育児休業の期間とは?

4 min
コラム

おなかの中に赤ちゃんを授かることができたら、働くママさんは産前に6週間、産後に8週間の産休を取得することができます。

産休があけた後、そのあとに続けて子供が一歳になるまで育児休業を取得することができます。

この育児休業とはどのくらいの期間取得することができるのでしょうか。

ここでは、育児休業の期間について紹介します。

育児休業を取るには

育児休業を取るには-h2
出典元:123RF

育児休業は、企業などで働くママさんとパパさんに認められた、出産と育児のために取得することが法的に認められた休業期間です。

育児休業期間中には、お給料は出ませんが、雇用保険から給料の支払われない部分を補う目的で育児休業給付金を受け取ることができます。

詳細はこちらの記事で紹介しております。

育休取得時に受け取れる金ってあるの?

育児休業を取得するには満たすべき条件がある

育児休業は誰でも申請すれば取得することができるのでしょうか。

育児休業を取得するためには以下に掲げるような条件を満たす必要があります。

  • 同じ勤務先に1年以上勤務している
  • 子供が1歳6ヶ月になるまで雇用契約が切れない

この条件を満たしていれば、正社員だけでなく派遣社員であっても育児休業を取得することはできます

一方で、日雇い労働者は毎日同じ勤務先に勤めていたとしても、子供が一歳6ヶ月になるまで雇用契約が継続しているとみなすことはできないため、育児休業を取得することはできません。

近年増加しているフリーランサーは、会社員などのように雇用先があるわけではありません。

したがってフリーランサーの方も育児休業を取得することはできません。

そのぶん会社員よりは自由な働き方をしているためそのような事態になった時の準備も自ら用立てておく必要があります。

育児休業を取得するということは、その勤務先の企業にある程度長い期間勤務し続けることが前提として制度が設定されているようです。

育児休業の通常取得できる期間は1年間

育児休業を取得できる期間は原則1年間と定められています。

これはそもそも生まれた子供が1歳の誕生日を迎える前の日まで育児休業取得できると法律が定められているからです。

育児休業はママさんだけが取得できるように思われがちですが、パパさんもママさんと同じように育児休業を取得することが認められています。

育児休業は延長申請することができる

育児休業は条件を満たせば延長申請をすることができます。

育児休業の延長申請が認められれば、最大で2年間すなわち子供が2歳の誕生日を迎える前の日まで育児休業を延長することができます

育児休業の延長を申請するタイミングは半年ごとに用意されています。

1回目の申請タイミングは、子供が1歳の誕生日を迎えるときです。

1回目の申請タイミングは、子供が1歳6ヶ月を迎えるときです。

いずれも延長申請できる期間は半年間です。

育児休業の延長を申請するためには、希望していた保育園に入所できなかったり子供の面倒を見ることになっていた人が妊娠や離別などで子供の面倒を見れなくなったりなどの事情が必要です。

これらの事情を書類としてそろえて申請する必要があります。

育児休業の延長については以下の記事で詳しくご紹介していますので、そちらも参考になさってください。

育児休暇は延長できます! 

パパさんが取得する育児休業の効果的な使い方

パパさんもママさんと同じように育児休業を取得することができます。

その中でも有効な使い方の一つとして提案できるのが、ママさんの出産に合わせて育児休業を取得することです。

ママさんの育児休業は出産から8週間の産後休暇が終了してから取得できるようになりますが、パパさんの育児休業は子供が生まれた日から取得することができます

従って、子供が生まれた日からパパさんが育児休業を取得すれば、出産直後で精神的にも肉体的にも消耗しているママさんのサポートに積極的に携わることができます。

生まれたての赤ちゃんのケアにも関わることができます

この時期に病院の看護師さんや助産師さんなどから赤ちゃんのケアについてママさんと一緒にならうことができます。

是非とも赤ちゃんの世話をするのはママさんだけでなくパパさんにも携わってほしいものです。

パパ・ママ育休プラスも活用しよう

パパさんもママさんも育児休業を取得する場合には、パパ・ママ育休プラスも活用することができます。 パパ・ママ育休プラスは、特定の条件を満たせば子供が1歳2ヶ月を迎えるまでパパさんは育児休業を取得することができる制度です。 パパ・ママ育休プラスを利用するための条件は、以下の通りです。

  • ママさんがパパさんよりも先に育児休業を取得している
  • 子供が一歳の誕生日を迎えるよりも前の日にパパさんも育児休業取得している

この条件を満たすことによって、ママさんの育児休業は子供が1歳の誕生日を迎えるまでしか取得できませんが、パパさんの育児休業は子供が1歳2ヶ月になるまで取得することができます。

この時期の子供はまだまだパパさんやママさんの愛情がたっぷり必要な時期です。

状況が許すのであればパパさんも積極的に育児休暇を取得できると良いでしょう。

公務員であれば無条件で3年間育児休業取得することができる

市立小学校や中学校などの教員は公務員ですが、公務員であれば無条件で3年間の育児休業を取得することができます。

しかしながら育児休業給付金が支払われるのは2年目までです。

実際に権利として3年間育児休業を取得することができるのですが、職場との兼ね合いもあってまるまる3年間得する人はあまり多くないようです。

育児休業期間の有意義な過ごし方

育児休業期間の有意義な過ごし方-h2
出典元:123RF

せっかく子供が生まれて子供との時間をゆっくり過ごすことができる育児休業期間は、どのように過ごせば有意義だと言えるのでしょうか。

ここでは育児休業期間の有意義な過ごし方についていくつかご提案します。

赤ちゃんと向き合う

生まれたての赤ちゃんはそれはもう手がかかります。

大人の食事は1日3回と決まっていますが、生まれたての赤ちゃんの主食はお母さんのおっぱいです。

そして授乳のタイミングは、3時間おきにやってきます。

授乳が終わったと思ったらすかさずおむつも替えてあげる必要があります。

やっと夜が来て寝れると思ったら赤ちゃんは夜泣きなどをして、場合によっては一晩中あやしてあげる必要はあることもあります。

このように赤ちゃんとの新しい生活は新米ママさんにとっては、初めて経験することばかりで戸惑うことも多いでしょう。

このような赤ちゃんとの生活に慣れることが、育児休業期間でママさんが最も注力する必要のあることです。

赤ちゃんとお出かけする

ある程度赤ちゃんとの生活に慣れてきたら近場の公園などで良いので赤ちゃんと散歩に出かけましょう

赤ちゃんは外の世界の目に見るもの手に触れるもの全てが新鮮です。

赤ちゃんの好奇心を育てるためにも積極的にお出かけすることをお勧めします。

ママさんにとっても一日中こもりっぱなしではなく、外の新鮮な空気を吸いに行くのも毎日溜まった育児の疲れをリフレッシュするのに有効な手段です。

是非とも赤ちゃんとお出かけしてみてください。

育児休業期間は赤ちゃんのためにも有効活用しましょう

育児休業期間は赤ちゃんのためにも有効活用しましょう-h2
出典元:123RF

育児休業期間は労働者に認められた休業のうち、家族との生活を構築していく上で最も重要な休業の一つとして考えることができます。

何よりも生まれたての赤ちゃんがママさんと長い期間触れ合うことが出来る貴重な機会でもあります。

育児休業期間についてよく把握したうえで有効活用することを検討してみてください。

執筆日;2019/06/01

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です