育児のストレスに悩んだ時に!行動の仕方とストレス解消方法について

3 min
コラム

終わりが見えない!育児ストレスの3大原因

育児のストレスについては、終わりが見えない気持ちになることが多いもの。育児ストレスの3大原因と呼ばれるものから、まずは見ていきましょう。

自分の時間が持てない

子供がいなかった時には、自分の時間がたっぷりとあり、リラックスタイムを満喫していた人が多いと思います。でも子供ができたことにより、とても幸せではあるのですが自分の時間が持てなくなってしまいます。
子供のペースに合わせた生活をするのが必要になり、子供が泣けばあやさなければいけない。一人でゆっくりしたいと思ってもそれができない苛立ちから、子供を愛せない気持ちになってしまうママもいるでしょう。

認めてほしい・感謝されたい

育児をしていても、誰かも認めてもらえない、そして感謝されることがないと、ママとしてはとても辛いもの。
自分では育児を精一杯頑張っているのに、誰も褒めてくれない。そして認めてもらう時さえないと思うと、苦しくなってしまうのでしょう。
育児を「出来て当然」のような扱いをされると、心の行き場がなくなってしまうのです。こういう時には、どうしても近くにいる夫に対してイライラして、結果として八つ当たりをしてしまう場合があるでしょう。

孤独を感じる

育児をしていると、一般的な世界から離れてしまったように感じるものです。子供と一緒にいるのに、なぜか独りぼっちのような気持ちになってしまう女性も。
孤独に耐えようとするために、ついついネットショッピングなどで買い物をしすぎて、自分を満たそうとするケースもあるでしょう。後から高額の買い物をし過ぎた…と後悔をする例は多いのです。

育児ストレス8つの解消法

育児ストレスについては8つの解消法があります。この解消法を理解して試すようにすれば、今の辛い現状から抜け出せる可能性が高いです。

1.イライラの原因・自分の欲求を知る

イライラの原因や自分の欲求については、自分と向き合うのが必要です。イライラして、人と話すのさえ面倒になる時も。そして笑顔になれない自分を、辛く感じる時もあるでしょう。
そういう時には、なぜ自分はこんなにイライラしているのだろう?と自分に問いかけるようにすると、ストレスの解消法が見えてくるもの。
自分がどうしたいのか、どうすればイライラしなくなるのか、自分の求めているものについて考えてみるようにしましょう。そうすると、自分の求めている方向が分かり、少しでもその方向に向かってみようと思えてくるはずです。

2.素直に気持ちをぶつける

誰にも気持ちを伝えることできないのは、完璧主義の女性に多いでしょう。完璧に出来て当然なのに出来ない自分を、人に知られたくない思いが強く、これがストレスになってしまう場合もあるでしょう。
素直に気持ちをぶつけることも、時には必要。今自分がどのような気持ちなのか、特に夫には理解をしておいてほしいですよね。
良い妻、良い母になろうとして頑張りすぎてしまう人は多いですが、伝えるべき時にはしっかりと自分の気持ちを伝えるようにしましょう。伝えることでやっと、こちらの気持ちに相手が気が付いてくれるケースもあるのです。

3.具体的な要望を伝える

イライラしたり、辛い気持ちになってしまったりするのは、自分の要望が叶わないからかもしれません。自分が何を望んでいるのかは、整理できない時には実際に紙に書いてみましょう。
たとえば「少しの時間でいいから、子供の面倒を見ておいてほしい」と、夫に伝えるようにしましょう。夫としては「それぐらいなら大丈夫だよ」と、要望を叶えてくれて、結果として育児の手伝いをしてくれるはずです。

4.一人で出かける

普段からどこに行くにも子供と一緒。これはとても貴重な時間なのですが、時には一人になりたいと思うのは当然です。
子供と一緒にいると、子供の様子をいつも気にしながら過ごさなければいけないので、育児のストレスになりがちです。こういう時には、普段行けなかった美容院やカフェなどに1時間~2時間でも行くようにすると、心がすっきりして育児のストレスも軽減するのです。

5.思いっきり手抜きする

しっかり育児をしなければ!と思うと、肩に力が入りとても辛くなってしまいます。そして少しでもミスをした時に、自分を許せない…と思い落ち込んでしまうケースも。
でも最初から、手抜きできるところはしてみようと思うのが必要に。例えば離乳食を毎日作るのではなくて、作り置きをしておくのもひとつの方法です。
冷凍をしておいて、日付を記しておけば問題なく子供に食べさせることができるでしょう。

6.夫婦二人の時間を作る

子供ができると、今までは名前で呼んでくれていた夫が、ママと呼ぶようになるのはよくあることですよね。
でも「私は、あなたのママじゃないのに…」とやるせない気持ちになる時も。夫婦二人の時間を作って、久しぶりにデートをしてみるのもいいですね。
一時的に子供を預ける施設もありますが、夫や妻の親に子供を見ておいてもらうのも良いでしょう。夫婦2人の時間は、とても新鮮で楽しいものです。こういう日を作ると、今日からまた育児を頑張ることができると思います。

7.ママ友を作ってみる

同じように育児を頑張っているママ友がいると、育児が楽しくなる場合があります。でも、ママ友の作り方が分からない…と悩むケースもあるでしょう。
こういう時には、児童館に行ってみたりネットの掲示板などで知り合ってみたりするといいですね。育児についての辛い出来事以外にも、楽しいと感じることやアドバイスなどを、一緒に話し合える相手はとても大切な存在です。
特にベテランママの場合は、育児についてかなり慣れているので、育児ストレスの解消法についても詳しい場合が多いでしょう。

8.カウンセリングなど専門機関に頼る

育児のストレスで行き詰ってしまった時には、カウンセリングなどの専門機関に頼る方法もあります。身近な人には言いにくい、そして例えばクリニックに行くとしたら、知り合いに見られたら困る…と悩む人もいるでしょう。
こういう場合は、電話で相談ができる専門機関がありますので、調べてみましょう。夫の勤める職場にて相談できる連合などの機関があり、匿名で悩みを打ち明けられるケースもあるのです。夫にそういう機関がないかどうかを、聞いてみるのも必要になるでしょう。
自分の心を分かってくれる相手がいると思うと、とても心強くなります。日々がもっと楽しいものに変わってくるでしょう。

育児のストレスを感じた時には、行動をしてみよう!

育児のストレスを感じたとしたら、心が出しているサインだと思い、行動に移してみるようにしましょう。
ネットで掲示板を探すだけでも、育児で疲れている人の本音を見ることができます。そういったブログもありますよね。
育児ブログを自分で書いてみるのも、自分の気持ちを整理できるので良いかもしれません。育児ストレスをうまく解消するためには、自分に一番合った解消法を見つけるのが必要です。色々と試していくうちに、自分に合う解消法と必ず出会えるでしょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です