お金が貯まらない原因を改善して、しっかりお金を貯めよう

4 min
コラム

なぜお金が貯まらないのか

なぜお金が貯まらないのか
貯金が苦手な人には、どのような特徴があるのでしょうか。お金が貯まらないのにはきちんとした理由があることを理解し、改善することでよりお金がたまりやすい体質になります。

お金が貯まらない人の特徴

お金が貯まらない人には以下のような特徴があります。

  • 節約して浮いた分を貯金しようとする
  • 「セール」「割引」など広告の言葉に弱い
  • そもそもお金の管理ができていない

これらの特徴に当てはまる人は、すぐにお金の習慣を見直す必要があります。

節約して浮いたお金を貯金しようとする

貯金が得意な人は、あらかじめ得た収入の中から貯金分を引いた金額で生活をします。節約して浮いたお金を貯金しようとすると、お金が浮かなかった時には貯金を諦めるしかありません。貯金することを諦めた回数だけ、お金が貯まらなくなるということです。

広告の言葉に弱い

広告の謳い文句というのは、消費者の消費行動を煽るためにあります。消費者にものを買わせるための広告なので、広告の謳い文句に乗せられてしまう人はお金が貯まりにくいです。興味をひく広告があっても、いったん冷静になって考える習慣を持つようにしましょう。

お金の管理ができていない

お金が貯まらない人は、そもそも月々の収支管理ができていないことがほとんどです。月にいくら稼いでおり、いくら使っているかを把握していません。後述しますが、お金を貯めたいのであれば、まずは家計簿をつけて自身の収支の特徴を把握することから始めましょう。

定番のお金を貯める方法


お金が貯まらないと悩んでいる人は、まずはお金を貯める方法を身につけましょう。みんながやっている定番の貯金方法を実践するだけでも、お金が貯まるようになりますよ!

家計簿をつける

まずは月々の出費を把握するようにしてください。食費や水道光熱費、通信費などにどれだけ使っているのかを洗い出し、整理します。数ヶ月続けるだけで家計の特徴がはっきりと見えてくるでしょう。
収入についても詳しく調べてみてください。月にどのような収入があり、どれくらい稼いでいるのかを改めて調べると、今まで見落としていたものが見つかるかもしれません。

固定費と変動費に分けて支出の見直しをする

家計の出費の特徴が分かったら、今度は固定費と変動費に分けてみましょう。固定費による支出なのか、変動費によるものなのかを理解することで、貯金の計画が立てやすくなります。
一見、変動費の方がコントロールしやすいようにも感じますが、固定費を見直すことでより多くお金を貯金できます。固定費をもっと安くできないか工夫してみてください。

一定額を貯金する

支出・収入の特徴を理解し、固定費・変動費の分類ができたら毎月一定額貯金するようにしましょう。貯金する口座を分けることで、貯金がしやすくなります。

副業で賢くお金を貯める方法


副業することで、収入を増やすことができます。最近では、好きなことや得意分野をいかしてできる副業も増えてきました。自分にあったものを見つけて賢くお金を貯めていきましょう。

アフィリエイト

自分のサイトを開設し、広告を貼ることで収入を得る方法です。最初はほとんど稼げませんが、半年以上続けていけば少しずつ収入が増えていきます。こつこつと記事を執筆し、根気よく続けていくことでお金を稼げるようになるでしょう。

ライター

このような「クラウドソーシングサイト」が、副業希望者から人気を集めています。クラウドソーシングサイトを使えば、プロフィールを登録しておくだけで個人で仕事を受注することも可能です。
未経験からでもできるものとしては、ライターがあります。クラウドソーシングサイトには初心者からベテランまで、幅広い層を対象にした案件が多く取り扱われています。もちろん、未経験を対象にした仕事もあります。
まずは単価の低い、簡単な仕事から始めてみましょう。徐々にスキルを磨いていくことで、高単価の仕事もこなせるようになります。

WEBデザイナー

WEBデザイナーとしてのスキルがある人は、クラウドソーシングサイトを使ってデザイナー向けの仕事を探してみましょう。上記のサイトにはライターだけでなく、WEBデザイナー向けの案件も多数あります
月に2件ほど案件をこなすだけでも数万円稼げることもあるので、スキルがある人は挑戦してみてください。

プログラマー

プログラマーの仕事でもリモートでできるものを受注し、副業として成り立たせることも可能です。

これらのプログラマー・エンジニア専用のサイトを使えば、週1〜週3で働ける案件が見つかります。

お金を貯めるための節約術


貯金が苦手な人は、節約術を理解していないことがほとんどです。ノウハウを知れば、自然とお金が貯まるようになります。

用途に合わせて口座を使い分ける

お金が貯まらないと悩んでいる人は、用途に合わせて銀行口座を使い分けるようにしましょう。少なくとも「生活費用」と「貯金用」に分けておくと、お金が貯まりやすくなります。

スマホやネット回線など通信費を見直す

固定費をおさえることで、お金がたまりやすくなります。スマホやインターネットの回線などは生活費の固定費の中でも見直しやすいポイントです。キャンペーンなどを行なっていることも多いので、定期的にチェックしてみてくださいね。

スマホの管理アプリで現金の動きを把握する

現金の管理ができるスマホアプリも数多く存在します。それらを活用して、預貯金の動きを把握しましょう。月にどれくらいの収入があり、出費があるのかを知るだけでも、貯金がしやすくなります。

クレジットカードを活用する

クレジットカードで支払いをすれば、ポイントを貯められます。たまったポイントはまた別の買い物に利用できるたりと、便利な点がたくさんあります。同じ金額の買い物をしても、現金で支払うとポイントはたまりません。クレジットカードで支払った方がお得であることが分かりますよね。

お金のかからない趣味を見つける

お金のかかる趣味を続けていくと、生活を圧迫しかねません。趣味を楽しむのであればなるべくお金のかからないものを見つけて楽しむようにしましょう。お金のかからない趣味には、安定して長く続けられるというメリットもあります。

出かける前は自宅で食事をすませておく

外食するにしてもコンビニなどで購入するにしても、自宅で食事をするよりもお金がかかります。出かける前の食事はなるべく自宅ですませるようにしましょう。外で食べる回数を減らすことでお金が貯まるようになります。

サプリなどは買わずに食習慣を見直す

健康のためにサプリメントを飲むと、そのぶん出費がかさみます。毎日飲むサプリメントは、1日あたりの費用が少なくても積み重なると結構な金額になります。食生活を見直せば、たいていの場合は健康な体を維持することができます。

お金の管理を徹底して貯金をしていこう


月々の収支の特徴を把握するだけでも、お金が貯まりやすくなります。お金が貯まらないと悩んでいる人は、まずは家計簿をつけてみましょう。他にも、収入を増やす工夫もしてみるのもおすすめです。副業や株式投資など、気になるものから始めてみてはいかがでしょうか。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です