メルカリの手数料はラクマと比べて高い?特徴やメリットの比較検証!

4 min
コラム

不用品の出品や、転売目的にて使用されるフリマアプリであるメルカリ。

しかし「手数料が高いから辞めておいたほうがいいよ」などという噂を聞いてしまうと、メルカリを使っていいかどうか迷ってしまいます。

どうせならお得に使えるフリマアプリを選びたいけど、メルカリを本当に使い続けて良いのかどうか?

という点を、他のフリマアプリの手数料と比較して検証していきます。

メルカリでかかる手数料

メルカリでかかる手数料-アイキャッチ

買う側:支払い手数料

買う側から見た手数料について解説します。

買う側は、購入した時の支払い方法によって金額が変わります。

具体的にはこちらの決済方法ですと、手数料が100円かかります。

  • コンビニ
  • ATM
  • dケータイ払いプラス
  • auキャリア決済
  • ソフトバンクキャリア決済

他の支払い方であるクレジット払いや売上金での購入、ポイントで購入した場合は手数料は無料となります。

売る側:販売手数料

売る側の手数料ですが、基本的には売れた金額の10%をメルカリに支払う必要があります。

5,000円の商品が売れたら500円の手数料ということです。

金額が小さければまださほどには感じませんが、3万円の商品ならば3,000円も支払わないと行けないので途端に高く感じます。

売る側:振込申請手数料

売る側は販売した際に受け取った金額はメルカリにプールされています。

プールされた金額を自身の口座に出金する際には、1万円未満ですと210円がかかってしまいます。

1,000円を出金した場合は790円しか手元に残らないので、ご注意ください。

売る側&買う側:送料

送料ですが、これは売る側が払うのか買う側が払うのかを決める事が出来ます。

ですので「送料込み」と書いてある商品に関しては売る側は送料を払うという事です。

送料について記載されていない場合は販売者へ質問する必要があります。

厳密に言えば手数料とは言いづらいのですが、自分から出ていく金額なので似たようなものです。

しかし「らくらくメルカリ便」を使って商品を送れば手数料は安く済みますので、送料が負担だという場合は使った方がいいでしょう。

メルカリかラクマならどちらが手数料はお得なの?

メルカリかラクマならどちらが手数料はお得なの?-アイキャッチ

メルカリと比較される対象として、楽天が運営するフリマアプリである「ラクマ」が筆頭に上がります。

ラクマはフリマアプリとしては後発に位置するアプリではありますが、だからこそ様々な独自の特徴を使って対抗してきています。

そこで、まずはメルカリとラクマの手数料について比較していきます。

  メルカリ ラクマ
新規登録料 無料 無料
出品手数料 無料 3.5%
販売手数料 10% 3.5%
振込手数料 210円

210円

送料については以下にそれぞれ記載

メルカリの送料

送料 ヤマト 郵便局
A4封筒サイズ 195円 175円
専用BOX 380円 なし
60サイズ 600円 600円
80サイズ 700円 700円
100サイズ 900円 900円
120サイズ 1,000円 なし
140サイズ 1,200円 なし
160サイズ 1,500円 なし

ラクマの送料

送料 ヤマト 郵便局
A4封筒サイズ 200円 179円
専用BOX 530円 なし
60サイズ 800円 800円
80サイズ 900円 900円
100サイズ 1,150円 1,150円
120サイズ 1,350円 1,350円
140サイズ 1,500円 1,500円
160サイズ 1,500円 1,500円
170サイズ なし 1,500円

ラクマのポイント

ラクマのポイント-アイキャッチ

手数料や送料と比較してみた点に加えて、ラクマが持っているメリットやポイントについて説明します。

メルカリと比べて手数料が安い

ラクマの販売手数料はメルカリに比べると3分の1程度ですので、かなり手数料が安いという事が言えます。

年間で10万円をメリカリとラクマにて販売した場合、両者で比べると6,500円もラクマの方が得をします。

出品者側からキャンセルができる

出品者側からキャンセルができる事は、メリットがあります。

逆にキャンセルが出来ない例がメリカリなのですが、出品者からキャンセルをしたいケースも実は存在するのです。

例えば取引が成立してこれから商品を送るという際に商品を破損させてしまった場合や、買い手の評価があまり良くないという場合、出品者からキャンセルをすることによって未然にトラブルを防ぐ事が出来ます。

楽天ポイントが使える

ラクマは楽天の運営するアプリですので、楽天IDを持っていれば楽天ポイントを利用することが出来ます。

商品が売れた際にお金に変えずに楽天ポイントとして貯める事も可能です。

楽天ポイントにチャージをした場合は出金する際の手数料はかかりませんので、メリットがあります。

メルカリのポイント

メルカリのポイント

ここまで説明すると一見ラクマの方が優れているのではないか?と考えてしまうかもしれません。

しかしそう一概にも言えない部分があります。メリカリにもしっかりと特徴、メリットが存在します。

匿名配達ができる

匿名配達は、個人情報を守るために使われる方が多いです。

らくらくメルカリ便とゆうゆうメリカリ便では、宛名をQRコードにすることによって、第三者に名前を見られないように出来ます。

機能が充実している

メリカリ独自の機能が充実していることが、ファンを獲得している最大の理由です。

メリカリが大事にしていることは、ユーザーとのコミュニケーションについてしっかりとサービスが整っているという事です。

メリカリ内では動画配信機能や、その場で感想を言える事だったり、視聴ユーザーへの質問に答える事ができるといった点が特徴になります。

ユーザー数が多い

メリカリのユーザー数は4000万ダウンロードを突破しており、今や日本人の3人に1人が使用している計算であり、フリマアプリの中でもダントツで1位となっています。

ユーザー数が多いという事はそれだけ売買が盛んに行われているという事であり、仮に自分が商品を出品した際に見てもらえる人数が多いので、取引が成立しやすいのです。

メルカリの手数料比較とポイントまとめ

メルカリの手数料比較とポイントまとめ

メルカリの手数料や特徴をラクマと比較した上で要点をまとめました。

メルカリ、ラクマ共に独自の特徴を持っています。

メルカリはユーザー同士でのコミュニケーションが取れる事であったり、ユーザー数が多いので取引が成立しやすい事がメリットです。

ラクマは手数料は安いのですが、メルカリほど売買が成立する可能性は高くありませんので、出品しても売れない状況があるかもしれません。

単に高い安いだけで決めるよりも、ご自身で使ってみた上でご判断いただく事も大事です。

ここまで比較してみた上でメルカリとラクマを使うべき人は

メルカリ:フリマアプリに慣れていない初心者

ラクマ:ある程度フリマアプリに慣れていて利益を多く出したい人

という風に、その人の状況によって使うべきアプリが分かれることになります。

あなたがどちらのアプリを使うべきかの判断の1つになれば幸いです。

こちらも参考にしてください。

メルカリの売れ筋ってなに?

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です