メルカリでの通報の仕方!嫌がらせや偽物に泣き寝入りは禁物

5 min
コラム

Q&Aサービス「メルカリボックス」にアクセスしてみると、トラブルに関する相談が連日かなり多く寄せられています。
中でも目に付くのが「出品者を通報したい」「代金未払いの購入者を通報できますか」「通報したら相手にバレて報復されないか」といった、通報機能に関する問い合わせです。
この記事では、「メルカリの通報機能の使い方」と、「通報した・された場合どうなってしまうのか」をやさしく解説しています。
トラブルに巻き込まれずに利用できるのが一番ですが、通報を検討するような事態になってしまった場合の参考にしてくださいね。

メルカリの通報機能とは

メルカリの通報機能とは-アイキャッチ

通報とは

メルカリを利用していると「一方的に商品キャンセルされた」「代金を払ってもらえない」「偽ブランド品が出品されている」「不良品を販売している」といったことに遭遇することがあります。
明らかに利用規約違反をしているユーザーや商品について、メルカリ事務局に報告する機能が「通報機能」です。
通報を受けるとメルカリ事務局はまず事実確認を行い、規則違反の商品に対しては商品の削除や出品者の利用停止、悪質なユーザーに対しては警告や利用制限の処置をとってくれるようです。

出品者はどのような時に通報される?

出品者に対する通報で代表的なものは「明らかに正規品ではない偽物や利用規約に違反する商品を出品した場合」「出品者都合の一方的な商品キャンセル」、そして最近多いのが「無在庫販売の発覚」です。
まず、利用規違反の商品を出品した場合について解説します。
メルカリの利用ガイドによると「偽ブランド品、正規品と確証がない場合の出品は、事務局のパトロールと通報により対処する」と明記されています。
メルカリのサイトトップには「偽ブランド品撲滅への取り組み」を掲げていることから、規約違反商品の出品者に対する対処はかなり厳しいものとなるのが容易に想像できます。
違反商品の出品頻度が少ない(1、2度程度といわれています)段階では、商品の削除や警告の措置が取られているようです。
禁止商品を繰り返し出品したり、違法性の高い商品を出品している悪質なユーザーに対しては利用制限の措置が取られます。
次に、出品者都合の一方的な商品キャンセルに対する通報について説明します。
このトラブルは、出品者が商品を他のサイトにも出品していて、先にメルカリ以外で売れてしまった場合などで発生します。
商品キャンセルに対して通報すると、まずメルカリ側で事実確認が行われ、事務局扱いでキャンセルとなる場合が多いようです。
もちろん返金手続きの方法も事務局から教えてもらえます。
最近増加しているトラブルが無在庫販売です。
無在庫販売とは、出品時に手元にない商品を販売することで、例えば発売日前の予約受付や商品を取り寄せて販売する行為のことを指します。
メルカリの利用ガイドでは無在庫販売禁止について明記されており、通報された場合の措置は厳しいものになると思われます。

購入者はどんな時に通報される?

購入者に対する通報で一番多いのは「代金未払い」です。
支払いが無い場合、購入完了の翌々日の24時から取引画面で取引キャンセルと購入者の通報が可能になります。
通報されると、まずメルカリ事務局で内容確認が行われ、購入者に対する警告や利用制限の措置がとられるようです。
また「理不尽なクレームによる返品」に対して購入者の通報を検討する出品者も多く見受けられます。
この場合、メルカリ事務局は購入者と出品者の取引内容を確認したうえでトラブル解決にむけて介入してくれるようです。

通報の仕方

取引前の通報

メルカリの規約に反する商品を通報する場合の手順は以下のとおりです。
まず商品を選択し、商品画像の下にある「不適切な商品の報告」ボタンを押します。
取引前通報
すると違反報告ページへ進みますので、適切な理由を選択して通報終了です。
商品報告画面

取引中の通報

コメント欄での誹謗中傷や一方的なキャンセルに対する通報手順は以下の通りです。
まず該当する商品のコメント欄にアクセスし、通報したい相手が発したコメントの右下にある旗マークを選択します。
コメント欄
すると報告ページへ移ります。違反の種類を選択し、お問い合わせ内容欄にできるだけ詳細にトラブル内容を記載しましょう。
コメント報告画面

取引後の通報

購入者の代金未払いなど、取引完了後のトラブルに対する通報の方法です。
まずマイページを開き、最下部の「お問い合わせ」を選択し、適切な問合せ項目を選択します。
問い合わせメニュー
例えば、「トラブルがあった」を選択すると下のような画面が表示されますので、フォーマットに沿って入力します。
お問い合わせ内容はできる限り詳細に記載しましょう。
トラブル通報

通報に関する疑問

通報に関する疑問-アイキャッチ

通報されたらどうなるの?

通報されたユーザーに対する措置について、メルカリ事務局が公表している基準はありません。
利用者の実体験から分かるのは、事務局の判断で通報に対する処置を決定し、警告や利用制限などの対応をとっているということです。
通報されると、メルカリ事務局から何らかの通知が入ります。
どのような理由で通報されたかにもよりますが、例えば規約違反商品に対する通報の場合は商品がサイト上から削除され、事務局から商品削除の通知が届きます。
1度目の通報でいきなりペナルティは発生しない、という話を耳にしますが、これはあくまで利用者の推定です。
繰り返しの違反行為や悪質さの度合いによってはメルカリの利用制限、最悪の場合強制退会の措置もあり得ます。
偽ブランド品の販売や、他人の知的財産権を侵害する商品を販売するなどの違法行為を通報された場合は一発で永久追放の可能性が高いです。
メルカリを利用できなくなるだけではなく「懲役10年以下、罰金1,000万円以下の刑罰」が課される可能性があります。
また、他人や店舗から盗難・万引きしたものや、拾得物・横領品の出品、販売行為は窃盗罪、盗品等関与罪および横領罪などの法律で厳しく処罰されます。
利用ガイドによると、違法行為が発覚した場合、メルカリ事務局から捜査機関への通報を行うと明記されています。
違法行為は絶対にやめましょう。

通報した側はどうなるの?評価は?

結論から述べると、通常は通報した側に対するペナルティはなく、評価も下がりません。
「相手から仕返しされそうで怖い」「評価が下がるのではないか」と通報をためらっている利用者が多いようです。
「このユーザーがあなたを通報しました」という通知が相手に届くシステムだとすると、怖くて利用できたものではありませんね。
取引次第では住所氏名まで相手に知られてしまっているため、報復や最悪の場合事件に発展することも考えられます。
通報した側を特定できるのは、メルカリ事務局だけです。
通報された側が、通報した側を特定できるようなことはありませんので安心してください。
ただし、嫌がらせのための通報やイタズラ通報など、悪質な通報をするユーザーに対しては何らかのペナルティが課される可能性があります。

一度した通報を取り消せる?

一度した通報を取り消すことはできません。
メルカリ事務局は通報に対する事実確認を行いますので、規約違反などの問題が無ければ相手側にペナルティが発生することはありません。
もし誤った通報をしてしまった場合、その旨をメルカリ事務局へ連絡することは可能です。
「取引後の通報」で説明した流れと同じで、マイページのお問い合わせから事務局へ連絡することができます。
ただし事務局の対応には時間がかかります。
誤った通報をしてしまったときは事務局任せにせず、相手側にも一言お詫びを入れるほうが良いですね。

通報に関するトラブル・注意点

通報に関するトラブル・注意点-アイキャッチ
通報に関するトラブルについて、よく耳にするのが「事務局の対応が遅い」という意見です。
事務局は、規則違反の商品に対する通報に対しては素早く対応している印象なのですが、
利用者間のトラブルに対しては積極的に介入しないという点に注意が必要です。
メルカリを利用していて何らかのトラブルに遭遇することは珍しくありません。
「包装されていなかった」「商品が不良品だった」「代金を支払ってもらえない」「相手のマナーが悪い」など、毎日当たり前のようにトラブルが発生しています。
気分のよくない取引に遭遇してしまったらすぐに通報し、一刻も早く事務局に対応してもらいたいですよね。
しかし中にはイタズラや嫌がらせなどの悪意のある通報を行う利用者が一定数存在します。
メルカリ事務局は、通報の内容を精査するだけではなく、日々寄せられる膨大なトラブル処理も行っています。
事務局の対応にタイムラグが発生するのは仕方のないことです。
では、どのようにすれば事務局がトラブルに介入してくれるのでしょうか。
事務局は
「当事者間で解決を試みたが、どうしようもなくなってしまった」という事実が確認できてはじめて動き出します。
トラブル解決のために、両者が何か行動をした証拠が必要ということです。
顔の見えない相手とトラブルの解決を試みるのは簡単ではありませんが、メルカリ事務局の対応をやきもきしながら待っているよりも、当事者間で話し合うほうが案外早く解決したりするものです。
通報沙汰のトラブルに巻き込まれないためには、メルカリのルールとマナーを守って利用することが一番大切です。
万が一ストーカー的な行為を受けたり、何らかの実害が発生した場合は、警察へ相談することも検討しましょう。

メルカリ通報機能で気持ちよく取引を

メルカリ通報機能で気持ちよく取引を-アイキャッチ
メルカリなど個人間のやり取りが発生するフリマアプリでは、トラブルが全く無いという方が不自然です。
相手方に迷惑をかけず、自分も気持ちよく取引をするためにも、事前にメルカリの通報機能についてしっかりと確認しておきましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です