産休期間はどのくらい?給料はどうなるの?ほかに支給されるお金は?

4 min
コラム

産休とはどのような制度なのでしょうか。また、産休中の給料は支払われるのでしょうか。

産休に関するお金の疑問をまとめました。

これから産休を取得する予定の人は、参考にしてくださいね。

産休とは

出典元:フリー写真素材【写真AC】

出産前の『産前休業』と出産後の『産後休業』のことを合わせて、産休といいます。産休は誰でも取得することができる制度です。

産休期間

産前休業と産後休業では期間の期間については、それぞれ異なります。

産前休業は、出産予定日を基準に考えて6週間(双子以上の多胎児の妊娠の場合は14週間)前より休みを取得することができます。

ただし、この産前休業の取得は自由であり、休業取得を希望しない場合は働き続けることも可能です。

一方、産後休業は、出産日の翌日より8週間、休みを取得することができます。

また、産後休業は法律によって定められたものであり、産前休業とは異なり、必ず取得しなければなりません。

ただし、医者の許可を得ることができた場合には、産後6週間後より働くことができます。

産休制度を使える条件

産休制度は育休制度とは異なり、誰でも取得することができます。

正社員やパートといった雇用形態にも関係がありません。

契約期間も関係がないので、入社してすぐに妊娠したような場合であっても、会社に産休を請求する事が可能です。

また、男女雇用機会均等法により、妊娠や出産を理由とした解雇や、労働者側が不利益となるような扱いはあってはならないと定められています。

産前休業

産後休業

6週間または14週間

(ただし取得義務なし)

8週間

(ただし医師の許可があれば6週間)

産休はいつから取れる?取得時期と申請方法を紹介

産休中の給料ってどうなるの?

出典元:フリー写真素材【写真AC】

産休中の給料は基本的には支給されません。

産休の休みの取得に関しては労働基準法によって定められている権利ですが、給料の支給に関する規定はないのです。

ただ、稀ではありますが、産休中でも給料の何割かを支給する企業もあります。

しかしながら、働いていない期間に給料が支給されるこのような例は、非常に珍しい例であるといえるでしょう。

ただし、産休中に給料は支給されないものの、手当は受け取ることができます。

詳しくみていきましょう。

出産手当金

産休中に給料が支給されない状態となるお母さんの生活を支えるために支給される手当金です。

出産日当日は産前扱いとなり、出産が予定よりも遅れた場合でも出産手当金は支給されます。

例えば、出産予定日の42日前より産前休業を取得した労働者の出産が予定よりも3日遅れた場合、出産日以前の出産手当金が支給される日数は合わせて45日となります。

いくら支給されるのか?

出産手当金の支給開始日以前の1年間の標準報酬月額を平均した額を30日で割り、さらにその3分の2に相当する金額が支給されます。

例えば、標準報酬月額が30万円で、産休により休業した日が98日の場合は、日給は1万円となり、1万円の3分の2×98日分で65万3,333円の出産手当金が支給されるのです。

支給期間

出産手当金が支給されるのは、産休によって仕事を休んだ日数分です。

産休以外の理由により休んだ日は対象となりませんので、気をつけてください。

いつもらえるのか?

出産手当金は、申請をして1~2ヶ月後に支給してもらえます。

出産手当金を申請した際に記入をした振込先の口座に振り込まれることになります。

支給を受ける条件

出産手当金の支給を受ける事ができる人は、勤務先の会社の健康保険に加入をしている人に限られます。

ただし、加入をしている健康保険が国民健康保険である場合や、産休中も給料が3分の2以上支給されている場合は、出産手当金が支給されません。

申請から受け取りの流れ

産前休業に入る前に出産手当金の申請用紙を手に入れておき、入院時に担当医によって必要事項を記入してもらいます。

そして産後56日が経過してから、出産手当金の申請用紙を会社の健康保険窓口または社会保険事務所に提出をします。

あとは、口座に出産手当金が振り込まれるのを待つのみです。

出産一時金

出産一時金は、出産前後の検診費用、出産の際にかかる分娩費用や入院費用の経済的な負担を軽減することを目的に支給される手当金です。

いくら支給されるのか?

子どもひとりにつき、42万円が支給されます。双子の場合であれば、84万円です。

また、地域や勤務している会社によって支給額が増えるケースもあります。

支給期間

出産の翌日より2年以内までであれば、出産一時金は支給してもらえます。

申請を忘れていたような場合は、この期間内であることを確認し、すぐに申請をしてください。

いつもらえるのか?

分娩費用や入院費用が42万円よりも少なかった場合に、その差額分が出産から1~2ヶ月後に支給されます。

支給を受ける条件

健康保険や国民健康保険に加入をしており、なおかつ妊娠4ヶ月(85日)よりも後に出産をした人が対象になります。

なお、妊娠85日以降で死産や流産となった場合であっても、出産一時金は支給されることになっています。

申請から受け取りの流れ

出産前に申請をする場合は、妊娠5~6ヶ月頃に会社へ産休取得の意思を伝えるとともに、担当窓口に申請をします。

お母さんが会社に努めていない場合は、お父さんの勤務先の会社の担当部署に申請をすることになり、自営業の場合は市区町村の国民健康保険窓口が申請先です。

育児休業給付金

出産後も仕事を続ける意思をもつお母さんの収入を支えるために支給される手当金です。

いくら支給されるのか?

育児休業給付金は、育休が始まって180日目までは、育休に入った時点の標準報酬月額の67%に育児休暇の月数をかけたものが支給されます。

ただし、育児休業給付金の上限額は285,621円です。

また、育休が始まって181日目以降は、育休に入った時点の標準法月額の50%に育児休暇の月数をかけたものが支給されます。

ただし、この場合の上限額は、213,150円です。

支給期間

産後休業の翌日より子どもが1歳を迎えるまで、または一定の要件を満たす場合であれば1歳6ヶ月まで、育児休業給付金は支給されます。

ちなみにこの一定の要件とは、保育所に入所申し込みをしても入所できない場合、配偶者が病気などで養育が困難な場合、配偶者が亡くなった場合などが当てはまります。

いつもらえるのか?

育児休業給付金は、育休に入り、3ヶ月後に初めて支給されます。

その後、支給されるのは2ヶ月ごととなります。

毎月、支給されるわけではないので気をつけてください。

支給を受ける条件

育休を取得する本人であり、育休を取得する前の2年間のなかで11日以上勤務した月が12ヶ月以上ある人が対象です。

また、さらに雇用保険に加入していることも、支給の条件となります。

ただし、育休中であっても会社より給料が8割以上支給されている人、雇用保険の加入期間が1年に満たない人、育休対象期間中の育休日数が毎月20日以上に満たない人は支給対象とはなりません。

申請から受け取りの流れ

育休前に会社に育休取得予定の意思を伝えます。

そして『育児休業給付受給資格確認表(初回分)』と『育児休業基本給付金支給申請書』を会社より受け取りましょう。

必要事項を記載したうえで、育休開始の翌日より10日以内までに勤務先に書類を提出します。

多くの人は、育休に入る1ヶ月前には提出をするようです。

あとは、申請用紙に記載した振込先に支給されるのを待つだけです。

産休手当はいくらもらえるの?申請方法など紹介

産休中の社会保険料はどうなるの?

出典元:フリー写真素材【写真AC】

産休中の社会保険料は免除されます。

産休前のように働いていた頃よりも収入が減ってしまうので、社会保険料は支払ったこととみなされるのです。

産休の開始月より育休の終了前月までが、免除の対象月です。日割り計算はされません。

なお、厚生年金については、社会保険料が免除されていても納付記録には残るため、受け取ることができる年金が減額されることはなく、被保険者資格もそのままです。

ただし、社会保険料の免除を受けるには、申請の手続きが必要となります。

産前休業が始まったら自動的に社会保険料が免除になるというわけではないので、注意してください。

例えば、2018年度の東京都保険料額表を参考に、年収が360万円の人が1年3ヶ月育休を取得した場合を計算してみましょう。

まず、健康保険料が14,580円×15ヶ月で222,750円免除され、厚生年金が27,450円×15ヶ月で411,750円免除され、合わせて634,500円も社会保険料が免除されることになります。

これは大きな額の免除だといえますね。

産休の期間はどのぐらい?社会保険など詳しく紹介

記事内の情報は2019/08/13時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です