転職で後悔しない方法を解説|よくあるパターン3選

4 min
転職

転職活動のために時間を捻出して、企業探しや面接の準備をするのは大変な労力です。力を注いだ転職、絶対に後悔したくないことでしょう。後悔しない転職のために、よくある後悔パターンや、今からすぐにできる対処法をお伝えしていきます。

なぜ転職で後悔するのか

転職で後悔しない方法を解説よくあるパターン3選-h2
出典元:123RF 

そもそも前向きな行為であるはずの転職で、なぜ後悔する結果になってしまうのでしょうか。転職の目的が『今の仕事を辞めること』になってしまっている場合、後悔する可能性がぐっと高まります。転職することで環境をどのように変えたいのか、新しい職場の譲れない条件は何かなど、自分自身をよく理解してから企業を探すのがポイントです。

転職して後悔するパターン3つ

転職で後悔しない方法を解説よくあるパターン3選-h2
出典元:123RF 

転職後、実際に働き始めてからの不満で代表的なものを3つピックアップしました。対処法と併せて紹介していきます。

人間関係

転職先の同僚、先輩や上司の性格は、しばらく一緒に働いてみないことにはわかりません。入社前に人間関係の不穏な雰囲気を察知するのは、至難の業です。また、人間関係のトラブルとまでいかずとも「なんとなく社内のノリが自分と合わない」というだけでも、十分なストレスになり得ます。

対処法

人間関係の不満は、社員同士の複雑なパワーバランスが関係していることが多く、簡単に改善できない場合がほとんどです。具体的な解決策を導き出しにくい上に、離職につながりやすい問題でもあります。
周囲の人の性格を変えるのは困難ですが、自分から明るい挨拶をするなど、まずはこちらから歩み寄る努力をしてみることをお勧めします。もし、根深い問題であると感じた場合は信頼できる相手に相談したり、異動願を検討するなど、なるべく一人で抱え込まないようにするのが良いでしょう。

給与・待遇

いざ転職してみて、紹介された求人と給与や待遇の条件が異なっていた、ということは実はよくあります。この場合いくつかパターンがあり、先方が面接の時にあえて条件を水増しして伝えていた場合や、サービス残業など、社内の雰囲気で社則が無視されている場合があります。また、こちらが給与・待遇について勘違いしている場合もあります。

対処法

特に会社側に悪意がないと判断できる場合は、穏便に問題を解決したいと思う事でしょう。そのためには、まず『雇用契約書』の記載をよく確認することから始めるようにしましょう。もし、実際の状態と契約条件が異なるようであれば、上司に相談する事をお勧めします。この時、感情的にならずに、あくまで契約書の内容を確認するスタンスで話し合いの機会を作ってもらうのがポイントです。また、契約書そのものが労働基準法に違反していることもあるので注意が必要です。
社内では改善が見込めないと判断した場合は、監督署に申し出るか、転職してしまうというのもひとつの手段です。

【公式】労働基準監督署

残業の多さ

『繁忙期は残業あり』などと記載されている求人をよく見かけます。年ごとの繁忙期に差があるなどの理由で、決してうやむやにしている会社ばかりではないでしょう。しかし、入社前に提示された残業量を明らかに上回っている場合、それは大きなストレスになります。オーバーワークは体力を消耗するので、転職を後悔する理由になりかねません。

対処法

こちらも前述した給与・待遇についてと同様、まず契約書の確認が第一です。ただ、残業の場合きちんと残業手当が支給されているか否かで状況が変わってきます。もし他の社員がサービス残業を、特に文句なくこなすような会社であれば好転は難しいと言えます。その場合、転職を視野に入れる事をお勧めします。対して、だらだらとした残業が多い場合や業務がスムーズに行われない理由があって残業が発生している場合は改善できる余地があります。改善案を提示できるのが一番ですが、まずは上司に相談してみる事をお勧めします。

後悔しない転職のためにできること

転職で後悔しない方法を解説よくあるパターン3選-h2
出典元:123RF 

『住めば都』という言葉があるように、人はどんな環境にもある程度慣れるものです。しかし「こんな環境に慣れたくない」「転職しなければよかった」と思ってしまう事もあります。そうならないために、転職前の段階でできることは3つあります。

1.転職したい理由を明確にする

転職して何がしたいのかを明確にすれば、多少不都合があっても、お気に入りの仕事をしているという満足感が得られます。そのためには、転職で最重要視することは何なのかを熟考する必要があります。たとえば、仕事のやりがい、余暇の確保、スキルアップなど『何のために転職を選んだのか』はっきりさせておきましょう。特に思い入れのない転職は、小さなことに不満を感じやすく、それが後悔してしまう理由にもなります。

こちらも参考にしてください。

https://life.link-a.net/work/change/12399/

2.自力で企業についてよく研究する

ひとつの会社に骨を埋めるという価値観は過去のものになりつつあります。それに伴い、優秀な転職エージェントサービスが次々登場しています。求職者は、ほぼプロフィールの登録だけで自分にあった求人を見つけることが可能になりましたが。しかし、転職エージェントもビジネスです。企業の良い側面しか伝えてくれない事もあります。
現在は、会員制の企業の口コミサイトなどで比較的簡単に会社の実情を知ることができます。頼れるエージェントに任せきりにしないで、気になることは自分で研究するようにするのがベストです。

3.転職エージェントは複数利用する

転職エージェントは、サービスごとに扱う求人が異なります。エージェントごとに紹介が得意な職種があるので、複数登録しておくと手に入る求人情報がぐっと増えます。また、会員にならないと手に入らない非公開求人を持っているエージェントもあるので覚えておくと良いでしょう。
複数のエージェントに登録しておけば、前述したような偏った情報ばかりになる事も避けられます。

定評のある人気の転職エージェントはこちらです。ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

【公式】リクルート

【公式】doda

転職後に後悔してしまった場合の対処法

転職で後悔しない方法を解説よくあるパターン3選-h2
出典元:123RF 

「もう転職してしまったし、後悔している」という方は、ストレスを溜めすぎないうちに現状を打破する方法を考えましょう。ストレスがピークになってからでは冷静な判断がしづらくなります。不満が小さいうちに対処を考えておくのが良いでしょう。

  • 上司・仲介のエージェントに相談
  • 労働基準法違反の場合は労働基準監督署に相談
  • 再度転職を検討
  •  

法律違反、契約違反の場合は一人で悩まず、周囲を巻き込む事をお勧めします。「そこまでしなくてもいいや」という方は、また転職するのが、我慢し続けるよりよっぽど良い手段です。
また、漠然とした不満は、転職の理由を振り返る事で気持ちを切り替えられる事もあるので、一度自分を見つめ直す機会を作ると良いでしょう。

記事内の情報は2019/09/22時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です