メルカリで偽物を出品したらどうなる?

4 min
副業

メルカリで偽物を出品したら逮捕される?

メルカリで偽物を出品したら逮捕される?
実際には逮捕された事例があります。

■偽ナイキの帽子所持疑い 20歳モデル逮捕…メルカリでアカウントを47個購入
2017年8月29日、ナイキの偽物の帽子を8点譲渡目的で所持していた女性モデル(20歳)が逮捕されました。この女性は、メルカリのアカウントを47個も購入しており、詐欺目的でメルカリに出品していたことが明らかだったため、すぐに逮捕に至ったと考えられます。
https://www.sanspo.com/geino/news/20170829/tro17082913160004-n1.html

 

■偽物ブランドピアスを販売していた女性が逮捕される
2017年4月19日、シャネルの偽物のピアスを所持していた無職の女性(44歳)が逮捕されました。愛知県警中川署によるサイバーパトロールにて発覚し、家宅捜索した結果、約600点の偽物のピアスが押収されました。逮捕までの約9ヶ月間に、1000人以上に1000円前後で販売していたことがわかっています。

非常に悪質の場合は、逮捕されます。

現状は困難?

メルカリでの詐欺の場合、出品者が最初から購入者を騙す目的で商品を販売していたという証拠を示すことが非常に困難です。
そのため、被害届が受理されたとしても、実際に警察を動いてくれるかどうかは微妙なところです。
もし、警察が動いてくれたとしても、「間違えて発送してしまっただけで悪意はありません」などと、出品者はいくらでも言い逃れすることができるため、逮捕に至ることは極めて稀です。
また、「購入者の勘違いです」と出品者に言われ他場合も、そうではないということを証明するのも難しく、結果的に泣き寝入りせざるをえなくなるケースが多いです。

手口とは?

ではどういった詐欺の手口があるのでしょうか?

箱のみの販売

PS4やニンテンドースイッチなどの人気ゲーム機が、箱のみ、写真のみで販売される詐欺が横行しました。
いずれも、商品紹介欄に「写真です」「箱です」と書いてあるものの、本体が含まれていないということは明記されていない上、価格は相場以下に設定されており、騙されて購入する人が続出しました。

返品詐欺

メルカリで詐欺を行うのは、出品者側だけではありません。購入者による「返品詐欺」の被害もあるようです。
出品者は、本物と鑑定済みのブランド品を出品し、売買が成立、その後購入者に発送します。 しかし、商品が届くなり「偽物だったので返品したい」「劣化がひどいので返品したい」などと、送ったものと同じ型の偽物や、使い古した商品とすりかえて、返品を迫るという詐欺です。
返品詐欺は、被害を証明する方法があまりないためすりかえ詐欺に遭わないよう、写真は全方位から撮っておくなど、普段から対策をしておくことが大切です。

偽物を出品することによる処罰

偽物を出品することによる処罰
偽物を出品するとどのような処罰があるのでしょうか?主に2つの罪に問われることがあります。

問われる刑罰

刑罰の中では著作権違反と、詐欺罪に問われることがあります。

著作権法違反

著作権侵害は犯罪であり、被害者である著作権者が告訴することで侵害者を処罰することができます(親告罪)。 著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。

詐欺罪

詐欺罪とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする犯罪です。詐欺罪の成立には、人を欺く行為、欺く行為によって被害者が錯誤におちいる、錯誤に陥った被害者が財産上の何らかの処分行為を行う、財物か財産上の利益が第三者へ移るといった事実が必要です。
詐欺罪は、同じく財産犯である窃盗罪と近い関係にありますが、相手を錯誤に陥れているというところが窃盗罪と異なると言えます。
詐欺罪の法定刑は10年の懲役であり、詐欺行為が団体の活動としてされた場合には、法定刑は1年以上20年以下の懲役になります。

メルカリ内のペナルティ

メルカリ内でのペナルティとしては、アカウント凍結となり再登録ができなくなります。
電話番号で管理しているので、基本的に1人1アカウントとなります。(PC版での登録はクレカ情報のみ)
つまり二度と作れないですし、情報が警察に共有されますので悪質であれば逮捕も有り得るでしょう。

メルカリの偽ブランド品、取り締まり対策

メルカリの偽ブランド品、取り締まり対策
メルカリも本腰を入れて取り締まり対策をしています。

  1. ブランド権利者と協力のうえ出品パトロール
  2. 業界歴の長いプロ鑑定士の在籍と真贋力の強化
  3. テクノロジーを使った不正を見抜く仕組みづくり
  4. 捜査機関や官公庁とのパートナーシップ構築
  5. 全額補償の取り組みで安心な取引を実現

上記の5つをメルカリは、偽ブランド対策として強化しています。

ブランド権利者と協力のうえ出品パトロール

メルカリでは偽ブランド品撲滅のために700以上のブランド権利者様の協力を得て、最新ブランドも含めた偽ブランド品情報を収集しております。このノウハウを用いて出品をパトロールし、偽ブランド品と判断した出品については即時削除しております。

業界歴の長いプロ鑑定士の在籍と真贋力の強化

長年ブランド品の鑑定業務に携わった鑑定士がカスタマーサポートに複数名在籍しています。質の高いチェック体制で、トラブルに発展する恐れがある取引すべてに目を通しています。
各ブランドの新製品や偽ブランド品の情報を集めて社内で共有したり、社外の勉強会に積極的に参加するなど、常に偽ブランド品を見抜く真贋力を鍛えています。

テクノロジーを使った不正を見抜く仕組みづくり

毎日100万品以上の出品があるメルカリの中で発見された偽ブランド品は、社内のデータベースに蓄積され、モニタリングに活かされています。メルカリは未然に不正な出品を防ぐためのテクノロジーによる仕組みづくりに投資しています。
一例として、蓄積された偽ブランド品データや、過去にトラブルになった出品のパターンを機械学習で解析することで、自動的に疑わしい出品を削除したり、出品者への注意喚起を行ったりしています。

捜査機関や官公庁とのパートナーシップ構築

警察や経済産業省、国民生活センター等と情報交換を行い、違反や犯罪の傾向や抑止について協議し、 そこで得た知見をもとにを違反や犯罪を未然に防ぐ体制を整備しております。
さらに、警察や消費生活センター専用の連絡窓口を設置しており、捜査やトラブル解決への協力体制を構築しております。

全額補償の取り組みで安心な取引を実現

上記のような一連の取り組みから、メルカリは模倣品を総合的に対策しており、安心・安全な利用環境を整備しています。 万が一、届いた商品が偽ブランド品の可能性がある場合には、お気軽にお問い合わせをお願いします。
弊社の基準に基づき調査を行い、補償条件に合致した場合には商品代金を補償しております。 ※ 弊社が、偽ブランド品の出品者が負担する損害賠償責任について連帯して責任を負担し、損害(商品代金相当額)を補償させていただきます。
以上の対策をしていますし、万が一偽ブランド物を購入していしまった場合は、メルカリが補償してくれる点も嬉しいですね。
詳しくはこちらに掲載していますので参照してください。
https://www.mercari.com/jp/authenticity/]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です