仕事のモチベーションを上げる!目標を立てることの大切さ

3 min
コラム

仕事に目標を持つことのメリット


目標を掲げて仕事をすることで、より高いクオリティの仕事ができるようになります。いい仕事ができると自分に自信が持てるようにもなるでしょう。
クオリティの高い仕事がこなせるようになれば、周囲からの評価も上がり出世の道もひらけます。目標達成を目指して仕事をすることで、スキルも上がりより幅広い仕事もこなせるようになります。
このように仕事をしていく上で目標を立てることには多くのメリットがあります。

目標の見つけ方


仕事をする上で目標があったほうがいいとは思いながらも、設定すべき目標が分からないという人は、以下の3つのポイントを押さえて自分が目指すべき目標について考えてみましょう。

不満に意識を向ける

日々の仕事の中で不満などはありませんか?
「もっとこういうことができるようになりたい」
「こんな成果を出したい」
このような不満を解消できるような目標を設定して、仕事に励みましょう。スキルが身につき、より大きな成果を出せるようになります。

自分の欲求や希望に意識を向ける

不満に目を向けるのではなく、自分の理想について考えることも目標を決める上では有効です。将来的に自分はどうなりたいのかを考え、不足しているところを補うよう目標を設定しましょう。
夢や理想について考えることは、気持ちもワクワクするのでおすすめです。

考える時間を作る

自分自身をしっかりと見つめ直す時間を持つことで、目指すべき目標がはっきりすることがあります。現在の自分を冷静に客観視すると、今何をすべきかが分かるでしょう。

目標の立て方


ただ闇雲に目標を立てても達成できません。正しい目標の立て方をすることで、より目標達成までの期間を短くできます。

期限を設ける

「いつまでに目標を達成する!」と、目標達成までの期間を設けましょう。極端に期間を短くしたり、逆に長くすると目標は達成しにくくなります。自分の能力を考慮した上で、適切な期間を設定してください。
期限を設けると自ずと何をすべきかが見えてくるでしょう。

定量化して具体性を持たせる

目標達成までの間、何をすべきかを考えます。ただ漠然とすることを決めるのではなく、目標達成のために何をどれだけの量やるのかを決めるようにしてください。
やるべきこととその量がはっきりと思い浮かべられるようになると、日課として目標達成に取り組めます。
設定した目標を達成するために、何をどれくらいやらなければならないのかをはっきりさせましょう。決めた量をこなすことで目標を達成できます。

無理のない目標計画を立てる

高い目標は人を成長させてくれます。しかし極端に高すぎるような目標はモチベーションを下げ、挫折の原因になってしまいます。無理のない目標を立てるようにしましょう。
「自分ならできそうだ」と思うような、目標を立てることをおすすめします。「できない」と思うような目標は、まず達成できません。自信を持って「できる」と思える目標を設定することで、今よりも成長できます。

長期的な目標から逆算する

大きく、達成までに時間がかかりそうな長期的な目標を立てたら、その期間の間に小さな目標を立てるようにしましょう。
今よりもワンランク上の自分を目指すような大きな目標を立てたら、そこまでの道のりを逆算してください。そして大きな目標達成に必要な、小さな目標を設定しましょう。
立てた小さな目標を一つ一つ達成していくことで、大きな目標は達成できるものです。

達成までの過程をイメージする

自分が達成すべき目標が分かったら、達成までの過程をできるだけ具体的にイメージしてください。途中にどんな苦労があり、どれくらいのエネルギーをそこに費やすのかをイメージしておくと、対処がしやすくなります。
具体的に目標達成までの過程をイメージする時は、達成した時の自分の姿もイメージしてみてください。目標を達成した自分はどんな姿になっているのかが具体的に思い描けると、より成功を引き寄せられます。

達成時のご褒美を用意しておく

人は将来ご褒美があると思うとモチベーションを維持しやすくなります。目標を設定したら、達成した時の自分へのご褒美も用意しておきましょう。挫折するのを防ぐ効果もご褒美の設定にはあります。

目標設定の具体例


「どのような目標を達成したらいいのか」という悩みを解決するために、達成しやすい目標の設定の具体例をご紹介します。

営業成績を上げる

仕事の中で営業成績を上げたいという人も多いでしょう。そういう人はまず、どれくらいの営業成績を目指すのか、数字で目標を設定します。
そして「1ヶ月後や3ヶ月後に目標達成をする」といった大まかな期間を設けます。同時に決めた期間の間、どのタイミングでどれくらいの成果を上げるのかを数字で把握し、小さな目標として立てましょう。
把握した一つ一つの小さな目標を達成することで、期間内に営業成績を上げられます。

資格を取得する

今よりも仕事のスキルを上げるために資格取得を目標にする人もいます。資格取得は試験日が決められていることが多いです。その日までに十分な知識を身につける必要があります。
試験日までを逆算して、毎日どれくらい参考書などを読むのかを決めましょう。「毎週火曜日は確認テストをする日」のように、知識の定着度を測る日を決めるのもおすすめです。
いつまでにどれくらい知識を定着させるのかを決め、それらを達成することで資格取得ができるでしょう。

目標達成に向けてやる気がなくなってきた時にするべきこと


頑張りすぎるとどうしても目標達成までのやる気がなくなってしまう時があります。その場合は以下の方法でやる気を回復しましょう。

人に目標を話す

自分の目標を人に話すことは、やる気の維持に効果的です。信頼できる人に会い、達成したい目標を話してみましょう。自分の中の気持ちが整理され、再びやる気を取り戻せます。

目的を思い出す

初心にかえることは、やる気を長期的に維持してくれます。どうしてもやる気が起きなくなったら、目標を立てた時のことを今一度思い出してみましょう。目標が紙に書いてある場合は、それを見るだけでもやる気が出てきます。

やる気の出る本や音楽や映画などストックしておく

前向きな内容の本や音楽、映画作品などによってやる気が復活することがあります。自分のやる気を再燃させるような作品をあらかじめ選んでおき、ストックしておきましょう。
やる気がなくなってしまった時に見直すことで、一時減退していたやる気が復活します。

長期的な目標から逆算する

長期間目標達成に取り組むことは、なかなか精神的にも肉体的にも負担になります。目標達成に取り組むのに疲れたら、いったん休んでみましょう。
休んでいる間に現状から目標達成までの過程を逆算してみてください。新たな視点を得て、やる気が戻ってきます。

目標があれば仕事も頑張れる!


今よりもさらに上を目指すような目標を設定することで、多くのメリットが得られます。仕事へのモチベーションも上がり、よりいい仕事ができるようになるでしょう。周囲からの評価も得られるようになります。
確実な達成の道のりをイメージし、目標達成のために日々励んでください。
 ]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です