ミンネとは?人気のフリマアプリを徹底的に分析してみた【攻略】

4 min
コラム

minne(ミンネ)とは?どんなアプリ?


ミンネとは、誰でも作家として登録のできるハンドメイド専用フリマアプリです。イメージはメルカリのような感じで、カスタマー同士が物の売り買いをします。
ハンドメイド作品のみが出店可能であることが最大の特徴であり、他のフリマアプリと比べても圧倒的な人気をほこっています。

人気のハンドメイドマーケットアプリ

売られているジャンルは下記の通りです。
アクセサリー、財布、小物、生活雑貨、編み物、アート・写真、ぬいぐるみ・人形、ペットグッズ、フラワー、食べ物、ファッション、スマホケース、文房具、陶器、食器、キッズ、おもちゃ、アロマキャンドル、素材、道具などなど。
このように、アクセサリーのような小物から家具まで、様々なジャンルが作家によって売り出されています。

趣味や特技を「売る」

なんといっても、登録無料で誰でもweb上で販売できるというのが、素晴らしいです。
本来、ECサイト(販売するためのサイト)をつくるには、業者に数十万円を支払って作ってもらうというのが、普通でした。
こうして、無料でECサイトがつくれていしまうのは、一昔前ではありえないことだったでしょう。
また、ミンネを利用している人には、趣味程度で少額のお金を稼ぐ人から、オリジナルブランドをつくって多額のお金を稼いでいる人がおり、自分のペースで仕事ができるというのも、ミンネを利用するメリットだといえます。

たった一つのお気に入りを「買う」

ミンネには、一点物やオーダーメイド作品が900万点以上あります。
それぞれの商品がこの世に一つしかない商品であり、作家の想いと技術が詰め込まれているので、見ているだけでも楽しくなること必須です。
また、決済方法が万能で【Apple Pay・Google Pay・後払い決済・コンビニ払い・銀行振込・ゆうちょ振替】に対応が可能です。
分からないことがあっても、専属のSTAFFがサポートしてくれるので、安心してお買い物できます。

ミンネのリアルな口コミ・評判


ミンネを利用している人のリアルな口コミを見てみましょう。
【口コミ1】
各ジャンル共に画面を更新し直しても、いつも同じ作品ばかりが表示される。探したい物を検索しないとなかなか良い作品に巡り会えず、偶然の出会いを期待する身には、全くもって面白みが無い。
【口コミ2】
良い作家さんも多いが「こんなので良くお金を取れるな」的な作家も居るし商品説明と違う作品の時もある。 発送したと言いつつ送ってないとか トラブルもある。
【口コミ3】
出品側ですが普通に売れてます! 出品、販売、お金の管理、コメントとどれも簡単で使いやすいシステムです♪ お客様との安心な取り引きができ感謝します(^-^)
【口コミ4】
作家の皆さんの作品がアイディア豊かで、かわいらしい作品がたくさんあって、色々欲しくなります??(*^^*) 作家の皆さんも対応がていねいで、今のところ買い物や発送トラブルもないですし、とても良いです(*^^*) お気に入りの作品にはいいねを押せたり、作家さんをフォロー出来たりするのも良いですね(^-^)
【口コミ5】
とてもいい商品が沢山ありました。みな手作りの一品もの とても丁寧に作られています。私は作る才能がないので 届いて じっくり見て素晴らしいな?と感激してます。大事に使わせて頂いてます。初めての方にも安心にお買い物できますので、よければ試しに閲覧だけでもしてみてください。
【総評】
ジャンルによっては、商品数が少ないので更新頻度が少なくなっていしまうようです。作家も様々で、いい加減な運営をしている人も一定数いるとのこと。しかし、自分のセンスと合う作家に出会ったときの嬉しさはひとしおでしょう。
自分好みの商品を購入したり、お気に入りの作家をフォローして、コミュニケーションをとれるというのもミンネならではの良さですね。

トラブルがあった場合の返金・返品や対応は?


返金や返品が発生した際は、原則、作家と購入者の間で解決しなければなりません。
ミンネサイドは仲介してくれないので、どちらにしても、やり取りをする相手には十分に注意を払うべきでしょう。
また、頼んだ商品と届いた商品が全く違うという場合でも、ミンネが対処してくれるわけではないので、購入者サイドは特に注意が必要です。

出品した商品が売れない?そんな時工夫したいコツ


出品するまでは簡単ですが、そこからは『商品力』と『マーケティング力』次第になります。一見難しそうですが、意識するべき点をしっかりと押さえいれば商品は売れます。
下記で、工夫すれば誰でも売り上げがアップするコツを紹介するので、伸び病んでいる人は是非参考にしてみてくださいね。

ニーズにあった商品を作る

買い手の心をつかむためには、まずニーズを知ることが必要不可欠です。自分が作りたいものを作って、売るという自分中心の販売方法では、買い手の心をつかむのは難しいからです。
そこで、まずは、下記を参考に自分が出したい商品のリサーチをしましょう。

  • どのくらいのサイズ感が人気か
  • 価格の相場
  • 人気の色合いや形

他の商品よりもクオリティが低いも関わらず、値段だけが高い作家さんもいますが、それではお互いに損しかありません。
人気の商品を最低5つはリサーチし、良いところは真似したり、自分の特色をうまく出して差別化してきましょう。

商品写真の撮り方は超重要

説明文をどれだけ書き連ねたとしても、買い手は一枚の写真を見て決めます。『百聞は一見に如かず』という言葉もあるように、購入者は写真を重要視していることをまずは知っておきましょう。
商品写真の撮影と編集の際、工夫したい点は下記の3つ。

  • 商品の利用シーンがあるとGood
  • サイズ感、雰囲気、全体像などを意識する
  • あまり過度な編集を加えるとクレームに繋がる危険性がある

参考にすると良い写真も紹介します。


利用シーンと全体像が分かるので、購入者も良い参考材料になると思います。
また、バックの緑も商品の雰囲気をうまく出していて、とても綺麗ですね。


こちらも食事のシーンと全体像を用いることにより、購入者のイメージを促しています。画面越しに味が伝わることはありませんが、購入者はきっと素敵なおやつな時間を想像し、購入するでしょう。

商品名・商品説明

まず、商品名は購入者の検索にひっかけることを意識することが大事です。
商品名を決める際は、下記の2点を意識しましょう。

  • 買い手が検索しそうな、欲しくなる名前
  • 長くても10文字程度に抑える(トップページに表示されるのは10文字程度)

一方の商品説明については、商品そのものの説明と、その商品にかける想いを文章にしましょう。
ハンドメイド作品を好む人は、商品が唯一無二であることにこだわりがあります。つまり、コンセプトがしっかりしている作品だと、「世界に一つしかない」という感覚が強まり、購入に繋がりやすくなるでしょう。

SNSを利用してPR

ミンネで商品を売るのであれば、インスタグラムとの連携がおすすめです。
理由は下記の通り。

  • 写真メインのSNSなのでハンドメイド作品と相性が良い
  • ミンネと提携することで、写真に表示されるタグから直接購入画面にとばせる
  • アクティブユーザが5億人で、『#ハンドメイド』の投稿数は1260万件以上ある

またミンネとインスタグラムを提携させることで、写真にタグの他にも値段や商品の名前を表示させることが可能です。
人気の作家は、ほぼ必ずと言っていいほどインスタグラムと同時に運用しているので、「売りまくってやる!」という人は是非、参考にしてみましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です