「ミニマリスト」って何?実践して心の豊かさを手に入れよう

4 min
コラム

本当に必要なものだけを身の回りに置いて生活してみましょう。
今より豊かになるために、ミニマリストの具体的な意味とライフスタイルや考え方についてご説明します。
 

ミニマリストとは


近年耳にすることが多くなった「ミニマリスト」という言葉。漠然と「必要最低限のものしか持たずに生活する人」などのイメージを持っている人も多い一方で、具体的な生活様式が分からないと感じている人もいるのではないでしょうか。
まずはミニマリストがどのような人たちなのかや、最近流行っている経緯についてご説明します。
 

ミニマリストとはどんな人?考え方や意味・語源は

「ミニマリスト」とは、必要最低限のものだけを所有して生活している人のことを指します。彼らは「所有物を減らすことでかえって幸福度が増す」と考え、必要以上にものを持とうとしません。
単にものを持たないという意味ではなく、自分にとって本当に必要なものは何かを常に考え、実践していくことで結果的に豊かになっていくとされています。
語源は「最小限の」を意味する「minimal」からきています。2010年ごろから海外で注目を集め、日本にも広がってきました。
 

今ミニマリストが流行っている理由

ミニマリストの考え方は、実際にミニマリストとして生活している人たちによって2010年ごろからブログやSNSを通して多くの人に広まるようになります。
大量生産・大量消費が主流の現代の中で、疑問を持ち、ものが増えていくことによって自分にとって本当に大切なものが見えなくなってしまったと感じた人を中心に、ミニマリストの考え方は共感を呼ぶようになりました。
昔から「もったいない」という言葉で表現されたように、ミニマリストの思想は存在しました。しかし大量生産・大量消費社会が進んでいく中で、富裕層を中心にミニマリストの思想は脚光をあびるようになります。
 

ミニマリストのメリット・デメリット


実際に生活の中にミニマリストの思想を取り入れることには、様々なメリットやデメリットが存在します。まずはミニマリストの生活にどのようなメリット・デメリットがあるのかを把握しましょう。
 

メリット

自分にとって大切なものだけを所有することで、今集中しなければならないことに対する集中力がアップする効果がミニマリストのライフスタイルにはあります。
気をそらして集中力を削ぐものが存在しないので、目の前のことに集中せざるを得ないのです。
必要最低限の大切なものだけを所有することを徹底するので、ミニマリストの考え方を実践すると浪費もしなくなります。したがってお金を貯めやすい体質になることができます。
自分の中で好き嫌いの判断基準がはっきりするので、必要以上に悩まなくなるのもミニマリストのメリットです。だからこそフットワークが軽くなり、より成長・前進ができるようになります。
 

デメリット

例えば地震などの災害があったとき、ミニマリストは日頃からストックを持っていないため困ることになります。非常食などもなく、命の危険にさらされるリスクもあります。
さらに物欲の低下は仕事への意欲の低下にもつながります。ミニマリストのライフスタイルが定着するうちに「こんなにもお金はいらない」と考えるようになってしまうのです。
大切なものだけを所有し、他のものに対する欲がなくなることで、仕事に対する前向きな気持ちが削がれるかもしれません。
 

ミニマリストの生活


多くのミニマリストは一人暮らしであることが多いです。家族などがいる場合、お互いの価値観の違いから安易にものを減らせません。
ミニマリストの中には「持ち物が全てスーツケース一つに収まってしまう」という人もいます。一人暮らしであれば自分一人の判断でものを減らせるので、ミニマリストとして生活しやすいと言えるでしょう。
 

ミニマリストの持ち物

  • 多目的に使用できるもの
  • 邪魔にならないもの
  • 機能性の優れているもの

 
これらの要素に当てはまるものをミニマリストたちは好んで使用します。ベッドを選ぶ際にも折りたたんでソファとして利用できるものを選ぶことが多いです。
たった一つでも日常の様々な面をカバーできるものを持った方が、結果として持ち物は減ります。
 

ミニマリストの服

自分の定番の服をミニマリストは持っていることが多いです。何パターンか定番の服を決めておき、ルーティーン化して着まわしています。
これによって、毎朝服を選ぶ時間がとても短くなります。たくさんの服を持っているとどうしても「何を着ていくべきか」を考えてしまいます。しかし着られる服が限られている上に事前に決まっていれば悩むこともなくなります。
 

ミニマリストの家・部屋

部屋の中に必要最低限のものしか置かないため、部屋の中はがらんとしがちになります。友達を呼んだ際などには退屈してしまう恐れもありますが、部屋の中のものが少ない分、自分自身に集中しやすくなります。
何も置かない部屋を1部屋作るだけでも気持ちがすっきりとするものです。周りのものに刺激を受けず、じっくりと自分の大切なものについて考える時間を持てます。
 

ミニマリストになるための3つのステップ


以下では、どのようにしたらミニマリストになれるのかをご説明します。少しずつでいいので日常の中にミニマリストの思想を取り入れていきましょう。自分自身に集中できるようになります。
 

手放すものと持ち続けるもの

まずは、今持っているものが本当に必要かどうかを考えていく必要があります。部屋にあるものを手に持ってみて「自分にとって必要か?」と問いかけてみてください。
この時判断に時間をかけてはいけません。なるべく短い時間で必要・不必要の判断を下すようにしましょう。
不必要と判断したものは捨てていきます。現在所有しているものに対して、この判断を繰り返していくことで、本当に必要なものだけが残せます。
 

本当に必要なものだけを増やす

モノを購入する場合にも、本当に必要なものかどうかを自分に問いかけるようにしましょう。
生活しているとどうしても買わなければならないものも出てくるものです。一方で人は不安を埋めるために余分なものを買ってしまう傾向にあります。
買う前に、自分自身に問いかけることで本当に必要なものだけを増やすことができるようになります。
 

無理な断捨離は必要ない

ミニマリストの思想の本質は「本当に必要なものだけを所有すること」です。過度に捨てることに執着してしまうと、生活が不便になるだけでなく精神的にも悪い影響を及ぼします。
実家に帰った際などに捨てることに執着してしまったがために家族とトラブルになってしまったミニマリストも少なくありません。
確かに必要最低限のものだけを所有することで得られる幸せはありますが、捨てることに過敏にならないように注意しましょう。
 

ミニマリストになって精神的豊かさを手に入れよう


自分にとって本当に必要なものだけを所有するミニマリストは、余分なものに集中力を削がれない分幸福感が増すと言われています。
もちろん過度になってしまうのはよくありませんが、心地よいと感じる範囲でものを捨てることはおすすめです。
大切なものだけに囲まれ、自分自身に集中することで、より精神的な豊かさを手に入れることができるでしょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です