メルカリで転売はできる?

3 min
副業

メルカリで転売行為はできるのでしょうか?実際転売した場合は、違法となるのでしょうか?そういった疑問を解決します。

メルカリでの転売はできる?禁止行為?

メルカリでの転売はできる?禁止行為?規約上メルカリでの転売は可能なのでしょうか?

実際に調べてみると・・・

第 10 条 商品の購入

2. 購入意思等

ユーザーは、購入する意思のない注文、転売等の営利を目的とした商品の購入等、及び弊社の判断でいたずら目的と見受けられる注文を行うことはできません。

利用規約https://www.mercari.com/jp/tos/

メルカリ利用規約には、「営利を目的にした転売は禁止」としっかりと明記されています。禁止となっているにも関わらず転売行為を行っているユーザーが大量に居るのは何故なのでしょうか?

メルカリで禁止行為の転売について

メルカリで禁止行為の転売について

そもそもメルカリでの禁止行為の転売とは何なのかですが、電気屋の閉店セールで激安購入したテレビをメルカリで高く売る行為も一応転売にあたりますが、これは禁止行為にはなりません。

しかし、下記の様なの転売行為はメルカリでの禁止行為にあたり、禁止行為がバレるとアカウントにペナルティが科せられますので気をつけてください。

無在庫転売

メルカリで禁止行為にあたる転売とは、「無在庫転売」と言われています。

在庫を持っていない状態でメルカリに出品し、直接購入者にAmazon等のショッピングサイトから発送する方法を無在庫転売と言います。

Amazonではノーブランド・中国製の商品が格安で売られているので、そういった商品を自分で見つけて無在庫転売するユーザーが数多く存在しているようです。

メルカリで転売するメリット・デメリット

ではメルカリで転売をするメリットやデメリットは一体なんでしょうか?こちらも詳しく紹介していきます。

メルカリで転売するメリット・デメリットメリット

まずなんといっても圧倒的な利用者です。

瞬間的なアクティブユーザーに関してはヤフオクをしのぐほどです。利用者が多いということは当然出品数も多く、市場そのものが活発です。常時新しい商品が続々出品されては売れていきます。

出品数が多いということはそれだけ仕入れのチャンスもあるということです。

ヤフオクはオークション形式ですから、安く売られていても最終的には適正相場まで価格が上がることも多いです。

しかしメルカリは出品者が決めた価格で即決ですので、安く売っている物はその価格で買うことができます。その代わり、商品はすべて早い者勝ちです。

価格に関しては個人での値付けですから、相場や根拠があるわけじゃなく、「中古だしこんなもんだろう」と本人の主観で値付けがされています。

もちろん中には割高な値付けをしている出品者もいますが、格安で出品している人も多いのです。

理由としては利用者が若者や主婦が中心で、あまりほかの相場などを調べずに出品していることが挙げられます。

デメリット

まず売る場合ですが、メルカリは手軽に出品できるとはいえ、Amazonの通常出品に比べるとやはり出品が面倒です。写真を撮って商品説明を考えて…はどうしても必要です。

また、メルカリは出品して時間が経ったものはどんどん検索されにくくなるという特徴があるため、こまめに削除して再出品しなくてはいけません。

商品数が多くなればなるほどこの作業が負担になります。

相場もAmazonに比べると安いです。

はっきり言ってメルカリで利益を出すのは相当難しいでしょう。利益を出すつもりでメルカリを利用する理由はありません。

メルカリでの転売は違法になってしまう?

メルカリでの転売は違法になってしまう?

法律ではこの販売方法を『他人物売買』といい、認められてはいますが、メルカリではこの方法は禁止されています。

利用規約違反で、『手元にない商品を出品するのは禁止』と、はっきり明記されています。

最近はだいぶ減ったようですが、それでもまだ無在庫転売をしている人もいますね。運営から再三警告を受けているにも関わらず、それでもしつこくアカウントを作って行うのは業務妨害にあたります。

他の利用者から通報されたり、悪い評価をつけられますし、運営側でも厳しくチェックしています。

見つかればペナルティ、またはアカウントが停止どころかそれまでに得た利益も没収される可能性もあり、退会処分になります。

注意すべき!転売商品の共通の特徴

注意すべき!転売商品の共通の特徴

国内外問わず他のネットショップなどで予約した商品を、amazonのFBAサービスを通して直接発送すると、個人から買ったはずの商品がamazonの箱で届くので、無在庫転売であることがわかります。

これは以前から問題となっており、定期的にチェックされています。

また、楽天やヤフオクでも規制がかかっています。

同じ商品をたくさん出品している

中国などから輸入しているため、大量に同じ商品を出品することができます。実際には規約違反ですので、買わないようにしましょう。そして、販売する側としてはそういう行為はしないように注意しましょう。

もし自分の売った商品の転売を見つけてしまったら、通報しましょう

もし自分の売った商品の転売を見つけてしまったら、通報しましょう

通報する基準や、どの程度まで取引相手を信用したらいいのか、判断に困ると思いますが、自分ができる手を尽くしてトラブル解決できないようであれば、通報することで事態が動くかもしれません。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です