仕事ができる女性になるためのコツと意識したいこと

3 min
コラム

女性の平均年収は?


平成29年の厚生労働省のデータによると、女性の賃金は50〜54歳でピークを迎え平均月収は27万円です。一方で男性も50〜54歳でピークを迎えますが、平均月収は42万円となっています。
政府も女性の社会進出を後押ししていますが、まだまだ男女の賃金に差があることが分かります。

職業別平均年収ランキング


女性の職業別平均年収のランキングをご紹介します。

1位:航空機操縦士

平均年収:1200万円
航空機操縦士、つまりパイロットの仕事です。女性の仕事の中でももっとも平均年収が高い仕事はパイロットと言われています。しかし国内でパイロットとして活躍している女性は非常に少ないのが現状です。企業や大学のコースで訓練したのちに国家資格を取ることでパイロットになれます。

2位:医師

平均年収:1080万円
最近では、医師として活躍する女性も増えてきました。今後も医師の仕事に就く女性は増えていくことが予想されます。医師は「収入の高い職業」として以前から有名です。一方で、医師になるために必要な学費が高額であることも知られています。

3位:大学教授

平均年収:1020万円
女性の大学教授は比較的多いです。女性医師と同様、女性の大学教授数も増加傾向にあります。自分の専門分野について研究する仕事ですが、大学教授になるために必要な資格というものは存在しません。大学の博士課程を修了し、研究を続け、ポストに空きがあれば教授になれます。
4位:弁護士
平均年収:800万円
5位:大学准教授
平均年収:790万円
6位:歯科医師
平均年収:760万円
7位:公認会計士、税理士
平均年収:750万円
8位:記者
平均年収:700万円
9位:航空機 客室乗務員
平均年収:660万円
10位:大学講師
平均年収:640万円

「仕事ができる女性」の特徴は?


働いている多くの女性が、「仕事ができる女性」に憧れています。実際に周囲から「仕事ができる」と認められる女性はどんな人なのか、ご説明します。

周りの配慮をしながら、自分を持っている

基本的に仕事はチームワークで行うものなので、周囲への気配りが必要になってきます。一方で自分の意見をしっかりと持っていないと、よりよい成果を出すことはできません。
個人でもチームでも、仕事で成果が出せる女性は周囲への配慮と自分の意見のバランスが取れています。周りに配慮しながら自分の意見を伝えることで、全体を巻き込んで成果を出していきます。

仕事に打ち込むことができる

オンとオフの気持ちの切り替えが上手な人は、周りから「仕事ができる」と認めてもらいやすくなります。仕事の時は目の前の仕事に集中できるのが理想的です。
集中力は多くの仕事の現場で求められます。高い仕事への集中力を持っている人はそれだけ成果を出しやすいでしょう。
まずは目の前の仕事に集中するようにしてください。積み重ねていくことで「仕事ができる女性」という評価を得られます。

勤務年数が長い

長く会社に勤めることで、多くの経験を積めます。勤務年数が長い人ほど、仕事ができる傾向にあります。仕事での能力を高めたいのであれば、短期間に何回も転職を繰り返すのではなく、長く会社に勤めることも重要です。
しかし、ただ長く勤めればいいという話ではありません。常に改善をする工夫をすることで、仕事の経験を積めるようになります。長期間に及ぶ工夫の積み重ねが必要なのです。

スキルアップを苦としない

周囲に「できる人」と認めてもらうためには、スキルを高め続ける努力が必要です。仕事ができる人は、楽しみながらスキルアップをする工夫をしています。
苦しい思いをしながらスキルアップを目指そうとしても長く続けることができません。自分が楽しめる方法を考え、実践してスキルを磨くようにしてください。

合理的かつ論理的な考えができる

仕事の現場では、常に合理的かつ論理的な判断が求められます。安易に情に流された判断をしてはいけません。数字やデータを調べたりするなどして、根拠のある判断をするようにしましょう。

「仕事ができる女性」になるために身につけたいスキルは?


どのようなスキルを身につければ、「仕事ができる女性」になれるのかをご説明します。

コミュニケーション能力

よりよい仕事をするためには周囲への配慮をした上で、自分の意見も言わなければなりません。過度に自分の意見を主張しすぎてもいけませんし、逆に自分の意見を押し殺しても仕事の上ではマイナスになります。
「仕事ができる女性」になるためには、コミュニケーション能力が求められます。相手に配慮しながら意見を言えるようになりましょう。

生産性を上げる

作業を効率化し、時間あたりの生産性を上げる工夫をするようにしましょう。マルチタスクをしたり、仕事のスケジュール管理のやり方を工夫することで、生産性は上がります。
最近では、スケジュール管理をサポートしてくれるスマホアプリなどもあります。ツールを活用して仕事のあらゆる作業を効率化するようにしましょう。時間あたりの生産性が高まり、こなせる仕事の量も増えます。

年代別 仕事ができる女性になるために取っておきたい資格


20代、30代、40代それぞれで、仕事で有利になるおすすめ資格をご紹介します。

20代の女性が取っておきたい資格

介護や医療関係、保育士の資格などが20代の女性におすすめです。これらの資格を取得しておくと、結婚や出産、引越しなどの大きな環境の変化にも対応できます。仕事に困ることがない資格です。
秘書検定も取得しておくと、あらゆる仕事で役立ちます。2級を持っている人は「基本的な事務・接客ができる」とみなされ、企業でも重宝されるでしょう。もちろん転職などでも有利になります。

30代の女性が取っておきたい資格

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると、30代からの転職が有利になることがあります。資金面から人生設計をたてるサポートができるようになる資格です。自分の人生設計をたてる上でも役立ちます。
日商簿記の資格も、仕事のさまざまな場面で使えます。特に、経理部や財務管理に携わる部署では必要になってくる資格です。求人情報の中でも、取得していることを応募条件に挙げている企業が多いようです。

40代の女性が取っておきたい資格

40代の女性が仕事で輝くためには、TOEICで860点以上を目指すことをおすすめします。860点以上を取っておくと、転職でも有利になるでしょう。仕事でも英語が使える人として重宝されます。
また、証券アナリストの資格を持っていると「投資のスペシャリスト」とみなしてもらえます。特に、事業会社のIR担当の仕事などでは重宝される資格です。

スキルアップを目指して「仕事ができる女性」に


今後社会全体で女性が活躍できる場が増えてくることが予想されます。常に仕事の中で工夫をするようにし、スキルアップをするよう努力していきましょう。日々きちんと積み重ねることで、周囲から「仕事ができる女性」として評価されるようになります。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です