【メルカリ便を徹底比較】送料の料金形態を知らないと損をする?

4 min
コラム

「メルカリの送料について詳しく知りたい」

「ゆうゆうメルカリ便や、らくらくメルカリ便はどういう風に違うの?」

メルカリを利用する際、送料で頭を悩ませることは多いと思います。

たくさんある配送方法の中で、お得で使いやすいのはなにか把握していますか?

この記事では、メルカリをお得に使うための配送方法を詳しく説明していきます。

「取引き上で損をしたくない」という方は是非、参考にしてみてください。

小さいものは「ミニレター」で送ろう

小さいものは「ミニレター」で送ろう

ミニレターは厚さ1cm以内で重さが25gを超えていなければ、利用することができます。

紙類以外でも、ピアスやアクセサリーといった小物類でも大丈夫です。

しかし、小物類だと割れてしまう可能性があり、梱包をしないと購入者があまり良くは思いません。

また、発送方法を未定にしていて、ミニレターで発送することも、購入者が不快に思う可能性があります。

ミニレターで送る際は、説明文に「この商品はミニレターで発送します」と一言添えておくと良いです。

「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」のメリット・デメリット

「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」のメリット・デメリット

用途によって使い分ければかなり便利です。

メルカリ便を使うメリットとしては、配送トラブル時が発生したときに、メルカリが間を取り持ってくれるという点です。

トラブルは、時間と労力が奪われる上にかなり面倒くさいです。

仮にトラブルがあってもメルカリが全額補償してれるので、ありがたいですよね。

それでは、それぞれにどのような特徴があるかをしっかり把握しておきましょう。

「らくらくメルカリ便」

らくらくメルカリ便を選択すると、ヤマトが配達してくれます。

ヤマト営業所、ファミリーマート、サークルKでの発送が可能となっています。

ゆうゆうメルカリ便より発送できる場所が多いので、遠くまで行くのが面倒くさいという人は重宝すると思います。

メリット

宅急便コンパクトからは日時指定も可能な他、ネコポス以外は一件につき30円で集荷依頼もできます。

ゆうゆうメルカリ便にはない宅急便コンパクトサイズもあるのが特徴です。

また、配送もかなりスムーズなので、急ぎのときでも安心して任せることができます。

デメリット

デメリットは特にありません。

配送が早く発送箇所も多いので、利用者が多いのが特徴です。

「ゆうゆうメルカリ便」

ゆうゆうメルカリ 便を選択すると、郵便局が配達してくれます。

購入者が購入へ進んだ際に、自宅以外のコンビニや郵便局での受け取りに変更可能なのが特徴です。

メリット

ゆうパケットは厚さ3センチまでオッケーなので、ネコポスの2.5㎝より少し扱いやすいです。

デメリット

ゆうゆうメルカリ便のデメリットは少し多いので、下記にまとめてみます。

・現在コンビニからの発送は不可
※ゆうプリタッチ設置郵便局からのみ発送可能

・どのサイズに関わらず日時指定不可

・配達が完了するまで時間がかかることが多い
関東→沖縄のように、配送される距離が長いと5日ほどの日数を要することもあります。

配送の距離がとなりの県とかだと、らくらくメルカリ便とさほど変わりませんが、急ぎである場合はいずれにしても注意が必要です。

「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の送料比較

「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の送料比較

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便のメリット・デメリットは分かっていただけたと思います。

それでは、料金の面ではどちらが良いのでしょうか。

図で説明する前に注意しておきたいことがあります。

それは、どちらにも商品代金(出品価格)の最低金額があるということ。
・ゆうゆうメルカリ便→ゆうパック=1,000円以上
・らくらくメルカリ便→宅急便=1,000円以上
・宅急便コンパクト=450円以上

上記の通りとなっています。
※ゆうパケットとネコポスはメルカリの最低出品価格である300円から利用できます。

らくらくメルカリ便(クロネコヤマト)

らくらくメルカリ便を選択すると、クロネコヤマトが購入者までの配送をしてくれます。

運送業者というだけあって、到着までがかなり速いので、急いでいる人は是非つかってみてください。

ネコポス

送料 195円(全国一律)
重量 1㎏以内
サイズ 31.2cm以内×22.8cm以内・厚さ2.5cm以内

重量としては、1㎏以内と軽めの商品しか発送はできませんが、全国一律で195円というのは嬉しいですよね。

2冊以上の本や腕時計などを送る際によく使われています。

宅急便コンパクト

送料 380円
重量 上限なし
サイズ 専用BOX3種類

「宅急便コンパクトってなに?」

宅急便コンパクト便コンパクトとは、別売りの専用BOXが必要となる配送方法です。料金は下記の通りです。

・宅急便コンパクト薄型専用BOX 24.8cm✕34cm 65円
・宅急便コンパクト専用BOX 20cm✕25cm✕5cm 65円

専門ボックスが必要にはなりますが、重量の制限がないのは大きなメリットですよね。

「重量を測るのが面倒くさい」って人にはおすすめです。

宅急便

送料 700~1,600円
重量 2~25㎏
サイズ 60~160㎝

送料は高くなりますが、最大で160㎝の商品を配送できます。

安くても700円からなので、小さいサイズはネコポスやミニレターを使う方が良いです。

ゆうゆうメルカリ便(郵便局)

ゆうゆうメルカリ便を選択すると、郵便局が配送してくれます。

ポイントとして見ていただきたいのは、

・A4サイズではゆうパケットはネコポスよりも20円安い
・ゆうゆうメルカリ便でのゆうパックは100サイズまで

この2点です。

また、ネコポスに比べ、対応するサイズも厚みもやや大きい『ゆうパケット』が175円で利用できるというゆうゆうメルカリ便の料金面の特徴にも注目してみてください。

それでは、サイズや送料をみていきましょう。

ゆうパケット

送料 175円
重量 1㎏以内
サイズ 60cm以内(長辺34㎝以内)・厚さ3cm以内

ゆうパケットは厚さが3㎝以内なので、本や小物類などを配送するのに向いています。

簡易的は梱包になるので、高価なアクセサリーなどは避けた方が良いかもしれません。

ゆうパック

送料 700~1,000円
重量 1~25㎏以内
サイズ 60~100㎝以内

ゆうパックは大きいサイズの商品の配送が可能です。

しかし、宅急便と違い、サイズは100㎝以内なので注意しましょう。

ここまでの重量、サイズなどをまとめておきます。

ゆうゆうメルカリ便では、
・ゆうパケット→A4サイズ
・ゆうパック→60~100サイズ

らくらくメルカリ便では、
・ネコポス→A4サイズ
・宅急便→60~160サイズ

「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」は発送場所が違うので注意!

「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」は発送場所が違うので注意!

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便は、それぞれ発送の場所が違います。

ゆうゆうメルカリ便が発送できる場所は下記の通りです。

・ローソン
Loppi設置が設置されている約1万3,000の店舗

・郵便局
全国約2万局

らくらくメルカリ便が発送できるのは下記の通りです。

・ヤマト運輸の営業所
ネコピット設置の営業所になります。

・セブンイレブン
全国約2万店舗で発送が可能です。全ての店舗が対応しているわけではないので、荷物を持っていく前に電話やネットで調べてみましょう。

・ファミリーマート
Famiポートが設置されている約1万1,500店舗です。

・自宅への集荷
集荷料金は別途30円かかります。なお、ネコポスは非対応となっています。

・PUDO「プドー」ステーション
全国約3,800箇所にあります。こちらは、2019年11月より対応可能になるので注意してください。※最大140サイズまで

らくらくメルカリ便の発送箇所が圧倒的に多いですね。

今後も発送箇所はどんどん増えていくことが予想されます。

メルカリの送料を理解した後は、万が一の時に備え返品に関する知識を深めておくことも大切です。返品の3カ条が気になる方はこちらも参考にしてください。

【メルカリ】詐欺の可能性も?知っておきたい返品の3カ条

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です