ネイリストになるために必要な資格と勉強ができるスクール・通信教育紹介

4 min
コラム

ネイリストとは?


女性にとって欠かせない身だしなみケアの一つ「ネイル」。派手でなくてもきれいに整えられた指先にはテンションが上がるものです。
ネイリストは指先を美しく彩ることで、女性の気持ちを満たす仕事です。

ネイリストの基礎知識

ネイリストとして活躍するためには、専門の知識と技術を持っていることを示す資格を取得する必要があります。
資格がなくてもネイリストとして開業することは可能です。しかしお客さん目線で考えると資格を持っている人の方が安心して利用できます。そのため専門知識をきちんと勉強し、資格を取得した方がいいでしょう。
資格取得後はネイルサロンやエステなどに就職してさらに技術を磨いていきます。
いきなり独立・開業する人もいないわけではありませんが、あまりおすすめしません。サロンに就職して働くことで技術を上げられるだけでなく、お店を営業する上で必要なノウハウも学べるためです。

ネイリストになる3つの方法


実際にネイリストとして仕事をしていくためには、技術を学ぶだけでなく専門の知識も持っていなければなりません。勉強の仕方は複数あるので、自分にあったものを選んで取り組んでいきましょう。

1.ネイルスクールに入学する

専門学校などに通うことで、ネイルについてより専門的なことが学べます。ネイルについて学ぶ方法はたくさんありますが、上級レベルのことまで学べるのもスクールの特徴です。
入学金や授業料など費用がかかってしまいますが、最も早くプロに近づける方法でもあります。多くの場合スクールの卒業試験で合格することでネイリストの資格も同時に得られます。

2.ネイルの通信講座で学ぶ

自宅にいながらネイルに関する専門知識を学べるので、時間に余裕がない人などから人気があります。また、ネイルスクールがある場所は都市部に限定されている場合もあるので、自宅から通えない人にも通信講座はおすすめです。
独学ではありますが、きちんと講座を修了することでプロのネイリストとして必要な知識や技術を身につけられます。

3.ネイルサロンに就職する

ネイルサロンやネイルのサービスを取り扱っているエステなどに就職することで、実際に働きながら学ぶこともできます。まだネイル経験が浅くても、未経験可の求人などに応募することで仕事を始められます。
お金を稼ぎながら勉強ができるので、勉強にかかる費用もかかりません。しかし、仕事をしながらたくさんのことを学ばなければならないので努力が必要になってきます。

ネイリストになるために必要な資格


資格を持っていた方がお客さんから信頼を集められます。ネイリストの資格をとっておくことで、仕事でも有利になることもあります。
さまざまな種類の資格があるので、必要に応じて取得するようにしましょう。

JNECネイリスト技能検定(ネイル検定)1・2・3級

公益社団法人ネイリスト検定試験センターが主催する試験です。マークシート式の筆記試験と実技のテストがあります。2・3級は年に4回、1級は年に2回試験が開催されます。
受験料は以下の通りです。

  • 1級 10,000円
  • 2級 8,000円
  • 3級 6,000円

プロになりたいのであれば1級の取得を目指しましょう。合格するにはネイルエクステンション、ネイルアートなどの高度な技術が求められます。
ネイル検定は合格率が低いことで有名です。特に1級や2級になってくると50%以下になることもあります。

JNAジェルネイル技能検定(ジェル検定)初・中・上級

ジェルネイルに特化した検定も近年人気を集めています。市場でも最近人気を集めているジェルネイルですが、正しい使用方法が守られなかったためにトラブルも起きています。
需要の高まりと、より安全なサービス供給のためにNPO法人日本ネイリスト協会がジェル検定を設立しました。
初級・中級・上級とレベルが分けられ、それぞれ筆記試験と技能試験があります。合格率は45%〜70%で、レベルが高くなればなるほど合格率も低くなります。
受験費用は、以下の通りです。

  • 上級 16,200円
  • 中級 12,960円
  • 初級 9,720円

ネイルサロン衛生管理士

ジェル検定と同じく、NPO法人日本ネイリスト協会が主催する資格試験です。合格すると、資格を取得していることを示すバッジと認定証がもらえます。
受験料は一般価格だと10,000円で、JNA関係者は6,000円で受験できます。講習を受講した後に確認テストを受けることで取得できます。合格率はかなり高めです。

スクールと通信講座のメリット・デメリット


ネイリストになるための勉強は、スクールに通うか通信講座を受講することをおすすめします。どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分にあった勉強方法を選びましょう。

スクールのメリット・デメリット

高度な知識と技術をしっかりと学べるのがスクールのメリットです。卒業と同時に資格を取得できることもあり、本格的にネイリストを目指している人が多く集まっています。
デメリットとしては費用がかかることと、都市部にスクールが集中してしまっていることです。時間やお金に余裕がないと通えません。

通信講座のメリット・デメリット

通信講座だと場所や時間を選ぶことなく勉強ができます。日中は働いていたり、家事などに追われているなど、勉強時間の確保に制限がある人には通信講座がおすすめです。
デメリットとしてはモチベーションの維持がしにくいことです。独学になってしまうため、モチベーションが落ちて挫折してしまう人も少なくありません。

ネイリストの資格取得におすすめのスクール


ここからは、ネイリストの資格取得ができるスクールをご紹介します。通学することで、プロへの道が開けるでしょう。

ヒューマンアカデミー

全国に30校展開している専門学校です。ネイルについても学べます。受講料は180,0000円全12回の講座を36時間かけて受講することで専門的な知識や技術が身につきます。就職サポートも充実しているので、プロを目指す人から人気です。
資料請求ページ 

アフロート

全国に6校舎ある専門学校です。関東、名古屋、大阪を中心に展開しています。サロンも経営しているので、充実した就職サポートが受けられます。受講料は308,000円です。全24回の授業を72時間かけて受講するカリキュラムです。
資料請求ページ

キャリエール

3校舎(新宿、横浜、立川)を構えるネイル専門学校。受講料は255,000円で、講座は全24回を72時間かけて学びます。日本ネイリスト協会認定校なので認定講師による実践的な授業が受けられます。
資料請求ページ

ネイリストの資格取得におすすめの通信講座


スクールに通うのが難しい場合は、通信講座を検討してみましょう。しっかり勉強すれば、通信講座でもプロとして活躍する上で必要な知識や技術を十分習得できます。

K-two Make&Nail School

ネイルの技術や知識だけでなく、就職・独立した時にすぐに実践できるノウハウも学べることで高い評価を得ている通信講座です。DVD教材なども充実しており、月に1回無料のスクーリングも受講できます。
スクールに通うのが難しい人でも172,000円で勉強できます。
資料請求ページ

チヒロネイル

資格試験での実技科目で必要な技術が十分に習得できる通信講座です。在学証明があればネイル商材を格安で購入できます。価格は120,185円です。
資料請求ページ

ユーキャン

通信講座で有名なユーキャンでも、ネイリストの資格勉強はできます。初心者でも最短6ヶ月で検定合格を目指せるような教材づくりを徹底しています。110,925円で受講できる通信講座です。
資料請求ページ

ネイリストになるためには勉強と技術力アップを頑張ろう


より多くのお客様に利用してもらえるネイリストになるためには、高い技術と専門知識を身につける必要があります。専門学校に通ったり、通信講座を受講することでプロのネイリストとしての道が開けるでしょう。
スクールや通信講座では就職した後のノウハウも学べるものも多くあります。自分にあったやり方で勉強をし、ネイリストを目指してください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です