【妊婦さん必見】知りたかった産休や育休の期間や制度について徹底解説!

5 min
コラム

妊娠をすると周りの環境が大きく変化します。

毎日の生活はもちろん仕事から自分の体調まで、日々目まぐるしく変化する生活に戸惑いすら感じてしまう人もいるでしょう。

特に仕事をしている女性なら、出産の日が近づくにつれ産休や育休のことがとても気になるはずです。

そこで今回は、気になる産休・育休の期間からその期間中にもらえる手当のことまで、幅広くご紹介したいと思います。

この記事を最後まで読んでいただけると、産休・育休の期間や手当についてしっかり理解できるので、最後までご一読ください。

産休と育休の期間は?いつからいつまで?

産休と育休の期間は?いつからいつまで?-h2
出典元: 123RF

仕事をしている女性が結婚すると、多くの人がその先の妊娠・出産・育児のことを考えるでしょう。

「自分が働いている会社はどんなシステムなんだろう」と気になり、職場の先輩ママに相談することもあるのではないでしょうか。

職場のシステムを知ることはもちろん大切ですが、その前に法律で定められている一般的な産休(産前産後休業)や育休(育児休業)について知ることが大切です。

産休制度とは

産休制度とは、出産日を中心に産前から産後まで取得できる、休業や給付金などの社会的制度のことをいいます。

産休とは、産前・産後の休業のことを指します。産前に休業を取る場合は、会社に申請する必要があります。しかし、産後の休業は8週間働くことが禁止されています。ただし、産後6週間経過後なら、医師が認めた場合働くことができます。

産休制度の中には、出産育児一時金や出産手当金などの手当や給付金があります。

しかし、これらの手当は出産までの期間や出産時の子ども人数、会社からの給与支給などそれぞれの立場によってによって内容は違ってきます。

産休の期間

それでは、具体的に産休の期間について紹介しましょう。

産休とは、出産予定日を中心に、産前6週間が産前休業、産後8週間が産後休業となります。

ただし、出産予定日が実際の出産日となるわけではないので、出産予定日より出産が遅くなった場合は、産前休業が長くなります。しかし、産後休業は出産予定日は関係なく、実際に出産した日から8週間(医師が認めた場合、産後6週間から就業は可能)となっています。

育休制度とは

育休制度とは、産休終了後子どもが1歳になるまで取得できる、休業や給付金などの社会的制度のことをいいます。

育休は、男女関係なく子供が1歳になるまで取得できる休業のことを指します。育休を取る場合、事前に取得したい期間を会社に申請する必要があります。

また、1歳以降でも保育園が見つからなかった場合は、最高2歳まで育休を延長することが可能です。

育休制度の中には、育児休業給付金という給付金があります。しかし、この給付金は雇用保険に加入していることが条件となるので、未加入の場合は注意が必要です。

育休の期間

それでは、次に育休の期間について紹介しましょう。

育休とは、産休が終了してから子供が1歳なるまでの間の休業のことです。
よって、一般的には産後8週間までは産休なので、産後8週間後~子どもの1歳の誕生日までとなります。

育休延長とは

もし、子どもが1歳になるまでに保育園が決定していなかった場合は、育休延長が可能となります。

この育休延長は、子どもが1歳になる時点で保育園が決定していなかった場合、1歳半まで延長できます。

育休延長を取得する場合は、育児休業基本給付金支給申請書と保育所の入所不承諾通知書等の書類を添えて会社に申請する必要があります。

育休延長は最長いつまで?

また、1歳半になっても保育園の入園が決定していなかった場合は、最高2歳まで延長することが可能です。

このときの延長申請も、育児休業基本給付金支給申請書と保育所の入所不承諾通知書等の書類を添えて会社に申請しなければなりません。

産休育休の休業期間シミュレータ

産休育休の計算をするのは大変なものです。

しかし、最近では自分で計算しなくても、シュミレーターなどが用意されているのでいくつか紹介しましょう。

社会保険労務士法人アールワン提供のシュミレーター

社会保険労務士法人アールワンしているシュミレーターです。

出産予定日や子供の人数などを入力するだけで、休業期間や支給される手当なども同時に計算してくれる便利なシュミレーターです。

アールワンのシュミレーター

薬キャリmama提供のシュミレーター

薬キャリmama提供のシュミレーター-h4
出典元:薬キャリmama

薬キャリmamaが提供しているシュミレーターです。

サイト内には産休・育休に関する細かい情報も掲載されているので、情報収集もできます。

薬キャリmamaのシュミレーター

グレース・パートナーズ社労士事務所提供のシュミレーター

グレース・パートナーズ社労士事務所が提供しているシュミレーターです。

こちらはシンプルに産休・育休の期間のみ計算してくれます。とにかく期間だけ知りたい方におすすめです。

グレースパートナーズのシュミレーター

みんなどれぐらい?産休・育休取得期間の平均

みんなどれぐらい?産休・育休取得期間の平均-h2
出典元: 123RF

もし自分が妊娠した場合、シュミレーターを利用することでおおよその産休・育休の期間は計算できます。

しかし、保育園の都合などでや勤務の都合などでシュミレーションと同じように休めないことが現実です。

そこで、今まで産休・育休を実際に取得した人は、どれくらいの期間を取得したのかその平均値をご紹介しましょう。

産休育休期間の平均

それでは、実際に平成30年度雇用均等基本調査をもとに、育休の取得率を見てみましょう。

性別と期間 女性(%) 男性(%)
5日未満 0.5 36.3
5日~2週間未満 0.3 35.1
2週間~1ヵ月未満 0.1 9.6
1ヵ月~3ヵ月未満 2.8 11.9
3ヵ月~6ヵ月未満 7.0 3.0
6ヵ月~8ヵ月未満 8.8 0.9
8ヵ月~10ヵ月未満 10.9 0.4
10ヵ月~12ヵ月未満 31.3 0.9
12ヵ月~18ヵ月未満

29.8

1.7
18ヵ月~24ヵ月未満 4.8
24ヵ月~36ヵ月未満 3.3 0.1
36ヵ月以上 0.5
不明

 

平成30年度雇用均等基本調査

グラフを見ると、子どもが1歳~1歳半くらいになるまで育休を取得している人が過半数を占めています。

また、男性は出産直後~生後3か月くらいまでの期間に取得している人が大半です。

育休の期間は、保育園に入園できるかが大きなポイントになっているようなので、保活(保育園入園活動)をいつ始めるかが大切になってきます。

保育園入園活動のはいつ頃?

育休の期間に大きく関わってくるのが保育園の入園です。

平成28年度厚生労働省が調査した保活の実態に関する調査結果 は以下となっています。

保活を開始した時期 人数(パーセンテージ)
妊娠前 227人(4.1%)
妊娠中 854人(15.5%)
産前・産後休業中 846人(15.3%)
出産後 6ヶ月未満 1,219人(22.1%)
出産後 6ヶ月以降 1,266人(23.0%)
子どもが1歳を過ぎてから 1,016人(18.4%)
無回答 84人(1.5%)

 

「保活」の実態に関する調査結果

グラフを見るとわかるように、出産後~産後6か月前後で保活始める人がほとんどです。しかし妊娠前から保活を始める人もいるほど現実はシビアになっています。

産休育休中の手当・金額は?

産休育休中の手当・金額は?-h2
出典元: 123RF

ここまで、産休・育休の期間について紹介してきましたが、産休・育休の制度には、休業だけではなく手当や給付金もあります。

ここでは、その手当や給付金について紹介します。

産休育休中にもらえるお金・手当て

産休・育休中にもらえる手当や給付金は主に以下のようなものがあります。

  • 出産育児一時金(一律42万円)
  • 出産手当(条件による)
  • 育児休業給付金(条件による)
  •  

この3種類のほかに、社会保険料が免除されます。

妊娠・出産は、何かとお金がかかります。その負担の軽減にもなるのがこれらの手当や給付金です。しかし、これらの手当や給付金には一部制限があります。

どのような制限かというと、出産手当は、社会保険に加入している人のみ支給されるもので、国民健康保険加入者や被扶養者の場合は支給されません。

また、育児休業給付金は、パート・正社員関係なく、雇用保険に加入している人のみ支給されるもので、雇用保険未加入者は支給されません。また、育休の期間ずっと同じ金額が支給されるわけではありません。

育休手当ての計算方法

育児休業給付金は、育休の日数によって支給される金額は変わってきます。

その計算方法は、育休の開始から180日目までは賃金の67%が支給され、181日目から子どもの1歳の誕生日までは、休業前の賃金の50%の給付が支給されます。

産休と育休の期間をしっかり把握し、安心して育児生活を送ろう!

産休と育休の期間をしっかり把握し、安心して育児生活を送ろう!-h2
出典元: 123RF

妊娠をした人にとって、産休・育休の制度や期間はとても気になるものです。

これらの制度は、パート・正社員など働いている形態や社会保険の加入など、それぞれの条件によっても大きく違ってきます。

今回、シュミレーションなども紹介しました。もし現在妊娠している人は、出産後の生活の目途にもなるので、ぜひシュミレーターを利用し安心できる毎日を過ごしてください。

育休の期間についてもっと詳しく調べたい方はこちらもチェックしてください。

育児休業の期間とは?

記事内の情報は2019/08/23時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です