メルカリの値下げ交渉対応マニュアル。お願いのしかたも解説

6 min
コラム

メルカリを活用していると、必ず遭遇するのが『値下げ交渉』です。オンラインのフリマという形式上、個人間のやりとりがベースになるメルカリでは、値下げ交渉にもモラルを守って対応する必要があります。

メルカリで値下げを要求された!

メルカリの値下げ交渉対応マニュアル|お願いのしかたも解説-h2
出典元:写真AC

メルカリで商品を出品していると、値下げを希望するコメントがメッセージ欄に入ることがあります。「こちらが提示した金額で検討してほしい」という理由から、コメントを無視してしまうと、商品の売れ行きが悪くなることがあります。商品のメッセージ欄というのは、全体に公開されています。つまり、購入を検討している多くの人たちがコメントをチェックしているということです。そのため、値下げ交渉のコメントを見れば「先客が値下げの相談をしているな」「自分も購入したかったけど、もしかしたら値下げするかもしれないから買わずに様子を見よう」と、即決の妨げになってしまうのです。
出品者からすれば、なるべく交渉のためや値下げをすることなく『即決』で購入してほしいというのが本音です。そのためには、コメントは放置せず返信するように心がけましょう。

メルカリでは値下げ交渉OK

メルカリの値下げ交渉対応マニュアル|お願いのしかたも解説-h2
出典元:写真AC

「そもそも値下げ交渉って失礼じゃないの?」と、思われる方もいるでしょう。日頃、店舗から購入する通販に慣れた我々からすれば、知らない相手に「安くして」なんて気が引けてしまうかもしれません。しかし、メルカリは『個人間のフリーマーケット』をオンラインに落とし込んだサービスであり、値下げ交渉は認められているのです。とはいえ、値下げ交渉の公式マニュアルなど存在しないのも事実です。どの程度の値下げをどのように頼むのか、またそれを承諾するかは個々の都合やモラルに委ねられていると言って良いでしょう。

値下げ交渉をされたらどうする?

メルカリの値下げ交渉対応マニュアル|お願いのしかたも解説-h2
出典元:写真AC

それでは、実際に値下げ交渉をされた場合、どのように対処すればよいのでしょうか。値下げ交渉を含む、購入前の商品についてのやりとりはすべて商品ページのメッセージ欄で行われ、内容は公開されます。また、出品者はコメントを削除する権限もあるため、必要に応じて活用すると良いでしょう。

交渉に応じる場合

例えば、値引きの額が許容範囲内だった場合や、長い間売れなかった商品などに値下げ交渉の連絡が入った場合は、値下げを検討してみても良いでしょう。もし、相手から具体的な金額の提示がない場合は、こちらから提案してみましょう。販売金額が決まったら、編集画面から商品を値下げします。しかし、ウォッチャーやいいねが多い人気商品の場合、値下げしたとたんに横取りされてしまうこともあります。これは規約違反ではありませんが、せっかく交渉を成立させたことを思うとあまり気持ちのいいものではありません。必要に応じて、値下げした商品を新たに出品しなおす『専用ページ』を作成して対応するとスムーズです。

交渉を断る場合

商品を値下げする意思が全くない場合、また希望の値下げ額があまりにも安すぎる場合など、出品者は自由に値下げ交渉を断ることができます。初心者の頃は、値下げに対応しなければと考えがちですが「この日までに売りたい」という希望がなければ、気長に出品していた方が、定価で買ってもらえる可能性は高まります。交渉を断る場合は、送料負担を理由にしたり「まだ出品して間もないので、しばらくこの値段で出品したい」など、はっきりとした理由を添えてお断りしましょう。最初に理由を明確にすることで、だらだらとしつこい交渉をされずにすみます。

漠然とした交渉を避ける方法

メルカリの値下げ交渉対応マニュアル|お願いのしかたも解説-h2
出典元:写真AC

メッセージ欄は全体に公開されていると前述しました。すると、だらだらと長い交渉はなるべくしたくないことでしょう。ここでいう『漠然とした交渉』とは「値下げできますか?」など、具体的な提案がなく複数回のやりとりが必要になるコメントのことです。こういったコメントは「できますよ、希望額はいくらですか」「○○円は可能ですか」と、長時間のやりとりをしなければなりません。その間、様子を見るウォッチャーが増え、購入されづらくなってしまうのです。
また、最初に具体的な提案のない方は、交渉をスマートに切り上げようという心掛けのない傾向にあります。効果的な対処法は、事前にプロフィールに「値下げ交渉は希望額を提示してほしい」という旨を記載しておくことです。併せて、商品ページには「プロフィールを見てほしい」という旨を記載します。この方法であれば、プロフィールをきちんと読んでくれる購入者と取引ができるようになります。

値下げ額の『常識の範囲』って?

メルカリの値下げ交渉対応マニュアル|お願いのしかたも解説-h2
出典元:写真AC

メルカリでの値下げの基準は10%程度であると言われています。つまり500円であれば50円、3,000円であれば300円程度の値下げ希望が常識的であり、もっとも成立しやすいということです。マニュアルのない、メルカリでの値下げ交渉では『常識の範囲』が人によって異なります。基準を参考にしつつ、配送料を加味しない、または半額以上の大幅な値下げ交渉には毅然とした態度でお断りすることをお勧めします。
さらに、購入者として値下げ交渉をしたい場合も、基準を参考にお願いしてみると良いでしょう。
メルカリの取引ルール、マナーについては公式ガイドを参考にするのが安心です。ユーザーの独自ルールに疑問が生じた時などは、公式ガイドをチェックするようにするのがよいでしょう。

【公式】ルールとマナー

値下げ交渉の前にプロフィールを確認!

メルカリの値下げ交渉対応マニュアル|お願いのしかたも解説-h2
出典元:写真AC

購入者として値下げ交渉をしたい場合、まず商品の出品者のプロフィールを確認するようにしましょう。出品者の中には、そもそも値下げ交渉を受け付けていない方もいます。また、値引きに関する独自のルールを設けていたりする場合、きちんと守って値引き交渉することで成功率はぐんと上がります。
プロフィールを読むかどうかは、メルカリユーザーの中でも意見が割れているプロセスでもあります。しかし、独自ルールがありすぎる出品者などは事前に回避したほうがトラブルを防げる場合もあるのです。初心者の方こそ、相手のプロフィールをよく読み、商品ページからだけでは得られない出品者の情報も知っておく必要があると言えます。
『プロフィールを読むかどうか』について議論されている、メルカリの公式掲示板『メルカリボックス』を紹介します。是非色々なユーザーの意見を参考にしてみてください。

【メルカリ】プロフ読みますか?

値下げ交渉のマナー

メルカリの値下げ交渉対応マニュアル|お願いのしかたも解説-h2
出典元:写真AC

相手のプロフィールを確認する以外にも、値引き交渉を成功させるために必要なマナーはいくつかあります。メルカリは個人取引がメインということもあり、様々なユーザーが集まっています。中には『失礼な交渉』をしている方も少なくありません。そんな中、基本的なマナーを順守するだけでも、交渉の成功率は高まる傾向にあります。これから紹介する項目は、とても基本的なことなのですが、改めて意識することはオススメです。是非参考にしてみてください。

挨拶は必ず

例えば、コメントの冒頭にいきなり「お値下げは可能でしょうか?!」というメッセージをよく見かけます。値下げに『お』を付ければいいというものではなく、1文を投げかけるようなコメントは、多くの場合が「できません」と出品者に1文で断られる傾向にあります。たとえ、ウェブ上とはいえ初めてやりとりする相手に値下げ交渉をする訳ですから「はじめまして」「コメントさせていただきます」という挨拶をはじめに添えることをお勧めします。簡単な挨拶をするだけで、そのあとの交渉を聞き入れてもらいやすくなるので是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

『恐縮しています』アピール

挨拶だけでなく、文章全体に恐縮している雰囲気を散りばめるのは大切です。大げさに感じるかもしれませんが、値引き交渉とは出品者に対して「あなたの利益を減らして、商品を安く譲ってください」という申し出です。できる限り低姿勢にお願いするのがベターです。低姿勢に出ることで、値下げを検討していなかった出品者も考えを変えてくれるかもしれません。決して損はありませんので、試してみることをお勧めします。

謎の敬語に注意

あまりに丁寧にお願いするあまり、言葉がおかしくなってしまうこともあります。例えば、二重敬語になってしまったり、尊敬語と謙譲語が混同してしまったりするパターンなどがあります。値下げを一生懸命お願いしていると、ついつい文章がめちゃくちゃになりがちです。メッセージ欄でのやりとりは、1つのコメントにつき多くて3~4行の短いものです。ほんの少しの間違いで「なんだか言葉遣いが変な人だな」と距離を取られてしまう可能性もありえます。一度、投稿前に文章をきちんと見直すことを心がけましょう。

値段を提示するか否か

値下げ交渉のためにプロフィールをチェックするにあたり、確認しておきたいポイントのひとつでもあります。出品者によっては、値下げ交渉に独自のルールを設けている場合があるのです。例えば『値下げ交渉は不可』『値下げ交渉の場合は希望額を提示してください』など、出品数の多い方ほどやり取りをテンプレート化させるために決まりを作っている傾向にあります。もし、出品者が値段を提示することを条件にしていた場合、読まずにコメントしてしまうと、せっかく値下げできたものがスルーされてしまう可能性もないとは限りません。交渉の前に独自ルールを確認して、条件に当てはまるようであれば交渉してみましょう。

相手にメリットを与えて

値下げ交渉を成功させるポイントのひとつに『出品者にもメリットを与える』というものがあります。例えば、値引きしてもらうかわりに長期間売れていない他の商品も併せて購入する、送料は購入者が負担する、などの条件を提示してみましょう。出品者もただ安く商品を譲るだけでなく『値引きするメリット』が感じられる方が、より交渉に応じようという気持ちになることでしょう。ちなみに相手へのメリットとして、即決を条件に出す方がいますが、よほど早く商品を売りたいと思っている出品者でなければ『即決=値下げのメリット』にはなりません。

売れない商品は値下げしてみよう!

メルカリの値下げ交渉対応マニュアル|お願いのしかたも解説-h2
出典元:写真AC

メルカリで商品が売れるのは、出品後1~7日以内が平均です。季節によって需要に変化のある商品であれば、いつか売れるまで気長に出品しておくのも良いでしょう。しかし、季節外れではない商品が、1か月以上が売れない場合は商品の価格を見直す必要があると言えます。出品している商品の条件によっては、メルカリの自動システムで『値下げすることで売れやすくなる商品』を検出し、ボタン一つで一斉に値下げできる場合があります。これは、適正価格でない商品と判断されると表示されるアラートのようで、もし許容範囲内の価格であれば素直に値下げしてしまうことをお勧めします。
手動で特定の商品の価格を下げたい場合は、編集画面から行うことができます。値下げの前に、配送料や手間賃などを加味して、下げられる範囲で値下げを行うようにしましょう。「適正価格がわからない」という場合は、メルカリの商品検索機能を使い、該当カテゴリの『SOLD商品』を絞り込んでみましょう。検索機能を使うと、どのような状態の商品が、どのくらいの価格で売れているのかを確認することができます。同じ商品でも、基本的には『状態が良く安いもの』から売れていく傾向にあります。自分が出品している商品よりも安い価格で出品されているものはあるかどうか確認し、参考にしながら相場価格を見つけると良いでしょう。

値下げしたことを効果的に宣伝

商品についている『いいね』の数は、お気に入り登録をされた数でもあります。メルカリでは、ポイントや売上金を手に入れた場合多くの人が、過去にお気に入り登録した商品を見直します。そのため、いいねをくれたウォッチャーに、商品を値下げしたことを知らせる必要があります。例えば、商品のタイトル欄に【値下げ】【最終値下げ】などの一言を追加しておくと良いでしょう。また、期間限定の値下げや、あわせ買いで割引するなどのキャンペーンを自分で作ってしまうのも効果的です。その場合も【今月中値下げ】【あわせ買いで割引】などの見出しを商品タイトルの頭につけて、効果的に宣伝しましょう。

メルカリでの値引き交渉については、別の記事でも紹介しています。こちらも是非参考にしてください。

https://life.link-a.net/work/19405/

記事内の情報は2019/11/27時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です