参入しやすい仕事です。企業の商品やサービスを紹介する投稿をし、フォロワー数やいいねの数に応じて報酬が得られます。

グッズ販売

自分で作った作品の写真を撮影し、Instagramに投稿することで販売している人もいます。他にも自分で仕入れた商品を転売するためにInstagramを利用している人もいます。
会社員の副業としても人気がある上に、比較的簡単に参入できるので人気があるInstagramの使い方です。

アフィリエイト

ブログなどを運営することで広告収入を得るイメージが強いアフィリエイトですが、Instagramでもアフィリエイト収入を得ることができます。

収入が発生するまでの流れ

インスタグラマーとして稼ぐ上では様々な報酬の発生の仕方があります。
企業との契約によって報酬が発生する場合は、広告料としてお金をもらえる場合だけでなく商品を贈られたり、無料でサービスが受けられることもあります。
必ずしもお金がもらえるわけではありませんが、Instagramの投稿によって生活が豊かになる人も少なくありません。
自分で作った作品を販売して稼ぐ場合は、趣味が仕事になるのでやりがいを感じながら続けられます。販売サイトなどにも同時に登録し、自身のInstagramアカウントをギャラリーとして扱うことで、商品を販売できます。
Instagramでアフィリエイト収入を得るのであれば、プロフィール欄にアフィリエイトリンクを設置し、フォロワーにクリックを促します。リンクをクリックしたフォロワーが商品を購入した場合、報酬が得られる仕組みです。

稼ぐインスタグラマーの特徴


稼げるインスタグラマーには以下のような特徴があります。特徴を意識してアカウントを運営することで、企業からオファーが来やすくなるでしょう。

投稿内容に統一感がある

アパレル関係の投稿の中に突然スポーツ関係の投稿が入るなど、投稿内容に統一感がない場合企業にマイナスイメージを与えてしまいます。稼げるインスタグラマーになりたいのであれば、投稿に統一感を持たせるようにしましょう。
企業はインスタグラマーの属性をかなり意識して見ています。ころころと投稿内容が変わるインスタグラマーは非常に使いにくい存在です。そのため様々なジャンルの投稿をしているインスタグラマーは使いたがらないのです。

フォロワーに統一感がある

投稿だけでなくフォロワーにも統一感が求められます。様々なジャンルの人たちにフォローされているインスタグラマーはPRとして使いにくいです。商品を宣伝しても購買に至らない可能性が高いため、フォロワーに統一感のないインスタグラマーは企業からオファーが来ません。
フォロワーに統一感を持たせるためにも、一つのジャンルに特化した投稿を心がけましょう。

相互フォローを狙わない

フォロー数とフォロワー数のバランスも企業は見ています。
InstagramをはじめとするSNSではたくさんフォローすればそれだけフォロワーも増える可能性があります。しかしその特性に依存して、たくさんの人をフォローすることはやめましょう。
相互フォローは企業にとって印象が悪いです。魅力的な投稿をたくさんすることによってフォロワー数を増やすようにしていきましょう。

Instagramでお金を稼ぐポイント

おかね
Instagramでお金を稼ぎたいのであれば、企業にとって魅力的な投稿をたくさんするようにしましょう。起用することで売り上げが上がる見込みがあるインスタグラマーを企業は使いたがります。
インスタグラマーになるためにはフォロワーを増やすことが必須になってきます。投稿全体に統一感を持たせ、魅力的な投稿をコツコツと続けていくことで企業からオファーが来るようになるでしょう。

魅力的な投稿をたくさんしてインスタグラマーになろう


企業にとって魅力的な投稿をたくさんすることでインスタグラマーとしての道がひらけます。
フォロワー数が増えれば増えるほど、企業からオファーがくる確率も高まります。多くの人が興味をそそるような写真を撮影し、投稿してください。コツコツと投稿を繰り返し、フォロワーを増やしていきましょう。
こちらも参考にしてください。

インスタグラマーは注意!?スカウトされたらどうする?

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です