【必要な準備を予習】育休復帰でたくさんの不安を抱えるお母さんへ

4 min
コラム

育休復帰前から復帰後の心構えまでをまとめました。
育児で忙しい人のために、簡潔にまとめましたので、是非お付き合いください。

平均的な育休復帰の時期はいつ?

平均的な育休復帰の時期はいつ?育休復帰の時期は、子どもの誕生日により大きく異なるので、一概に時期というのは決まっていません。
しかし、一般的に考えて、入園式などは4月に行われるため、4月以降の育休復帰が多くなります。
そこで注意したいのが、『早生まれの子ども』の場合です。
例えば3月に生まれた子どもの場合、入所に間に合わないことがほとんどになるので、最長で約1年待つことになります。
そこで、待機児童問題に見かねた政府が、育休延長の期間に関する法を改正し、子どもが2歳になる前日まで育休を延長できるようになりました。
しかし、育休をたくさんとった分だけ、親の負担は増えます。
このように、育休から職場復帰までの間には、乗り越えなければいけない壁がたくさんあることを知っておきましょう。

手続きや挨拶は?職場復帰の流れ

手続きや挨拶は?職場復帰の流れ職場復帰の際、色々な不安があるかと思います。
必要な手続きや、流れをあらかじめ知っておくことで、精神的なストレスも少なくて済みますし、対策も立てられます。
一つ一つ順番にみていきましょう。

職場復帰の手続き

保険に関する手続きは、事業主が日本年金機構に書類を提出しなければいけません。
会社側が必要な書類については把握しているはずなので、職場復帰の際は、まず人事部や総務部の人に復帰を報告しましょう。
書類に必要な個人情報などは、事業主によって異なるので事前に確認しておくと良いです。

復職面談

復職面談は、復帰初日や復帰前日に行われることが多いです。
面談では、育休中に起きた社内の変化や、大きな出来事についての共有、時短勤務などについての相談などが主な内容になります。
全ての会社で実施されるわけではないので、もし実施されないようなら、会社の同僚などに変化した社内ルールや大きな出来事については共有してもらっておくと良いです。

復帰の挨拶

職場の雰囲気や自分の立場(役職)よって、対応は変わりますが、復帰前の挨拶はしておきましょう。
子どもを連れていくことで、職場が和み、「子育てを頑張っているお母さん」という共通認識を会社全体でもつこともできます。
そうすることで、先輩ママから子育てについてのアドバイスをもらえたり、子どもに緊急事態が起きたりした場合などに、柔軟な対応をしてれくるでしょう。
立場上、迷惑をかけたということなら菓子折りを持っていくのも良いです。

育休復帰に対する6つの不安と対策

育休復帰に対する6つの不安と対策はじめての育児復帰、たくさんの不安があると思います。
しかし、対策さえしておけば怖いものはありません。
下記で『よくある6つの不安』と、その対策を紹介します。

1.子どもと離れるのが寂しい

産んだばかりの子どもに対し、「離れるのが不安だし、なにより寂しい、、、」お母さんであれば当然そう思いますよね。
特に、一人目の子どもだと不安や寂しさは、より一層強いでしょう。

「子どもも頑張っている」

お母さんも寂しいですが、子ども同じように寂しい思いをしています。
「子どもも頑張っている」と心の中で思い、復帰したばかりで大変な仕事を乗り越えるための糧にしましょう。

2.家事・育児・仕事の両立

育休復帰に慣れていない状態で、家事・育児・仕事を両立するのはかなり疲弊します。
考えてもいなかったが起きたり、思ってもみなかったところで体力を消耗することもあるでしょう。

「慣らし保育でルーティンを刻んでおく」

育休復帰前に、1週間程度の慣らし保育を行い、朝するべきことや、仕事中に考えておかなければいけないことを予めルーティンとして体内に刻んでおきましょう。
また、復帰を中日(水曜日、木曜日)にすることで、早めの休息をとることもできます。
慣れないことの連続で、体が消耗しきってしまわぬよう、あらかじめ慣れておき、早めの休息をとれるようにしておくのはおすすめです。

3.仕事ができない人間になってしまっているのでは?

育休前は平然とこなしていた業務も、離れた期間が長いと手間取ってしまいます。
・社内のルールが変わっている
・社内で異動があり、今まで接していなかっ人と仕事をしなければいけない
など、自分以外に理由があるにも限らず「仕事ができなくなった」と落ち込んでしまうお母さんは多いです。

「簡単な業務からリハビリ」

お茶出しや、電話対応などの簡単な作業からちょっとずつ勘を取り戻しましょう。
またお茶出しすることで、知らなった人とコミュニケーションをとれたり、再び社内に馴染むといった意味でも良いので、積極的にやると良いです。

4.復帰後の待遇の変化(給料・異動)

復帰後に給料の変化や異動が言い渡されるケースがあります。
「長い間、会社から離れていたし仕方ないか、、」と受け入れてしまいがちですが、今後の仕事や子育てに関わる大切なことです。
待遇に変化が大きすぎる場合は、転職も視野にいれましょう。

「事前の相談」

給料や異動などの待遇については、事前に話をつけておくことが大事です。
最近では、育休に対して理解のある会社が増えましたが、全ての会社がそうであるわけではありません。
事前の相談で、給料や待遇が著しく悪くなる場合は、育休しつつ、次の会社を探すということも考えておきましょう。
どのみち、時短勤務などが増えることで『働き方』に対する考えを改めなければいけないので、なるべく早く、できるなら育休前に相談すると良いです。

5.子どもが保育園に馴染めるか

子どもをもつ親として、一番の不安ポイントかもしれませんね。
昨今では、待機児童が増える一方なので、保育所を選べないことも多いです。
いくあてのない不安を抱えながら仕事をするのも辛いですよね。

「やっぱり慣らし保育」

さきほど、事前に朝のルーティンを知っておくいう意味で、一週間ほどの慣らし保育ををおすすめしましたが、「不安でどうしようもない」というお母さんは、なおのこと『慣らし保育』をしましょう。
慣らし保育中は、何があってもお母さんが対応できますし、保育所終わりに子どもの反応をうかがうこともできます。
どうしても保育所に合わないようであれば、別の保育所を検討することだってできます。
子どもとお母さん自身のためにも、しっかり事前準備をしておきましょう。

6.子どもの病気や送迎で職場に迷惑をかけないか

生まれたばかりで免疫力の低い子どもは、軽い鼻風邪から、胃腸炎、RSウイルス、おたふく風邪に至るまで、とにかく病気をよくもらいます。
ケガをしたりした場合も、「会社を抜けだしてお母さんが向かわなければいけない」というような場面もあるかもしれません。
そうして現場を離れることで、みんなに迷惑をかけてしまんじゃないかと不安に思うお母さんも多いのではないでしょうか。

「親戚との連携と予防接種」

子どものためとは言え、どうしても職場を離れるのが難しいという場面もあると思います。
そんな時のために、力になってくれそうな親戚とあらかじめ連携をとっておきましょう。
・連絡したら対応してくれる時間帯
・緊急時の連絡先
・相手方の両親の連絡先
これらをあらかじめ知っておくことで、不安も和らぎますし、親戚に保育所の場所や電話番号を共有しておくことで、緊急時も早急な対応が可能になります。
また、予防接種をしておくことで、『急なお迎え』なんかを防ぐこともできますので、休日などを利用して、病院に行くと良いです。
こちらも参考にしてください。

知って安心!育休期間中の住民税の支払いについて

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です