育休の取得条件やメリットを紹介|男性の育休体験談あり

4 min
コラム

育休は妊娠・出産後に復職を考えている方にとって、心強い制度です。

今回は、そんな育休の取得方法やメリットについてご紹介します。
記事の後半では育休を利用したことがあるお母さん、お父さんの体験談も掲載しているのでぜひご覧ください。

育休ってどんな制度?

育休ってどんな制度?-h2.jpg

育休=育児休業とは、子どもが生まれた後に復職をすることを前提に取得できる制度のことです。

育休を取得するためにはいくつか条件があるため、今後子どもを設ける予定がある方はしっかりと確認しておきましょう。

育休の取得条件とは

育休の取得条件とは-h2.jpg

育休の制度を利用する場合、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 同一事業所で1年以上働いている
  • 子どもの1歳の多淫常備を迎えたあと(育休取得開始から1年後)に復職の予定がある
  • 子どもの2歳の誕生日の前々日までに労働契約の期間が満了しており、雇用契約が切れる予定もない
  •  

以上の条件のなかで1つでも満たせていないものがあると、残念ながら育休の取得はできません。
ただし、雇用期間の条件に関しては正規雇用か非正規雇用かでやや異なります。

非正規雇用、つまりパートやアルバイトの場合には雇用期間が1年未満ですと育休は取得できません。
一方、正規雇用の場合には1年未満でも取得できる可能性があります。

ただしこの可能性に関しては会社ごとに規定が異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

育休取得のメリットとは

育休取得のメリットとは-h2.jpg

続いては、育休を活用することで得られるメリットをご紹介します。

以下のメリットもあわせて、育休を取得するのか出産に合わせて退社するのか考えてみましょう。

休業中も職場に在籍できる

育休の強みはなんといっても、職場に在籍し続けられることです。

妊娠や出産、さらに子どもが保育園に入るまでとなると1年以上という長期の休暇を取る必要があります。
通常であれば、これだけ出勤できない期間が続くとなると退職を迫られることもあるでしょう。
しかし、育休を取得しておけば子どもが生まれてから1~2年の間は在籍しながらしっかりと休みをとることができます。

退職後のブランクは再雇用の妨げになる原因の1つですから、復職する予定があるのであれば育休はベストな方法だといえるでしょう。

給付金を受け取ることが可能

育休制度のなかには、育児休業給付金という支援があります。
ただし、給付金を受け取るためには以下の条件を満たしていなければなりません。

  • 雇用保険に加入している
  • 育休前の2年間で1ヶ月に11日以上勤務した月が12ヶ月以上ある
  • 育休中の各1ヶ月で、休業前の8割以上の賃金が払われていない
  • 育休中の就業日数が各1ヶ月ごとに10日以内である
  •  

例えば、育休中に出勤せず在宅で働いていままでの給料の8割以上の賃金が得られている場合には給付金を受け取ることができません。
「それなら働かないほうが良いのでは?」と思う方もいるでしょう。

ところが、給付金の支給額は休業を開始した月の賃金(日額)×支給日数の67%です。
さらに育休開始から6か月目以降になると、上記のパーセンテージが50%に下がります。

このことから給付金よりも高い収入が得たい、あるいはブランクを避けたいという場合には育休を取得して育児休業給付金は申請しないというのも1つの手です。

各種税金の控除・免除が受けられる

育休を取得する方のなかには、給付金や収入が少なくて困っているという方もいるでしょう。
しかし、育休を取得しておけば社会保険料など各種税金の控除や免除を受けることができます。

免除になるのは、社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)です。
一方、控除となるのは所得税です。

育休中に収入が得られる場合、配偶者の扶養に入れば配偶者控除配偶者特別控除が受けられます。

ただし、収入ではなく給付金の場合にはもともと非課税に分類されているため控除の申請をする必要はありません。

育休は男性も取得可能

育休は男性も取得可能-h2.jpg

育休は出産後から保育園を入園するまでの期間に取得することができる制度のため、女性だけでなく男性でも取得可能です。

育休を希望される男性は、早めに会社に一報を入れておきましょう。
申請の期間は最低でも取得の1ヶ月前ですが、事前に会社の規定を確認しておいたほうが安心です。
取得条件に関しては、女性が育休を取得する場合と同様ですので前述の内容をご参考ください。

育休の体験談

育休の体験談-h2.jpg

ここからは、実際に育休を取得した経験がある方々の体験談をご紹介します。

男性の体験談も掲載しているので育休を希望している男性はもちろん、旦那さんに育休を取ってもらいたいと希望している女性の方もご覧ください。

1.育休の取得実績が少ない職場

1つ目は、30代の女性の体験談です。

こちらの女性は、正社員で働いていました。
業種はサービス業で、いままで育休を使った人はそれほど多くなかったそうです。
育休自体は国のサービスであることから、無事取得することができました。

保育園がなかなか見つからず、1度育休を延長して1年6ヶ月後に復職したそうです。

メリット

こちらの女性は、1歳半まで子どもを近くで見られたことをメリットとして挙げていました。

デメリット

デメリットとしては、職場の目が気になる点を挙げています。

もともと産休育休の取得実績が少ない会社であることや、社長が子育てに対して興味関心が薄いタイプであることから働きづらさを感じているそうです。

こうしたデメリットを感じないためには、就職や転職をする際に産休や育休の取得実績や職場の雰囲気を見ておくと安心ですね。

2.母親の強さを感じた日々

2つ目は、介護福祉士として働く男性の体験談です。

こちらの男性は、育休を取得して長女の育児に携わりました。
入浴や食事、おむつの交換はもちろん夜泣きやたそがれ泣きなど子どもは1日のうちにさまざまなことを訴えます。

育休を取得したことにより、こうした娘からの訴えをまっすぐ受け止めて育児に専念することができたそうです。

メリット

日々目まぐるしく成長していく娘の様子が、とても近くで見ることができたことがメリットと感じられたそうです。

それと同時に、子どもを育てることの大変さが身に染みて分かったことから母親の強さを知ることができたこともよかった、とまとめていました。

デメリット

こちらの方は、育児休業の期間が1ヶ月のみだったことから職場復帰にあたっても特別なデメリットは感じなかったそうです。

育休は夫婦そろって取得することもできるので、こちらの体験談のように短期間の育休で育児の流れを知っておくのもよいでしょう。

3.育休を1年間取ったパパ

最後に紹介する体験談も、2つ目と同じく男性によるものです。

こちらの方は育休の取得期間が1年と長く、それに伴い大きなメリットとデメリットを感じたようです。

長期の育休取得を検討している男性は、こちらの体験談をぜひ参考にしてみてくださいね。

メリット

メリットとしては、子どもの成長をそばで見られることを第一に挙げていました。

また、産後で体力を消耗している奥さんのサポートができたことにより夫婦仲も良好に保つことができたそうです。

デメリット

一方で、デメリットとしては収入面と引継ぎの大変さを挙げています。

女性の社会進出が進んでいるとはいえ、まだまだ男性側が一家の大黒柱であることも多いでしょう。
こちらの男性の場合も自身の収入で家計を支えていることから、月々の収入が減少することに不安があったそうです。
ただし、この点に関しては社会保険料の免除等があることから問題なかったとのこと。

引継ぎに関しては、体験者の方しかできない業務もあったことから育休に間に合わせるまでが大変だったようです。

もしも育休にあたり引継ぎが必要な場合には、上記のようなデメリットを避けるためにも事前に資料等を作成しておくことをおすすめします。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です