間違えた!メルカリのキャンセルはいつまで?

4 min
コラム

「メルカリで思っていたのと違う商品を購入しちゃった!キャンセルしたい!」
そんな経験はありませんか?

今回はそんな、メルカリの購入をキャンセルできる理由からそのタイミングまでご紹介します。
低評価がついてしまう原因についてもまとめているので、不安な方はぜひご覧ください。

メルカリで購入した商品をキャンセルしたい

メルカリで購入した商品をキャンセルしたい-h2
出典元:写真素材 足成

メルカリでは手軽に商品の売買ができます。
その気軽さから、うっかり購入ボタンを押してしまって後から「しまった!」となる経験も少なくないようですね。

簡単に商品は購入できても、簡単にキャンセルができないのがメルカリの特徴でもあります。
そのため、上記のようなツイートや質問が多々見受けられました。

一方で、出品者側からもこんな声が出ています。

購入者との連絡が取れずキャンセル扱いになり、さらに再度同じ人が購入する。
こうした行為は、迷惑以外の何物でもありません。

双方が気持ちよくメルカリを利用できるように、キャンセルができる条件やタイミングについてはきちんと確認しておきましょう。

購入後のキャンセルはいつまで可能?

購入後のキャンセルはいつまで可能?-h2
出典元:Pixabay

通常、商品の売買が成立すればキャンセルをすることはできません。
ただし出品者もしくは購入者どちらかに問題がある場合には、その相手がキャンセルを希望することもできます。

キャンセルができるタイミングはその原因によって異なり、対象期間になるとメルカリ事務局にキャンセルを依頼するボタンが表示されます。

購入をキャンセルできるケース

購入をキャンセルできるケース-h2
出典元:Pixabay

では、キャンセルが可能となるのはどのようなケースなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

予定日を過ぎても発送手続きがされていない

メルカリでは、商品を購入するとその数日後に発送されることが一般的です。
その予定日は購入者にも確認することができますが、中には予定日を過ぎても発送の連絡がない場合も。

予定日を過ぎて発送の手続きがされていない場合には、購入者からキャンセルを希望することができます。

到着予定日を超えても商品が届かない

発送手続きをしたと連絡があったにも関わらず、一向に商品が届かない。
到着予定日も過ぎてしまった。
出品者に配達状況を尋ねても返答がない。

こうした場合にはキャンセルすることも可能です。

到着予定日の目安は発送から5日程度、メルカリ便の場合は10日程度といわれています。
ただし、天候や自然災害等の影響で遅れる可能性もゼロではありません。
予定日を超えていても、まずは下記外部リンク先などで配送状況を確認することをおすすめします。

メルカリ|追跡サービス対応

メルカリ|追跡サービス非対応

商品が破損している

手元に届いた商品が破損していた場合には、壊れたのがどの時点なのかによって対応方法が異なります。

配送事故の場合

出品者が商品を発送した時点では壊れておらず、配送業者が配達中に破損してしまった場合。
メルカリ便であればメルカリのサポート対象となるので、事務局へ連絡をしましょう。

ただし、メルカリ便以外の発送方法の場合にはサポート対象外となります。
この場合には直接配送業者へ連絡して、破損に関する対応について問い合わせる必要があるので注意が必要です。

メルカリ|商品の破損

発送前に破損していた可能性がある場合

配達時に問題が見られず、発送前にすでに破損していた可能性がある場合には出品者と連絡を取り合い対応をお願いする必要があります。
出品者と購入者の間で話し合いが済めば、自分たちで返金と返送の手続きを行います。

もしも出品者から返答がない場合には、メルカリの事務局へ連絡し対応をお願いしてくださいね。

キャンセルが違反扱いになる場合

キャンセルが違反扱いになる場合-h2
出典元:Pixabay

ここまでに挙げたケースでは、購入者がキャンセルをしても問題にならないものでした。
しかし、なかには購入者側がペナルティを受けるキャンセル理由も存在します。

ペナルティは複数回受けてしまうと強制退会になる可能性もあるため、以下のような理由でのキャンセルは避けるようにしましょう。

自己都合によるキャンセル

色を間違えたりお金がないのを忘れて購入してしまったり、人間ですからうっかり注文を間違えてしまうこともあるでしょう。
こうなるとキャンセルをしたいと考えるのも、当たり前のことではあります。

しかし、メルカリでは自己都合によるキャンセルはペナルティの対象となっています。
なぜなら購入者がキャンセルをするということは、出品者に対して多大な迷惑を与えてしまうためです。

どうしてもキャンセルをしたいのであれば、出品者に問い合わせてみましょう。
出品者の了承が取れればキャンセル扱いにすることも可能です。
ただし、ペナルティや低評価を受ける可能性があることは理解しておきましょう。

支払い期日を過ぎた場合

メルカリでは、商品を購入してから3日以内が支払期日となっています。
期日を過ぎても購入者から支払いがない場合には、出品者は売買をキャンセルすることが可能です。

この場合には出品者にはペナルティはありません。
反対に、購入者はペナルティの対象となるため商品購入後は忘れずに支払いを行いましょう。

キャンセルに関するQ&A

キャンセルに関するQ&A-h2
出典元:フリー写真素材【写真AC】

メルカリ内でのキャンセルについて、よくある疑問とその答えを2点紹介します。

クレジットカード払いの場合の返金

購入した商品が手元に届かない、あるいは破損していた場合には購入代金(必要であれば返送料)を返金してもらう必要があります。
ここで気になるのが、クレジットカード払いの返金方法です。

この場合には、クレジットカードの引き落としのタイミングにより対応方法が異なります。
引き落とし前であれば、メルカリ事務局よりクレジットカード会社へ連絡をして引き落としを中止することができます。
引き落とし自体がなくなるため、クレジットカードの利用額は変わりません。

一方、すでに引き落としが済んでしまった後でキャンセルとなった場合。
この場合には、一度購入分の代金を支払わなければなりません。
もちろんその後返金分は戻ってきますが、それには1週間程度かかるため、すぐに戻るわけではないという点に注意が必要です。

キャンセルを拒否された場合

キャンセルの内容によっては、出品者あるいは購入者からキャンセルを拒否される場合もあるでしょう。
「それでもどうしてもキャンセルをしたい」
という場合には、メルカリの事務局に問い合わせてみましょう。

とはいえ、前述のとおり自己都合によるキャンセルは相手に迷惑をかける行為でありペナルティの対象でもあります。
基本的には、自己都合によるキャンセルはできないものと考えた方が良いでしょう。

メルカリのルールについて理解しよう

メルカリのルールについて理解しよう-h2
出典元:GIRLY DROP

今回はメルカリ内でキャンセルをする方法と、対象となる理由について紹介しました。

メルカリではお店と個人ではなく、個人と個人がやり取りする場となっているためにさまざまなルールや取引方法が存在します。
なかには、Amazonや楽天のようなECサイトでは見ないような取引方法もあります。

そのひとつが専用出品、そして横取りです。
専用出品と横取りについては下記のページで詳しく紹介しているので、ぜひこちらもご覧ください。

https://life.link-a.net/work/20364/

記事内の情報は2019/11/30時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です