多くの人が「仕事を辞めたい」と思う理由と注意点

3 min
転職

仕事を辞めたくなる理由は大きくわけて2つある


ひとくちに「仕事を辞めたい」と言っても、理由は人それぞれ異なってきます。しかし、仕事を辞めたくなる理由は大きく2つに分類できるということをご存知でしたか?
自身の仕事を辞めたい理由が2つのうちどちらに分類されるかを知ることで、仕事に対する意識が変わり、これから先のことがより明確に見えるようになるでしょう。
以下では仕事を辞めたい理由の2つの種類と、より細かい分類をご説明します。

仕事、会社が嫌で辞めたいケース

そもそも自分の仕事や勤めている会社が嫌いという人も少なくありません。仕事や会社が嫌いになってしまうと、毎朝出勤するのも億劫になってしまいます。
今の仕事や勤め先の会社が嫌いになる理由はさらに3つに分かれます。

仕事と給与が見合ってない

給料と仕事にアンバランスな印象を抱いてしまうと、人は仕事に対してモチベーションを失ってしまいます。
自分がこなしている仕事量に対して給料が少ない場合、会社から不当に扱われているような気持ちになり、仕事や会社を好きになれません。
逆に仕事に対して給料が多すぎる場合も、ストレスを感じてしまう人が少なくないようです。

人間関係が苦痛

上司や同僚などに嫌いな人がいる場合、仕事や会社も嫌いになってしまう人は多いです。他人の目を気にしてしまいがちな人は特に、職場での人間関係がストレスになってしまいます。

会社に将来性がない

勤めている会社そのものに将来性を感じられなくなると、仕事に対するモチベーションが落ちてしまいます。また、「この先ここに勤めていても大丈夫なのだろうか」などの将来に対する不安も湧いてくるでしょう。
こうしたモチベーションの低下や不安は会社を嫌いになってしまう原因の一つです。

新しいことにチャレンジしたい

ポジティブな理由で仕事を辞めたいと思う人も少なくありません。勤め先の会社や仕事に関係なく、自分自身の成長への意欲が高い人です。向上心が高い人ほど今の仕事に不満を感じることは多いです。

ほかにやりたい仕事がある

今の仕事よりも、もっと自分にあった仕事をしたい、やりたい仕事をしていきたいと思っている人は仕事を辞めたいと思うようになります。やりたいことが思うようにやれない場合、人はストレスを感じてしまいます。

実力で昇給や昇進が決まる会社に行きたい

もっと自分の力を仕事の現場で思う存分発揮したい、そうして成長したいと思っている人も、仕事を辞めたいと思いがちです。持っている能力やスキルを活かし、それを正当に評価してくれる会社に行くことを望んでいます。

年代別でみる、仕事を辞めたくなるケースと注意点


各年代で仕事を辞めたい理由と対処法は異なります。それぞれの年代にあった解決策をとることで、より仕事で豊かになる方法が見つかります。

第二新卒(22〜26歳)

就職した直後から仕事に対する不満が湧いてきてしまう人は、転職を考えた方がいいです。

  • 思っていた仕事とは違う
  • 仕事に興味が持てない

 
入社した会社にこうした不満が湧いてくる場合、転職を考えてみてもいいでしょう。第二新卒を対象にした求人も多く出ています。
ただし、仕事に興味が持てない原因を会社だけに押し付けてしまうような責任転嫁はしないようにしましょう。転職先でも同じようにネガティブになってしまう恐れがあります。

20代後半

勤続年数が3年を超え、会社内で成績を出している人も多くなってくる年代です。転職をするのであれば、その後の人生を見据えたステップアップを狙うようにしましょう。
20代後半に差し掛かっても新卒と同等の仕事しかできず、だからこそ成長するために転職をしたいと思っている人も多いことでしょう。慎重に転職先を選ぶことで、才能を開花させられる可能性を秘めています。

30代

今よりももっと自分の能力を発揮したいと思い、転職を志す人が多い年代です。社会人としての経験も積み、仕事でも成果が出せるようになった30代の人は、転職の求人も多く見つけられるでしょう。
即戦力としてだけでなく、新しい職場での適応力も求められるのが30代の特徴です。自分にどのような強みがあり、活かせるのかを明確にして転職活動をするようにしましょう。

40代

長く仕事を続けていくうちに、どうしても仕事に飽きてしまう瞬間はくるものです。「そろそろ新しいことをしたい」と思う40代の人は少なくありません。さらに、会社の先行きを不安に感じると転職を志すようになります。
しかし40代は、転職が厳しくなりつつある年代です。現在よりも待遇のいい転職先を探すのも難しいことが予想されます。会社を辞めて転職活動をするのもリスクが高いのでおすすめではありません。

50代

職場での待遇や周囲からの評価が不満で仕事を辞めたい、と思う人が多い年代です。今より高待遇な会社に転職することが難しくなり、転職後に著しく給料が下がる可能性も高まります。
給料が下がっても生活していけるだけの十分な貯金があるのかどうかを、一度確認してみるようにしましょう。知り合いの紹介によって転職をすることで、今よりもいい勤務先を見つけられるケースもあります。

辞めると伝える前に「本当に辞めてもいいのか?」を考える


勤めている会社を辞めたり、今の仕事を辞めることにはかなりのコストがかかります。時間やお金だけでなく、精神的にも負担が多いことを忘れてはいけません。
そのため会社に退職届を出す前に一度、「本当に辞めてもいいのか?」を考えるようにしましょう。

退職、転職することのデメリットを考える

今よりももっと待遇のいい会社や、自分の理想に近い会社に転職するとしても、退職や転職には大きな負担がかかります。退職することで失うものも少なくないでしょう。
退職届を出す前に、退職・転職することによって被るであろうデメリットについて考えるようにしてください。何を失うのかがはっきりと分かれば、適切な対処法もとれるようになります。

自分自身を見つめ直す機会をつくる<

実際に退職や転職に向けて動き出す前に、自分が本当に望んでいるものは何なのかを一度確認してみる必要もあります。何を求めて今の会社に入ったのかも思い出してみるのも、おすすめです。
改めて自分が求めているものを確認すると、これから先どうしていくのがベストなのかが分かるでしょう。

まずは「キャリア適性診断」を試してみよう

転職サイトが提供しているキャリア適正診断は、仕事に悩んでいる人におすすめです。リクナビNEXTの「グッドポイント診断」や、dodaの「キャリアタイプ診断」からは、自分にあった仕事のイメージをより明確にしてくれることでしょう。

「仕事を辞めたい」理由と自分の年代にあった転職を


退職・転職をする場合、どうして仕事を辞めたいと思うのかを一度しっかりと見直してみるようにしましょう。転職をする場合には、自分の年代にあったやり方をすることで、より幸せに働ける転職先を見つけられます。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です