【メルカリ】詐欺の可能性も?知っておきたい返品の3カ条

4 min
コラム

返品に関する詐欺被害も多く報告されており、対応の仕方によっては被害を受ける可能性もあります。
下記で説明する、『返品のパターン』『返品対応の仕方』について理解しておくと、安心で安全なメルカリライフを楽しめるようになります。
分かりやすいように具体例をいくつか用いて説明していくので是非お付き合いください。

メルカリは返品拒否ができない利用規約がある

メルカリは返品拒否ができない利用規約があるメルカリは、原則として返品拒否ができません。
こちらは、メルカリの利用規約に記されています。
返品を可能にするにはいくつかの条件があり、その条件に当てはまらない一方的な返品は認められません。
基本的には、CtoC(顧客間でのやりとり)がメインなので、メルカリ側は介入してきません。
実際にメルカリを利用したことのある人であれば分かるかと思いますが、商品の発注から梱包まで全て自分で行います。
メルカリが介入する返品補償などのケースは特例になるので、普通に利用していても中々起きることではありません。
・返品をする際にはどのような条件があるのか
・返品可能である際はどのような流れになるのか
上記2点を下記でみていきましよう。

メルカリで返品可能の条件

メルカリで返品可能の条件メルカリ上で返品可能となる条件は下記の2つのみです。
・双方の同意により取り引きがキャンセルになった
・出品者側に明らかな非がある
「発送後、商品が違うことに気付いた」「商品到着後、商品の欠陥に気付き、出品者に問い合わせたところキャンセルの流れになった」など、双方がキャンセルを希望した場合は、キャンセルが可能です。
また、「出品者からの発送がかなり遅れている」「商品の中身がない」など、出品者に明らかな非がある場合は、双方の同意が無くとも運営に問い合わせることでキャンセルにできることもあります。

メルカリの返品の流れ

メルカリの返品の流れ出品者の発送後にミスが発覚し、『再度取り引きを行いたい』というような双方が納得した状態であれば、すぐに返品の流れになります。
その場合は、取り引き画面にある【キャンセルボタン】を双方が押すことで返品が可能になります。
しかし、お互いが納得しておらず、片方のみがキャンセルボタンを押しても返品は認められません。
例えば、「頼んだ商品の色が気に入らないから返品したい」というように、受け取り側が一方的に返品したいケースがそうです。
また、頼んだ商品と届いた商品が全く違い、詐欺である可能性すらある場合でも、双方のキャンセルボタンが押されない限りは、返品の流れになりません。
「じゃあ、詐欺されても泣き寝入りするしかないの?」となりますよね。
しかし、一方的に返品を望む場合でも、運営から返品許可がおりれば返品の流れに持っていくことができます。
また、特例としてメルカリ事務局が補償してくれる場合もあります。
出品者からすれば、写真や説明文を書き、たくさんのやり取りをしてようやく売れた商品です。
「写真と内容が違った」「配送中の車内で破損したみたいだから返品したい」と言われても、おいそれと返品に応じたくないことでしょう。
そんな人のために、メルカリ側が補償という形で、購入者の購入金額を全額返金するという対応をしてくれるケースがあります。
それでは、メルカリ事務局はどんな時のどんな場合に補償を行ってくれるのでしょうか。
下記にて、例を交えて紹介していきますので是非参考にされて下さい。

メルカリ事務局が補償をしてくれるケースもある

メルカリ事務局が補償をしてくれるケースもある
メルカリでは、ある条件に限り事務局が商品代を全額保証してくれるケースがあります。
事務局が補償してくれるのは稀なケースであり、普通に取り引きをしていてもそうそうあるものではないです。
補償の条件は、事務局の独断になりますが、主なケースとして『商品に不備があったが出品者側と連絡がとれない』『配送中にトラブルがあり、商品が破損した』などが多いです。
出品者側に明らかな悪意がある上で事務局補償が適応された場合、売上金振込みの取り消しになる可能性もあります?
しかし、そのほとんどは、「トラブルを未然に防ぐために、事務局がお金で一旦解決をしておく」という名目の元補償されているので、かならずしも出品者の売上金が取り消されるというわけではありません。
また、出品者側のみに限らず、購入者側でも悪質な意図を持ってわざと返品を要求してくることもあります。
例えば、出品者が正規のルートで少し前に購入したとある有名ブランドの商品を売り、買い手が見つかったので送ったとします。
しかし、購入者が実際の商品をみて「なんか写真で見た感じと異なる」という理由で返品を申し込んできた場合、あなたならどうしますか?
出品者側からすれば、なんとメリットもありませんし、むしろ偽物を返される可能性すらもあります。
こういった『相手の返品対応に応じることで、何かしらの危険が生じる場合』は相手の対応申請に対応せず、メルカリ事務局に問い合わせると良いです。
そうすることで、購入者にはメルカリ事務局が全額補償してくれる上に、商品は出品者のところに戻ってきます。
上記の通り、返品対応はその時のパターンによって変えることをおすすめします。
よくある2つのパターンを下記にまとめておきます。
・お互いが返品を望む場合→双方がキャンセルボタンを押して返品ね
・どちらか一方が返品・返金に応じたくない場合→メルカリ事務局に問い合わせて、お金で解決してもらう
ただし、原則としてメルカリでは『お互いの話し合いの上で解決すること』と決まっています。
メルカリ事務局に問い合わせても、必ず補償してくれる訳ではないので気をつけましょう。

返品を未然に防ぐ対処法

返品を未然に防ぐ対処法それでは、返品を未然に防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。
下記に具体的な方法を3つ紹介しますので、参考にしてみてください。
1.相手の評価をチェック
取り引きをする前には必ずチェックしましょう。
特に高価なものの取り引きをする場合は、サラッと見るのではなく、評価文を一つ一つチェックすることがかなり大事です。
相手からの評価文で、「写真の掲載と、商品の状態を詳しく説明しているにも関わらず、返品を要求された」「取り引きの連絡をしても返信が無く、商品が届くまでに時間がかかった」など、少しでも怪しいと感じるコメントがあれば、取り引きそのものをしない方が良いです。
2.「商品の見た目に関する理由での返品対応は応じません」と説明文に記載しておく。
悪質な購入者は、返品をすることを前提として商品を購入してきます。
そういった悪質な購入者への対応策として、あらかじめ説明文に「商品の見た目に関する理由での返品対応は応じません」と記載しておくと、メルカリ事務局にもそれが認識されるので、出品者が弊害を受けることはありません。
3.梱包を怠らない
返品対応で最も多い理由は、配送中のトラブルです。
車での運搬中に車内で破損し、手元に届いたときには傷だらけといったケースです。
配送中の破損は、どちらにも過失がないので、メルカリ事務局の補償範囲にはなりますが、出品者としてはあまり気持ちの良いものではありません。
しっかり梱包をしようとすると100〜500円ほどかかるので、売り上げにも影響しますが、未然にトラブルを防ぐためには欠かせない対策です。
「そんなことばかり考えてると、メルカリを楽しめない、、、」と思う方もいると思います。
しかし、あくまでも珍しくケースであり、悪質な利用者にはすぐに重いペナルティーが課せられるので、普通に利用していれば、いつも通り楽しいメルカリです。
もしも自分が、悪質な利用者に出会ったとしても、上記の3つのポイントを抑えておくだけで、面倒なトラブルに巻き込まれても迅速な対応ができます。
利用規約を守り、楽しいメルカリライフを送りましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です